分野・センター

一般薬学部門

 日本薬科大学薬学一般薬学部門は、平成25年度に組織された。本部門は、高度な薬学専門知識に加え、医療人としての高い教養と倫理観を有し、患者本位の医療を実践する優れた臨床能力を有する薬剤師の育成という現在社会のニーズに応えるため、質的・量的に膨大な薬学教育が効率的且つ円滑に実施されるように薬学教育全般にわたって支援し、また、部門的に教育全般を俯瞰してその改善にむけて取り組むことを目標としている。
  最近の活動として、学生の学習一般支援に加え、近年難化している薬剤師国家試験に対する学習支援、学生教育改善に向けた大学の取り組み支援、学生ならびに教員の教育・研究活動支援として卒業研究発表優秀演題賞の設置・選考、日本薬科大学教育紀要の編纂などを行っている。

教授
野口博司
教授
新木敏正
教授
小林賢
教授
土井孝良
教授
西川由浩
教授
野澤直美
教授
船山信次
教授
准教授
脇能広
准教授

一般薬学部門には、物理系、化学系、生物系、薬理・薬治系、法規系の教員が所属し、それぞれの専門分野において研究を展開し、情報の発信、社会貢献などの活動を行っている。以下に最近(2014~2015年、学会発表は2015年のみ)の活動を紹介した。

1.原著論文

  • Katsura, S., Yamada,N., Nakashima,A.,Shiraishi,S.,Furuishi,T. and Ueda,H.:Identification of Furosemide Photodegradation Products in Water- Acetonitrile Mixture.  Chem.Pharm. Bull., 63 617-627(2015).
  • Igarashi, R., Nagase, H., Furuishi, T., Tomono, K., Endo, T. and Ueda, H.: Crystal structure of an epalrestat methanol solvate. X-ray Structure Analysis Online, 31(1), 1-2 (2015).
  • Furuishi,T., Ishigami, T.,  Endo, T., Nagase, H., Okada, M., Nishiyama, I., Jo, A., Terao, K. and Ueda, H.: Effect of g-cyclodextrin as a lyoprotectant for freeze-dried actinidin.  Pharmazie, 70296-299 (2015).
  • Ogawa, N., Hashimoto, T., Furuishi, T., Nagase, H., Endo, T., Yamamoto, H., Kawashima, Y. and Ueda, H.: Solid-state characterization of sertraline base–b-cyclodextrin inclusion complex. J. Pharm. Biomed. Anal., 107265-272 (2015).
  • Kawakubo H., Suzuki T., Nishino K., Hara F., Takano T., Takebayashi Y., Onodera M., Mitsui A., Yahagi H., Takayama H., Kuroboshi M., Tanaka H.: Facile Synthesis of Diethyl Azodicarboxylate and Diethylhydrazodicarboxylate via the Sequential Bromination and Hofmann-​Type Rearrangement of Ethyl Allophanate. Synthetic Communications: An International Journal for Rapid Communication of Synthetic Organic Chemistry.,45( 9): 1068-1072 (2015).
  • Motoyama N., Morita K., Shiraishi S., Kitayama T., Kanematsu T., Uezono Y., Dohi T, Relief of cancer pain by glycine transporter inhibitors. Anesth Analg., 119, 988-995 (2014).
  • Ogawa J., Yokota A., Araki T., Aomori T., Nakamura T., Yamamoto K., Koshiishi I.: Quantitative evaluation of biliary elimination of gadoxetate, a magnetic resonance imaging contrast agent, via geometrical isomer-specific transporting system in rats. Biopharm. Drug Dispos., 35:362-371(2014).
  • Shimada H., Tanigawa T., Matayoshi K., Katakura K., Babazono K., Takayama H., Murahashi T., Akita H., Higuchi T., Eto M., Imamura Y.: Comparative inhibition of tetrameric carbonyl reductase activity in pig heart cytosol by alkyl 4-pyridyl ketones. J. Enzyme Inhib. Med. Chem., 29, 397-400 (2014).
  • Shimada H., Tanigawa T., Matayoshi K., Katakura K., Babazono K., Takayama H., Murahashi T., Akita H., Higuchi T., Eto M., Imamura Y. : Comparison inhibition of tetrameric carbonyl reductase activity in pig heart cytosol by alkyl 4-pyridyl ketones. J. Enzyme Inhib. Med. Chem., 29(3): 397–400 (2014).
  • Takahashi E., Ozaki H., Fujii Y., Kobayashi H., Yamanaka H., Arimoto S., Negishi T., Okamoto K., Properties of hemolysin and protease produced by Aeromonas trota. PLOS ONE, 9(3), e91149 (2014)
  • Fang X., Nunoshiba T., Yoshida M., Nishikawa A., Nemoto K., Degawa M., Arimoto S., Okamoto K., Takahashi E., Negishi T., Effects of Oral Administration of Non-genotoxic Hepato-hypertrophic Compounds on Metabolic Potency of Rat Liver, Genes and Environment, 36(1), 1-9 (2014).

