さいたま / お茶の水

タイ国立コンケン大学の留学生が研修成果を報告しました。

2018-12-05

タイ国立コンケン大学薬学部と本学との国際学術交流プログラム(8月~12月)に、コンケン大学薬学部6年生2名が参加しました。研修内容は、薬局・ドラッグストアー・病院等における臨床研修と分子機能科学分野と生命科学薬学分野でそれぞれの留学生が基礎研究を行い、12月3日(月)に研修成果の報告会を行いました。


報告会終了後、薬学部長よりそれぞれの学生に対して修了証書が授与されました。


*タイ国立コンケン大学は首都バンコクから東北部のコンケン市に、1964年に設立された17学部および大学院を有する総合大学です。学生数は約3.5万人であり、東京ドームの193個分の広さの大学です。