分野・センター

臨床薬学部門

日本薬科大学が目指す東洋医学と西洋医学を統合した新しい医療の形である「統合医療」を推進するための新しい施設、それが臨床薬学部門です。実務実習が重視される6年制薬学教育の中で、実習のサポートや、演習では最先端の教育理論を実践した教育を行っています。

教授
松田佳和
教授
藤原邦彦
教授
鈴木勝宏
教授
藤掛佳男
教授
久保田洋子
教授
油井信明
教授
准教授
河村剛至
准教授
松村久男
准教授
村橋 毅
准教授
講師
佐古兼一
講師
加来鉄平
講師
助手
野本裕樹子
助手

現代医学の新しい形を目指す

臨床薬学部門(以下、部門)は、学生の臨床実習である実務実習を円滑に推進するために設けられました。主に5~6年生の実務実習(病院・薬局実習)とその準備教育(プレ教育)、事後教育(プレ教育)、事後教育(ポスト教育)に関係しています。薬学部が6年制になり、臨床教育が重視されるようになりました。本学では全員の学生が実習病院に出られるように、近隣での臨床実習がスムーズに行えるよう環境を整備しています。そこで学生諸君は患者さんと交わり、多くの臨床例を学ぶことになります。

薬学教育の目的には、知識・技能・態度がありますが、その全てを包括的に教育し、実習病院や薬局に行って、きちんと実習が出来るようにするのがプレ教育です。

実習中は、実習病院へ教員が出向き、指導します(訪問指導)。学生諸君の実習態度や到達度もチェックします。また病院や薬局の指導担当者とも面接し、支障なく、実習が行えるよう整えます。

更に、実習終了後、その実習が生涯教育に通じるようポスト教育を行います。私たちは、医療職として一生学ばなければなりません。それは日々進化する薬学を学び続ける自己研鑽的態度です。そうした基盤を養うのは学生時代です。

今後、当部門はさらに多くの人材を育て、ますます発展することと思います。その担い手はあなた方若い力です。

 

 

業績 臨床薬学部門

学術論文

総説

  • 飯塚 晃,漢方方剤解説「補中益気湯」, 日本伝統獣医学会雑誌22(2),21-25 (2014).

著書

  • 中島孝則,岩田政則,「注射剤・経口製剤に代わる新しい薬剤投与デバイスの開発」,第16章 疾患・診療科・患者ごとにみた,求められる投与方法/投与経路/剤形,第11節 院内製剤で求められる投与方法/投与経路/剤形,[2]坐剤の院内製剤化に向けた物理薬剤学的特性,313-316,(株)技術情報協会 (2014).
  • 佐古兼一,「薬学のための医療統計学」,第3章 確率密度関数と分布関数,29-38,廣川書店 (2014年5月).
  • 森本一洋,第6版「わかりやすい物理薬剤学」,第5章 界面現象,83-110,第9章9.7 製剤の品質管理と製剤試験,278-302,廣川書店 (2015年1月).
  • 佐古兼一,「わかりやすい薬学系の統計学入門」,第11章 重回帰分析,105-111,第12章 ロジスティック回帰分析,112-118,第16章 臨床試験(市販前)における統計学,137-143,第17章 薬剤疫学(市販後)における統計学,144-148,講談社 (2015年2月).

学会発表

〇国内学会 シンポジウム

  • 松田佳和,研究マインドを持った“顔の見える薬剤師”教育を目指して,日本病院薬剤師会関東ブロック第44回学術大会,8月,大宮(2014).

