教員プロフィール

茅野 大介

茅野 大介 准教授

● ●

自信をもって意見や考えを言える薬剤師に

薬理学は薬が作用する過程を理解する上で基本となり、社会に出て薬剤師の知識を生かして働く際に、新薬と既存の薬剤との差別化や薬剤の副作用等を考える際に必要になります。
私はこれまで循環器系の研究、とりわけ末梢循環改善薬や抗不整脈薬の作用機序及び血管平滑筋の収縮弛緩機序の解明に関する研究をしてきました。本学においても学生が薬理学の講義および実習を通して薬理学に興味を持ち、薬理学の楽しさを知って貰いたいです。さらに薬について理解を深め、知識を習得することを手助けするとともに、将来医療関係者や患者様に薬について説明する時に薬理学の知識を生かして自信をもって論理的に話せるようになってほしいと思います。

略歴

静岡県立大学博士後期課程修了
千葉大学看護学部 助手
日本薬科大学 講師
東邦大学薬学部 講師を経て現職

学術論文

(直近5年間)

  • Chino D, Yuda S, Suzuki Y, Hatsuyama F, Sato K, Obara K, Tanaka Y. Acute effects of intravenous administration of polyunsaturated fatty acids on blood pressure and heart rate in U46619- and noradrenaline-infused rats. British Journal of Pharmaceutical Research 15(3): 1-12, 2017.
  • Obara K, Kobayashi Y, Chino D, Tanaka Y. Effects of distigmine on electrical field stimulation-induced contraction of mouse urinary bladder smooth muscles. Pharmacology 99 (3-4): 106-113, 2017.
  • Uno J, Obara K, Suzuki H, Miyatani S, Chino D, Yoshio T, Tanaka Y. Inhibitory effects of antidepressants on acetylcholine-induced contractions in isolated guinea pig urinary bladder smooth muscle. Pharmacology 99 (1-2): 89-98, 2017.
  • Obara K, Uno J, Suzuki H, Miyatani S, Chino D, Yoshio T, Tanaka Y. Inhibitory effects of antidepressants on ATP-induced contractions in isolated guinea pig urinary bladder smooth muscle. Phamacometrics 91 (1/2): 41-48, 2016.
  • Obara K, Chino D, Tanaka Y. The recovery effects of distigmine on guinea pig detrusor underactivity induced by anticholinergic drugs. Pharmacometrics 91 (1/2): 25-39, 2016.
  • Masuda H, Mori N, Hirobe Y, Tanaka R, Chino D, Watanabe T, Fukuwatari T. Different contribution of non-volatile and volatile components in Winter Savory (Satureja montana L.) to changes in humans body temperature. Food Science and Technology Research 22(6): 817-827, 2016.
  • Shiina S, Ui R, Endou T, Obara K, Chino D, Tanaka Y. The nitric oxide-cGMP pathway does not play an essential role in β-adrenoceptor-mediated smooth muscle direct relaxation in the rat thoracic aorta. The Toho Journal of Medicine 2 (3): 95-105, 2016.
  • Masuda H, Mori N, Matsui K, Wakimura S, Chino D, Fukuwatari T. Contribution of volatile components in Winter Savory (Satureja montana L.) to changes in body temperature in humans who experience cold sensitivity. Food Science and Technology Research 22(1): 135-144, 2016.
  • Sato K, Chino D, Sugimoto T, Kanai K, Obara K, Miyauchi S, Tanaka Y. Pharmacological characteristics of the inhibitory effects of docosahexaenoic acid (DHA) against vascular contractions studied in rat mesenteric artery. Pharmacology 93 (5-6): 229-243, 2014.
  • Zhao M, Chen J-R, Chino D, Li Z, Watanabe Y. Natural Vanadium-containing Mt. Fuji Ground Water Improves Glucose and Lipid Metabolic Dysfunction in Tsumura-Suzuki Obese Diabetic Mice. Pharmacometrics 86 (5/6) : 85-95, 2014.
  • Sato K, Chino D, Nishioka N, Kanai K, Aoki M, Obara K, Miyauchi S, Tanaka Y. Pharmacological evidence showing significant roles for potassium channels and CYP epoxygenase metabolites in the relaxant effects of docosahexaenoic acid on the rat aorta contracted with U46619. Biological and Pharmaceutical Bulletin 37(3): 394-403, 2014.
  • Sato K, Chino D, Kobayashi T, Obara K, Miyauchi S, Tanaka Y. Selective and potent inhibitory effect of docosahexaenoic acid (DHA) on U46619-induced contraction in rat aorta. Journal of Smooth Muscle Research 33(12): 2033-2035, 2013.
  • Chino D, Masuda H, Goto Y, Sato K, Obara K, Kitazawa N, Kanie K, Tanaka Y, Watanabe Y. Induction of endothelium-dependent relaxation in rat aorta via nitric oxide production caused by the aqueous extract of Astragalus membranaceus Bunge leaves. Journal of Traditional Medicines 30 (1): 41-50, 2013.

