さいたま / お茶の水

蓮田市薬膳教室を開催しました!

2017-12-08
 

 師走の寒さが一段と厳しくなったこの日、蓮田市勤労青少年ホームにて、蓮田市中央公民館主催「薬膳教室」を初めて開催しました。料理だけでなく講義を含む同教室には、蓮田市内にお住まいの30代から80代の21名の方が参加しました。

 

 同教室では、本学の青柳崇子特命講師が講演しました。テーマを「冬の上手な過ごし方 ~薬膳で解消!冷え性予防とアンチエイジング~」と題し、講義・調理・実食の三部構成としました。

 講義では東洋医学における気の巡りの考え方や薬膳について学びました。勉強熱心な参加者の皆様は、先生の講義に真剣な眼差しで耳を傾け、熱心にメモを取っていました。

 

調理ではテーマに沿った薬膳を生かして、

①西洋ネギ(リーキ)と玉ねぎのトロトロポカポカカレー

②山査子入り黒糖生姜茶

③白きくらげときゅうりのうるおいサラダ

を作りました。和気藹々とした雰囲気の中で作った料理は味以上に美味しく、実食においてもおかわりが出るなど、大変満足されていました。

 

 参加された蓮田市民の皆様は初対面でしたが、参加者同士のコミュニケーションが非常に活発で、終始会話が途切れることなく、無事終了しました。参加者の方々からは「是非家でも作ってみたい」「薬膳で身体がポカポカしてきた」「来年も企画してほしい」という声を多くいただきました。

 

 蓮田市中央公民館の橋岡館長からも来年度の継続実施を依頼されており、本学と蓮田市との連携がさらに強まることで地域住民の皆様に貢献することが期待されます。