〇国内学会 一般

  • 松村久男,松田佳和,木村正幸,超音波振動を併用した改良型簡易懸濁法,日本薬剤学会第29年会,5月,埼玉(2014).
  • 岩田絵里,中島孝則,齋藤 博,大河内真弓,日比 徹,岩田政則,松田佳和,木村正幸,院内製剤ポラプレジンクキャンディの物理化学的特性について〜化学療法後の口内炎治療の一剤形〜,日本薬剤学会第29年会,5月,埼玉(2014).
  • 臼井沙織,佐古兼一,松木祥彦,嶋野 仁,柘植昂太,佐々木有紀子,上田恵子,町田 充,矢吹直寛,矢嶋美樹,河村剛至,松田佳和,既報アルベカシン母集団薬物動態モデルの汎用性と適正使用に向けた新規モデル,第30回日本TDM学会・学術総会,5月,東京(2014).
  • 柘植昂太,佐古兼一,町田 充,上田恵子,嶋野 仁,谷田理奈,吉川望美,臼井沙織,橋本直人,矢嶋美樹,河村剛至,松田佳和,既報ゾニサミド母集団薬物動態モデルの評価および新規モデルの提案,第30回日本TDM学会・学術総会 ,5月,東京(2014).
  • 橋本直人,佐古兼一,嶋野 仁,小林理栄,新井 亘,増田裕一,町田 充,矢吹直寛,矢嶋美樹,柘植昂太,臼井沙織,藤倉弘樹,河村剛至,松田佳和,MRSA感染症におけるバンコマイシン母集団薬物動態解析(第2報),第30回日本TDM学会・学術総会,5月,東京(2014).
  • 嶋野 仁,佐古兼一,諏訪淳一,吉川望美,湯田雅晶,谷田理奈,河村剛至,松田佳和,小児におけるバンコマイシン薬物治療の個別最適化,第30回日本TDM学会・学術総会,5月,東京(2014).
  • 谷田理奈,佐古兼一,嶋野 仁,湯田雅晶,柘植昂太,臼井沙織,吉川望美,松木祥彦,大貫敏明,町田 充,上田恵子,小林理栄,新井 亘,矢嶋美樹,松田佳和,高齢患者におけるバルプロ酸母集団薬物動態解析,第30回日本TDM学会・学術総会,5月,東京(2014).
  • 諏訪淳一,大澤広喜,工藤尚了,嶋野 仁,佐古兼一,河村剛至,松田佳和,内川清次,小児における新規母集団パラメータを使用したバンコマイシン初期投与設計の妥当性に関する検討,第30回日本TDM学会・学術総会 ,5月,東京(2014).
  • 河村剛至,橋本久邦,只野-有冨桂子,中島孝則,佐古兼一,岩田政則,松田佳和,POSに基づく薬剤管理指導と服薬指導の実務実習での学生の習得度とこれに影響する要因の検討,第36回日本POS医療学会大会,6月,熱海(2014).
  • 橋本久邦,中島孝則,齋藤 博,林 哲也,河村剛至,松田佳和,患者の副作用モニタリングの技術向上を志向したフィジカルアセスメント実習の薬学教育への導入と評価,第36回日本POS医療学会大会,6月,熱海(2014).
  • 橋本久邦,中島孝則,齋藤 博,林 哲也,河村剛至,松田佳和,患者の副作用モニタリングの技術向上を志向したフィジカルアセスメント実習の薬学教育への導入と評価 第2報,第36回日本POS医療学会大会 ,6月,熱海(2014).
  • 丸山佳与,羽二生久夫,薄井雄企,青木 薫,高梨誠司,岡本正則,小林伸輔,野村博紀,田中 学,松田佳和,加藤博之,齋藤直人,BEAS-2B細胞の多層カーボンナノチューブの取り込み,第41回日本毒性学会学術年会,7月,神戸(2014).
  • 岩田絵里,中島孝則,齋藤 博,大河内真弓,日比 徹,岩田政則,松田佳和,木村正幸,院内製剤ポラプレジンクキャンディの物理化学的特性について〜化学療法後の口内炎治療の一剤形〜,埼玉医療薬学談話会第34回学術研究会,7月,埼玉(2014).
