Regional Alliances

社会貢献・地域連携

蓮田市との連携協定締結一周年記念講演が実施されました。

2018-08-07
 

 

8月4日(土)、蓮田市中央公民館において、蓮田市と本学の包括連携協定締結一周年を記念した講演会が開催されました。蓮田市と本学は、図書館の相互利用や市民講座への講師派遣など、様々な取り組みで協力しています。

 

会場には中野和信蓮田市長が臨席され、開講のご挨拶では、超高齢化社会を迎え在宅医療の拡充が叫ばれる中、薬剤師を含む地域の医療関係者が今後益々の連携を図っていく重要性を強調されました。

 

記念講演では、本学の木村正幸客員教授が「賢い薬局の利用方法」というタイトルで、国が「地域包括ケアシステム」の構築を進めるにあたり、「かかりつけ薬局・薬剤師」がこれからの社会で果たす役割や、一人一人が「かかりつけ薬局・薬剤師」をもつメリットと利用法について、解説いたしました。

 

当日は蓮田市民の方をはじめとして、調剤薬局の薬剤師、介護事業所のケアマネージャー等の専門職の方々も参加されました。講演後は活発な質疑応答が行われ、蓮田市民の皆様が高い関心を持っている様子がうかがわれました。