さいたまキャンパス

日本薬科大学2018サマー研修プログラムが終了しました

2018-08-31

今年度のサマー研修プログラムは、台湾2大学、マレーシア2大学、タイ1大学、新モンゴル高校の留学生を受け入れて、約2ヵ月間の国際色豊かな研修となりました。学内での特別講義や部外研修の他、日本薬科大学の学生との交流や日本文化に触れる機会もあり、留学生からは「医療・薬学の他に、日本について幅広く理解することができた。」との感想をいただきました。

なお、研究実習中のタイ国立コンケン大学の留学生は、引き続き12月まで本学に滞在します。