  • 臼井沙織,佐古兼一,松木祥彦,嶋野 仁,柘植昴太,佐々木有紀子,上田恵子,町田 充,矢吹直寛,矢嶋美樹,河村剛至,松田佳和,既報アルベカシン母集団薬物動態モデルの汎用性と適正使用に向けた新規モデルの提案,埼玉医療薬学談話会第34回学術研究会,7月,埼玉(2014).
  • 鈴木勝宏,関 智征,「どのような薬剤師になりたいか?」-薬学部新1年生の意識,第7回日本在宅薬学会・学術大会,7月,大阪(2014).
  • 上坂真弥,松村久男,田辺里沙,飯田美奈子,松田佳和,木村正幸,改良型簡易懸濁法による固形薬剤の崩壊懸濁性に関する研究  第44回日本病院薬剤師会関東ブロック大会,8月,埼玉(2014).
  • 中島孝則,齋藤 博,中村有貴,橋本久邦,松田佳和,患者の副作用モニタリングの技術向上を志向したフィジカルアセスメント実習の薬学教育への導入と評価,第44回日本病院薬剤師会関東ブロック学術大会,8月,埼玉(2014).
  • 日比 徹,大河内真弓,岩田絵里,中島孝則,齋藤 博,岩田政則,松田佳和,木村正幸,口内炎治療薬ポラプレジンクキャンディ剤の治療効果と性状~院内製剤の新しい剤形~,第44回日本病院薬剤師会関東ブロック学術大会,8月,埼玉(2014).
  • 河村剛至,大澤真以,今井由美,松田佳和,太田里永子,今井優樹,羽二生久夫,岡田則子,岡田秀親,好中球エラスターゼによるプロカルボキシペプチダーゼR活性化機構の解析,第51回補体シンポジウム,8月,神戸(2014).
  • 宮澤映里花,中島孝則,齋藤 博,大河内真弓,日比 徹,岩田政則,森本一洋,松田佳和,木村正幸,化学療法後の口内炎治療治療に使用されるポラプレジンクキャンディ剤の保存方法と口腔内亜鉛濃度に関する検討,第24会医療薬学会年会,9月,名古屋(2014).
  • 松村久男,飯田美奈子,松田佳和,木村正幸,超音波振動を併用した改良型簡易懸濁法,第24回日本医療薬学会,9月,名古屋(2014).
  • 松村久男,田辺里沙,上坂真弥,飯田美奈子,森本一洋,松田佳和,木村正幸,改良型簡易懸濁法による固形薬剤の崩壊懸濁性に関する研究2,第47回日本薬剤師会学術大会,10月,山形(2014).
  • 只野-有冨桂子,久樹晴美,京ケ島守,横山三紀,岡崎具樹,セミノリピド合成酵素欠損マウス精巣のリン脂質およびタンパク質解析,第87回日本生化学会大会,10月,京都(2014).
  • 横山三紀,市野瀬志津子,石井久美子,栗原秀剛,市野瀬省三,只野—有冨桂子,多田昇弘,寺澤和恵,小林俊秀,古川鋼一,柳下正樹,岩渕和久,極長鎖高度不飽和脂肪酸を含む糖脂質は血液精巣関門のリモデリングに必要である,第87回日本生化学会大会 ,10月,京都(2014).
  • 久樹晴美,只野-有冨桂子,宮川 誠,大熊-栗林恵美子,内田俊也,松田純子,戸田年総,岡崎具樹,Saposin D欠損マウスは腎尿細管性アシドーシスを引き起こす- 炭酸脱水酵素(CA2)の異常が原因か?,第87回日本生化学会大会,10月,京都(2014).
  • 廣澤 孝,酒井郁子,齋藤 博,調剤時における不足薬発生の要因分析,第25回茨城県薬剤師学術大会,11月,つくば(2014).
  • 飯塚 晃,園田真麻,豊永真弥,小松靖弘,SRD-P401の抗侵害作用,第53回日本伝統獣医学会,12月,東京(2014).
  • 柘植昂太,佐古兼一,町田 充,上田恵子,山田 新,小林理栄,新井 亘,橋本直人,矢嶋美樹,河村剛至,松田佳和,高齢者におけるゾニサミド母集団薬物動態モデルの構築,35回日本臨床薬理学会学術総会 ,12月,松山(2014).
