分野・センター

衛生薬学分野

疾病の予防から治療に至るまで、人々が健康な生活を送れるようにサポートすることは、薬剤師の大きな使命です。疾病の予防、治療、悪化防止には、薬の使い方のみならず、食事、運動、休養、喫煙、飲酒などの生活習慣を管理・指導することや、環境中に存在する化学物質から汚染されていないより良い生活環境づくりを管理・指導することも大切な薬剤師の任務です。このような疾病の予防に注視した薬学に貢献すべく、教育・研究を行っています。

教授
樋口敏幸
教授
講師
浦丸直人
講師
長部誠
講師
助教
渡部容子
助教

 

 

研究の概要

  • 環境化学物質の生理活性発現に至る代謝的活性化
     環境化学物質の中には、生命現象のホメオスタシスをつかさどるホルモンの作用を撹乱してしまう化学物質が存在する。このような化学物質に関して、代謝による生理活性の変動を基盤に環境化学物質の安全性評価を行っている。
  • 血液凝固線溶因子の発現・機能調節の解析
     内臓脂肪蓄積型肥満症において血中濃度が上昇する線溶阻害因子plasminogen activator inhibitor-1(PAI-1)と、ある種のストレスを受けると単球/マクロファージ表面に発現誘導される凝固促進因子である組織因子 (tissue factor) に着目し、易血栓性への誘導機序とその軽減 (改善) について検討している。
  • 環境汚染物質の分析
     環境には様々な汚染物質がある。PM2.5は燃焼などにより生成する微小粒子状物質であるが、中国などからの越境移動が問題となっている。埼玉県などでPM2.5を捕集し、多環芳香族化合物などを分析している。この他、河川水中や調剤薬局の室内空気の医薬品についても分析している。
  • 粒子状物質の妊娠期曝露が産仔に及ぼす影響の解析
     ディーゼル排ガスなどに含まれる微小粒子状物質(特に粒径100 nm以下の粒子)の健康影響について検討を行っている。特に妊娠期における曝露に注目し、その産児に対する健康影響について、DNAメチル化状態の変化およびマイクロRNA発現の変化との関連について検討を行っている。

学術論文

  • 1) Higuchi T., Morita R., Arai M., Iwase H., Maruyama T., Satoh M., Hoshino Y., Murahashi T., Shiraishi T., Shimada H., Imamura Y., Catechins with a galloyl moiety decrease superoxide formation through redox cycling of 9,10-phenanthrenequinone in pig heart. The annual report of Nihon Pharmaceutical University, 1, 77-87 (2015).
  • 2) Sanoh S., Tayama Y., Sugihara K., Kitamura S., Ohta S., Significance of aldehyde oxidase during drug development: Effects on drug metabolism, pharmacokinetics, toxicity, and efficacy. Drug Metab. Pharmacokinet., 30, 52-63 (2015).
    3)  Sanoh S., Naritomi Y., Fujimoto M., Sato K., Kawamura A., Horiguchi A., Sugihara K., Kotake Y., Ohshita H., Tateno C., Horie T., Kitamura S., Ohta S., Predictability of plasma concentration-time curves in humans using single-species allometric scaling of chimeric mice with humanized liver. Xenobiotica, 3, 1-10(2015).
  • 4)  Watanabe, Y., Kojima, H., Takeuchi, S., Uramaru, N., Sanoh, S., Sugihara, K., Kitamura, S., Ohta, S., Metabolism of UV-filter benzophenone-3 by rat and human liver microsomes and its effect on endocrine-disrupting activity. Toxicol. Appl. Pharmacol., 282, 119-128 (2015).
  • 5) Tachibana K., Takayanagi K., Akimoto A., Ueda K., Shinkai Y., Umezawa M., Takeda K., Prenatal diesel exhaust exposure disrupts the DNA methylation profile in the brain of mouse offspring. The Journal of Toxicological Sciences, 40, 1-11 (2015).
  • 6) Shimada H., Tanigawa T., Matayoshi K., Katakura K., Babazono K., Takayama H., Murahashi T., Akita H., Higuchi T., Eto M., Imamura Y., Comparative inhibition of tetrameric carbonyl reductase activity in pig heart cytosol by alkyl 4-pyridyl ketones. J. Enzyme Inhib. Med. Chem., 29, 397-400 (2014).
  • 7)  Sanoh S., Santoh M., Takagi M., Kanayama T., Sugihara K., Kotake Y., Ejiri Y., Horie T., Kitamura S., Ohta S., Fluorometric assessment of acetaminophen-induced toxicity in rat hepatocyte spheroids seeded on micro-space cell culture plates. Toxicology in Vitro, 223, 192-197 (2014). 8)  Tange S., Fujimoto N., Uramaru N., Sugihara K., Ohta S., Kitamura S., In vitro metabolism of cis- and trans-permethrin by rat liver microsomes, and its effect on estrogenic and anti-androgenic activities. Environmental Toxicology and Pharmacology, 37, 996-1005 (2014).
  • 9) Wong F. F., Wang L. Y., Uramaru N., Chiang H. H., Synthesis and structural identification of 5-amino-4-hydroxyiminopyrazoles and (E)-N1-aryl-4-[(substituted pyrazolyl)diazenyl] pyrazoles from 5-aminopyrazoles with ethyl nitrite or sodium nitrite. Tetrahedron, 70, 7977-7982, (2014).
  • 10)  Wang L. Y., Uramaru N., Wong F. F., Synthesis and pyrazolo[3,4-b]pyrrolo[3,4-b]pyridine derivatives via Aza-Diels-Alder reaction:evaluation of torsion effect of pyrazoylimines. Tetrahedron, 70, 7439-7444, (2014).
  • 11) Shimizu R, Umezawa M, Okamoto S, Onoda A, Uchiyama M, Tachibana K, Watanabe S, Ogawa S, Abe R, Takeda K., Effect of maternal exposure to carbon black nanoparticle during early gestation on the splenic phenotype of neonatal mouse. The Journal of Toxicological Sciences, 39, 571-578 (2014).