2.総説

  • 高橋栄造, エロモナス感染による下痢症および壊死性筋膜炎, 埼玉県薬剤師会雑誌, 41(8), 21-23 (2015).
  • 白石成二, 土肥敏博:がん患者のサポートケアを目指したトランスレーショナルリサーチの提言 日薬理誌 146(2), 71 (2015).
  • 森田克也, 本山直世, 北山友也, 白石成二, 土肥敏博:新規がん性疼痛治療薬としてのPAF阻害薬, 日薬理誌 146(2), 87~92 (2015).

3.著書

  • Ohyama Y., Shinki T.: Vitamin D Derivatives. Handbook of Hormones: Comparative Endocrinology for Basic and Clinical Research. pp546-547, (2015). Academic press. New York.
  • Ohyama Y., Shinki T.: Calcitriol. Handbook of Hormones: Comparative Endocrinology for Basic and Clinical Research. pp548-550, (2015). Academic press. New York.
  • Ohyama Y., Shinki T.: Cholecalciferol. Handbook of Hormones: Comparative Endocrinology for Basic and Clinical Research. pp551-553, (2015). Academic press. New York.
  • 小林賢,佐古兼一,井上俊夫,岩崎祐一,加藤 剛,熊倉隆二 わかりやすい薬学系の統計学入門. 講談社 (2015).
  • 三澤美和編: 薬理学 薬の作用・薬の効き方,評言社 (2014).
  • 小林賢,上田晴久,金子喜三好,杉田一郎,高山博之,野澤直美,安田高明 わかりやすい薬学系の化学入門. 講談社 (2014).

4.学会発表

  • Dohi T., Morita K., Motoyama N., Shiraishi S., Glycine transporter inhibitors relieve bone cancer pain. 第58回日本神経化学会大会 9月, 埼玉 (2015).
  • Takahashi E., Okamoto K., Miyoshi S., Inductive effect of skim milk on the production of serine protease by Aeromonasspp. The 49th Annual joint meeting on cholera and other bacterial enteric infections 1月, Florida, USA(2015)
  • Takahashi E., Okamoto K., Miyoshi S., Inductive effect of casein phophopeptide on the production of serine protease by Aeromonasspp. 第88回 日本細菌学会総会 3月, 岐阜 (2015)

5.その他

  • 土肥敏博,6年制薬学教育への情熱-個性の伸展, 日本薬科大学教育紀要, 1, 7-14 (2015).
  • 奈佐吉久,糖尿病治療薬の最前線‐新しい作用機序の糖尿病治療薬,SGLT2阻害薬について‐, 日本薬科大学教育紀要, 1, 118-127 (2015).
  • 野澤直美, 脇 能広:本学の地域社会貢献活動の現状. 日本薬科大学教育紀要 , 創刊号, 41-50 (2015).
  • 高山博之:2014年ノーベル化学賞. 日本薬科大学教育紀要, 創刊号, 128-129 (2015).
  • 三澤美和: 青酸化合物について. テレビ朝日,報道ステーション 7.29放映 (2014).
  • 三澤美和: 青酸化合物中毒, テレビ朝日. 報道ステーション 11.19放映 (2014).
  • 三澤美和: 京都青酸化合物事件.産經新聞 2014. 11. 20版.
  • 三澤美和: 京都青酸化合物事件.産経WEST 2014. 11. 20版