海外および国際学会発表

Obara K, Sato K, Chino D, Tanaka Y. Docosahexaenoic acid (DHA) selectively inhibits prostanoid receptor-mediated contractions in the isolated rat blood vessels. The 2nd International Conference on Pharma and Food, Nippondaira Hotel, Shizuoka, Japan, 2014/11.

国内学会発表

(主発表者で直近5年間の発表)

  • 茅野大介、小原圭将、今中智子、福原央香、宇野準二、田中芳夫: モルモット尿道括約筋のNA誘発収縮に対する各種抗うつ薬の影響の評価. 第89回 日本薬理学会年会、横浜市、2016年3月.
  • 茅野大介、小原圭将、田中芳夫: プロスタノイド受容体を介した血管平滑筋及び気管平滑筋の収縮反応に対するドコサヘキサエン酸(DHA)の抑制効果. 生体機能と創薬シンポジウム、船橋市、2015年8月.
  • 茅野大介、鈴木友紀子、湯田紗月、小原圭将、田中芳夫: 正常血圧及び高血圧ラットの血圧と心拍数に及ぼすエイコサペンタエン酸(EPA)とリノール酸(LA)の静脈内投与の影響. 第57回日本平滑筋学会総会、宇部市、2015年8月.
  • 茅野大介、鈴木友紀子、湯田紗月、初山普海、外山貴之、田中智大、小原圭将、 田中芳夫: 高血圧および正常血圧ラットにおけるドコサヘキサエン酸(DHA)静脈内投与による降圧効果. 第88回日本薬理学会年会、名古屋市、2015年3月.
  • 茅野大介、外山貴之、田中智大、初山普海、小原圭将、田中芳夫:TXA2受容体(TP受容体)アゴニストの昇圧作用に対するドコサヘキサエン酸(DHA)の抑制効果の検討. 第56回日本平滑筋学会総会、横浜市、2014年8月.
  • 茅野大介、外山貴之、田中智大、初山普海、小原圭将、田中芳夫:正常血圧及び高血圧ラットの血圧と心拍数に及ぼすドコサヘキサエン酸(DHA)の静脈内投与の影響. 第130回日本薬理学会関東部会、東京、2014年7月.
  • 茅野大介、石川雄也、友松拓哉、上野明恵、椎名俊介、宇野準二、佐藤恭輔、小原圭将、田中芳夫:マウス平滑筋のプロプラノロール(Prop)感受性(typical)β-アドレナリン受容体(β-ADR)の薬理学的性質. 第55回日本平滑筋学会総会、旭川市、2013年8月.
  • 茅野大介、青木美歌、佐藤恭輔、小原圭将、田中芳夫:ドコサヘキサエン酸(DHA)による血管収縮抑制の機序:BKチャネル活性化経路におけるCYP依存性エポキシゲナーゼ代謝産物の関与. 第126回日本薬理学会関東部会、東京都、2012年7月. 学会要旨:日本薬理学雑誌140(4): p.21 (2012).

著書

  • 小野寺憲治編:「わかりやすい薬の効くプロセス」改定2版.第16章 皮膚・感覚器系に作用する薬.ネオメディカル、神奈川県厚木市、pp.472-481、2013.
  • 小野寺憲治編:「わかりやすい薬の効くプロセス」.第16章 皮膚・感覚器系に作用する薬.ネオメディカル、神奈川県厚木市、pp.423-427、2008.

シンポジウム等

  • 小原圭将、茅野大介、田中芳夫:下部尿路機能に対する副交感神経興奮様薬の作用とその機序について-コリンエステラーゼ阻害薬の作用を中心として-. 第56回日本平滑筋学会総会、横浜市、2014年8月.
  • 茅野大介、増田秀樹、後藤洋子、西村修、渡邉泰雄. キバナオウギ葉部抽出成分の末梢循環障害改善に関する機能薬理学的検証. 第14回応用薬理シンポジウム, 甲府市、2012年9月.
  • 渡辺泰雄、茅野大介、脇能広、江口文陽:医療費削減のための科学的実証された機能性食品を基盤とした補完医療の指向性.第12回応用薬理シンポジウム、横浜市、2010年9月.
  • 渡辺泰雄、久保光志、茅野大介、脇能広:メタボを科学する.第14回日本地域薬局薬学会年会プログラム、東京、2010年8月.
  • 茅野大介、舩戸宏紀、檜垣仁志、川崎みどり、設楽恵里、岸本真耶、渡邉泰雄:ウコン抽出加工食品におけるクルクミンの吸収と動態(動物実験).第9回応用薬理シンポジウム、東京、2007年9月.

その他

  • ドコサヘキサエン酸(DHA)代謝物の血管収縮抑制作用.日薬理誌(Folia Pharmacol.Jpn.)147: pp.63-65、2016.
  • 食品に含まれるトランス脂肪酸は, うつ病の危険因子となり得る.ファルマシア47(11): p.1060、2011.
  • メタボリックシンドロームとアディポサイトカイン.埼玉県薬剤師会雑誌 34: p.18、2008.