     

学会発表

〇国際学会

  • Kojima H., Sanoh S., Takeuchi S., Sugihara K., Yoshinari K., Kitamura S., Characterization of human and mouse PXR- and CAR-mediated transcriptional activation by bisphenol A and its related compounds. 54th Annual Meeting and ToxExpo (Society of Toxicology), San Diego, California, USA, March 22-26 (2015).
  • Kojima H, Takeuchi S, Sata F, Nakajima H, Noomote T, Fujino C, Uramaru N, Kitamura S, Yoshinari K. Comparative study on human and mouse nuclear receptor activities of hepatomegaly inducing perfluoroocatanoic acid and its related compounds. International Conference of Asian Environmental Chemistry (ICAEC2014), Bangkok, November 25, (2014).
  • Watanabe Y., Kojima H., Takeuchi S., Uramaru N., Sugihara K., Sanoh S., Ohta S., Kitamura S. Effects of metabolism of UV-absorbers by rat liver microsomes on their nuclear receptor activation. DIOXIN 2014. The 34th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants, Madrid, Spain, Aug 31 – Sept 5 (2015).
  • Sugihara K.,Tange N., Fujimoto N., Uramaru N., Ohta S., Kitamura S., Metabolic activation of cis- and trans- permethrine for estrogenic and anti-androgenic activities. DIOXIN 2014. The 34th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants, Madrid, Spain, Aug 31 – Sept 5 (2015).
  • Kawazoe S., Tachibana K., Takeda K., Umezawa M., Effects of prenatal exposure to titanium dioxide nanoparticle on DNA methylation and gene expression profile in the brain of mouse. PPTox IV Environmental Stressors in Disease and Implications for Human Health, Boston, MA, USA, Oct 26 – 29 (2014).

〇国内学会 招待講演

  • 小島弘幸,北村繁幸,浦丸直人,吉成浩一:化学物質の核内受容体活性化作用と肝肥大作用.第41回日本毒性学会学術年会,7月,神戸(2014).
  • 立花研,武田健:ディーゼル排ガスおよびナノ粒子曝露の生体影響におけるマイクロRNAの関与.第41回日本毒性学会学術年会,7月,神戸(2014).
  • 武田健,立花研,梅澤雅和:妊娠期に曝露したナノマテリアルによる次世代への影響.フォーラム2014衛生薬学・環境トキシコロジー,9月,つくば(2014).