  • 川井龍美,飯塚 晃,新木敏正,奈佐吉久,船山信次,中村和男,伏谷眞二,北村繁幸,小林 賢,齋藤俊昭,喜多代晋,新井一郎,西川由浩,稲瀬 實,薬学教育における学習意欲とコミュニケーション能力の醸成のためのPBL型実習の実施とその評価,日本薬学会第135年会,3月,神戸(2015).
  • 中島孝則,野澤直美,木村道夫,安田高明,齋藤 博,松田佳和,渡辺 博,初年次教育における多面的教育活動を通した医療人育成の検証,日本薬学会第135年会,3月,神戸(2015).
  • 河村剛至,太田里永子,今井優樹,大澤真以,今井由美,塩見友祐,賀来美和子,佐古兼一,羽二生久夫,松田佳和,線溶抑制を起こさずに炎症を抑制する変異型proCPR 作製の試み,日本薬学会第135年会,3月,神戸(2015).
  • 吉野のぞみ,柘植昴太,橋本直人,佐古兼一,松木祥彦,大貫敏明,矢島美樹,河村剛至,松田佳和,ジゴキシン母集団薬物動態モデルの適用性評価に関する検証,日本薬学会第135年会,3月,神戸(2015).
  • 打田友里,黒澤 章,齋藤有香,田口維那,中澤健太,畠山 翔,原田貴絵,丸山 修,山川真未,吉野のぞみ,河村剛至,佐古兼一,中島孝則,松田佳和,自律神経バランス分析による薬局来局者の健康管理とセルフメディケーションの推進,日本薬学会第135年会,3月,神戸(2015).
  • 松田佳和,吉川侑里子,冨永隆生,渡邉和晃,河東 龍,打田友里,齋藤有香,田口維那,中澤健太,畠山翔,原田貴絵,丸山 修,山川真未,吉野のぞみ,河村剛至,佐古 兼一,中島孝則,育毛剤(マイナチュレ)の頭皮炎症抑制作用による自己発毛力の促進効果,日本薬学会第135年会,3月,神戸(2015).
  • 田口維那,井上俊夫,中澤健太,畠山 翔,丸山 修,原田貴絵,齋藤有香,山川真未,吉野のぞみ,佐古兼一,山元誉子,江水 保,佐藤和三郎,松田佳和,ラットの学習行動に及ぼすコリン塩化物の影響,日本薬学会第135年会,3月,神戸(2015).
  • 山元誉子,新山奎作,髙野俊輔,森山峰博,入倉 充,江水 保,佐藤和三郎,井上俊夫,松田佳和,コリン塩化物がマウスの学習記憶に及ぼす影響,日本薬学会第135年会,3月,神戸(2015).
  • 藤原邦彦,上原佑介,中村有貴,鈴木勝宏,松田佳和,境 愛美,斉藤祐次,鯉渕 肇,謝村錦芳,保健薬剤師の患者宅訪問による残薬実態調査及び残薬削減に及ぼす薬剤師関与の影響,日本薬学会第135年会,3月,神戸(2015).
  • 松村久男,金子 将,飯田美奈子,中島孝則,齋藤 博,森本一洋,松田佳和,超音波懸濁法による固形薬剤の崩壊懸濁性に関する研究3,日本薬学会第135年会,3月,神戸(2015).
  • 佐藤史也,齋藤 博,中島孝則,川井龍美,松田佳和,抗うつ薬の保険薬局における最近の使用動向調査,日本薬学会第135年会,3月,神戸(2015).

研究費の受入状況

  • 松田佳和(代表),一般用医薬品セルフメディケーション振興財団調査・研究助成,自律神経バランス分析による薬局来局者の健康管理とセルフメディケーションの推進,1,200千円 (2014).
  • 松田佳和(分担),科学研究費助成事業補助金(基盤研究B),環状ホスファチジン酸による抗動脈硬化作用を利用した治療創薬,100千円 (2014).
  • 松田佳和(代表),株式会社シュガーレディ化粧品,シュガーポーク肝臓分解物の認知機能改善効果,3,500千円 (2014).
  • 飯塚 晃,脂質代謝関連遺伝子発言に関する研究,日本薬科大学研究助成,200千円 (2014).

特許出願

  • 松田佳和: 認知機能の維持または改善剤(特願2015‐5948).