Regional Alliances

社会貢献・地域連携

「子ども大学あげお・いな・おけがわ」の5回目を開催しました。

2017-09-19
 

9月16日(土)さいたまキャンパスにおいて上尾市・伊奈町・桶川市・聖学院大学及び本学が共催で実施している「子ども大学あげお・いな・おけがわ」が開催されました。子ども大学は、全5回(1回目・2回目が聖学院大学、3回目が桶川市川田谷生涯学習センター、4回目・5回目が本学開催。)の長期にわたる行事で、今回が最終日でした。

5回目の午前の子ども大学は、本学の野澤直美教授による「地球温暖化と二酸化炭素の科学」というテーマで、子どもたちは、講義「温暖化の原因と対策」と実験「二酸化炭素の発生と性質を調べる実験」に取り組みました。中でも二酸化炭素が地球温暖化にどのように影響しているかを実験を通して学びました。また、子どもたちはオリジナル入浴剤をつくったり、野澤教授による昔懐かしいカルメ焼き実演を見学したり、長時間、熱心に楽しみながら学んでいました。

午後は、全日程の終了に伴い、発表会と修了式を執り行いました。発表会では、本学の学生の指導により、参加した5回の講座を振り返り、子ども大学で習ったことの印象や将来の夢を一人ひとりが発表しました。最後に修了証書を受け取り、6月から始まった子ども大学は、多くの教育成果をあげて無事おわりました。