〇国内学会 一般講演

  • 渡部容子,小島弘幸,浦丸直人,杉原数美, 吉成浩一, 太田 茂,北村繁幸:香粧品香料のヒトおよびラットPXR、CAR、PPARa、AhRに対するアゴニスト活性.日本薬学会第135年会,3月,神戸(2015).
  • 藤野智恵里,渡部容子,浦丸直人,小島弘幸,吉成浩一,北村繁幸:抗菌剤パラベン類のヒトおよびラットPXR、CAR、PPARa活性.日本薬学会第135年会,3月,神戸(2015).
  • 清水 良,渡部容子,浦丸直人,小島弘幸,武内伸治, 黒木広明, 太田 茂, 北村繁幸, 杉原数美:核内受容体PXRおよびCAR転写活性作用を示す甲状腺ホルモン構造類似環境化学物質のスクリーニング.日本薬学会第135年会,3月,神戸(2015).
  • 川井龍美,飯塚 晃,新木敏正,奈佐吉久,船山信次,中村和男,伏谷眞二,北村繁幸,小林 賢,斎藤俊昭,喜多代 晋,新井一郎,西川由浩,稲瀬 實:薬学教育における学習意欲とコミュニケーション能力の醸成のためのPBL型実習の実施とその評価.日本薬学会第135年会,3月,神戸(2015).
  • 藤田哲孝,泉 哲平,三好晃史,清水 良,小林秀文,北村繁幸,太田 茂,杉原数美:医薬品の塩素処理による分解と変異原性発現.日本薬学会第135年会,3月,神戸(2015).
  • 藤田裕太郎,長島和也,堀川嫌太,清水 良,北村繁幸,太田 茂,杉原数美:オス型成長ホルモン曝露がマウス肝癌細胞(Hepa 1-6)のaldehyde oxidasa発現に与える影響.日本薬学会第135年会,3月,神戸(2015).
  • 田山剛高,杉原数美,三宅勝志,北村繁幸,太田茂:Allopurinol代謝に及ぼすaldehyde oxidase活性の影響~ラットin vivoにおける検討~.日本薬学会第135年会,3月,神戸(2015).
  • 秋本有花,岡嵜明穂,増岡さゆり,濱岡裕美,清水 良,佐能正剛,太田 茂,北村繁幸,杉原数美:マウス肝aldehyde oxidase発現への脳下垂体の影響.日本薬学会第135年会,3月,神戸(2015).
  • 立花研,夘月諒,小平伊織,黒岩法子,新海雄介,武田健:ディーゼル排ガス曝露により肺で生じるマイクロRNA発現変動の解析.日本薬学会第135年会,3月,神戸(2015).
  • 渡部容子,小島弘幸,浦丸直人,藤本成明,杉原数美,吉成浩一,太田 茂,北村繁幸:レポーターアッセイ系を用いた香粧品香料によるPXR、CAR、PPARaおよびAhR活性の評価.フォーラム2014衛生薬学・環境トキシコロジー,9月,つくば(2014).
  • 藤野智恵里,渡部容子,浦丸直人,小島弘幸,吉成浩一,北村繁幸:ピレスロイド系およびカルバメート系農薬のラットPXR、CARおよびPPARa活性と肝代謝による影響.フォーラム2014衛生薬  学・環境トキシコロジー,9月,つくば(2014).
  • 坂本佳澄,渡部容子,浦丸直人,北村繁幸:ラットin vivo及びin vitroでのラズベリーケトンのロドデノールへの還元.フォーラム2014衛生薬学・環境トキシコロジー,9月,つくば(2014).
  • 杉原数美,岡嵜明穂,秋本有花,田山剛高,前田志津子,佐能正剛,北村繁幸,太田 茂:薬物代謝酵素aldehyde oxidaseのマウス肝での性差発現と化学物質の影響.フォーラム2014衛生薬学・環境トキシコロジー,9月,つくば(2014).
  • 清水 良,渡部容子,浦丸直人,小島弘幸,武内伸治,黒木広明,太田 茂,北村繁幸,杉原数美:核内受容体PXRおよびCAR転写活性に対する甲状腺ホルモン構造類似物質の影響.フォーラム2014衛生薬学・環境トキシコロジー,9月,つくば(2014).
  • 佐能正剛,中村直樹,鈴木賢一,柏木啓子,花田秀樹,山本 卓,新海 正,杉原数美,藤本成明,北村繁幸,柏木昭彦,太田 茂:環境化学物質におけるカエル甲状腺ホルモン作用のアゴニストおよびアンタゴニスト活性.フォーラム2014衛生薬学・環境トキシコロジー,9月,つくば(2014).
  • 佐能正剛,田山剛高,杉原数美,北村繁幸,Mineko Terao,Enrico Garattini, 太田 茂:アルデヒドオキシダーゼと薬物代謝・安全性研究.第41回日本毒性学会学術年会,7月,神戸(2014).
  • 杉原数美,高田 鑑,増田莉奈,大上 凌,小林秀文,清水 良,北村繁幸,太田 茂:環境中医薬品類の塩素消毒による毒性発現.第41回日本毒性学会学術年会,7月,神戸(2014).
  • 浦丸直人,王 麗雅,江 橞媗,翁 豐富:ニトロソ化反応による5-アミノ-4-ヒドロキシイミノピラゾール誘導体の合成と構造同定,第44回複素環化学討論会,9月, 札幌市 (2014).
  • 小番美鈴,立花研,川副翔太郎,上田剛司,新海雄介,梅澤雅和,武田健:二酸化チタンナノ粒子の胎仔期曝露により神経幹細胞に生じる遺伝子発現変動.フォーラム2014衛生薬学・環境トキシコロジー,9月,つくば(2014).

研究費の受入状況

  • 北村繁幸(代表),文部科学省科学研究費補助金基盤研究C一般,水酸化PCB・臭素化難燃剤の甲状腺ホルモン撹乱のターゲット解明と放射線の複合影響.4,000千円, ( 2013-2015).
  • 北村繁幸(分担),平成25年度食品健康影響評価技術研究, 核内受容体作用と酵素誘導解析を基盤とした化学物質による肝肥大の毒性学的評価に関する研究.1,300千円, ( 2014).
  • 浦丸直人(分担),平成25年度食品健康影響評価技術研究, 核内受容体作用と酵素誘導解析を基盤とした化学物質による肝肥大の毒性学的評価に関する研究.1,000千円, (2014).
  • 立花研(代表),文部科学省科学研究費補助金基盤研究C一般:ディーゼル排ガスにより次世代の神経幹細胞に生じる機能障害とDNAメチル化異常,4,300千円, (2012-2014).
  • 立花研(分担),文部科学省 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業:環境と次世代健康科学-疾患原因解明と予防に向けた先進的研究,1,000千円, (2014).