プレス・メディア

荒井健介教授ならびに6年生の前田貴広君が「ベストポスタープレゼンテーション賞」を受賞しました。

2018-06-25

平成30年6月14~15日に東京都八王子市で開催された「第85回日本分析化学会有機微量分析研究懇談会・第107回計測自動制御学会力学量計測部会・第35回合同シンポジウム」において、荒井健介教授ならびに6年生の前田貴広君がポスターによる研究発表を行い、それぞれ「ベストポスタープレゼンテーション賞(一般部門)」と「ベストポスタープレゼンテーション賞(若手(30歳以下)部門)」を受賞しました。

 

講演題目「ペン描画方式による紙製微小流路の試作」(日本薬大)栗田正直,本橋歩美,若月華映,○荒井健介

 

講演題目「浮遊有機小滴の固化を伴う分散液液マイクロ抽出法を用いた血清中薬物の分析」(日本薬大)○前田貴広, 飯野瑞稀, 三熊敏靖