Regional Alliances

社会貢献・地域連携

「平成29年度秩父健康市民大学講座 後期②」を開催しました。

2017-10-16
 

10月14日(土)、秩父市にある秩父看護専門学校において、本学主催の秩父健康市民大学講座・後期2回目の講義が行われました。先週に引き続き、小雨降るあいにくの空模様でしたが、熱心な受講者の皆様が参加しました。


後期2回目は本学の生命医療薬学分野の櫻田誓教授による「痛みをやわらげる~痛みのメカニズムと鎮痛薬~」と題し、人間が普段感じる痛みのメカニズムを解説し、アスピリンやモルヒネなどの鎮痛薬が人体に作用する仕組みなどを講義しました。


参加者の方々からは、「自分がかつて患った脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)の影響で残る、“慢性痛”のメカニズムについて理解できた」「今回の講義を受けて、痛みに対する捉え方が変わった」など好評な意見が多数寄せられました。


次回3回目の講座は、10月28日(土)同会場にて、樋口敏幸教授の「健康寿命を延ばす~血栓症のしくみと予防を考える~」が予定されています。