教員プロフィール

北本 勝ひこ

北本 勝ひこ 教授

北本 勝ひこ

不思議だなと思う心をもつ!

私は不思議でたまらない、黒い雲からふる雨が、銀に光っていることが。
私は不思議でたまらない、青い桑の葉食べている、蚕が白くなることが。
私は不思議でたまらない、たれもいじらぬ夕顔が、ひとりでぱらりと開くのが。
私は不思議でたまらない、誰にきいても笑ってて、あたりまえだ、ということが。

これは、26歳の若さでこの世を去った夭折の詩人、金子みすずによる「不思議」という詩です。
国民の健康と医療に貢献する仕事を志す君たちに、この「不思議と思う心」をもって勉学に励んでもらいたいと思っています。社会に出てからも、この「不思議と思う心」はきっと大切なものとなるはずです。

 

略歴

博士(農学)。東京大学農学部農芸化学科卒業、国税庁醸造試験所、福岡国税局鑑定官室・鑑定官、仙台国税局鑑定官室・鑑定官、国税庁醸造試験所・主任研究員、東京大学農学部・助教授、東京大学大学院農学生命科学研究科・教授を経て現職。
東京大学名誉教授、日本農芸化学会 フェロー

総説

  • Guidelines for the use and interpretation of assays for monitoring autophagy (3rd edition).
    D. J. Klionsky et al.
    Autophagy. 12(1):1-222. (2016)
  • Cell biology of the Koji mold Aspergillus oryzae
    K. Kitamoto
    Biosci. Biotechnol. Biochem., 17, 1-7 (2015)
  • 麹菌からの有性生殖発見を目指して
    -Aspergillus oryzae における接合型遺伝子の存在と有性生殖の可能性-
    金 鋒杰、北本勝ひこ
    醸造協会誌、109、62〜69(2014)
  • Vesicle trafficking, organelle functions, and unconventional secretion in fungal
    physiology and pathogenicity
    Jun-ya Shoji, Takashi Kikuma, Katsuhiko Kitamoto,
    Current Opinion in Microbiology, 20, 1–9 (2014)
  • 糸状菌のオートファジーと物質生産
    菊間隆志、北本勝ひこ
    化学と生物、52、757〜763(2014)
  • 特集によせて(特集 生物工学分野が東日本大震災からの復興を先導する )
    北本勝ひこ
    生物工学会誌、91、234(2013)
  • Expanding functional repertoires of fungal peroxisomes: contribution to growth
    and survival processes
    J. Maruyama, K. Kitamoto
    Front. Physiol.,4, 177 (2013)
  • 麹菌物語(生物工学基礎講座 バイオよもやま話)
    北本勝ひこ
    生物工学会誌、90、424 〜427(2012)
  • Guidelines for the use and interpretation of assays for monitoring autophagy
    D. J. Klionsky et al.
    Autophagy, 8, 445-544 (2012)
  • A newly discovered function of peroxisomes: Involvement in biotin biosynthesis
    J. Maruyama, S. Yamaoka, I. Matsuo, N. Tsutsumi, K. Kitamoto
    Plant Signal Behav., 7, 1589-1593 (2012)
  • 麹菌と溶姫
    北本勝ひこ
    生物工学会誌、89、57 (2011)
  • 世界に冠たる農芸化学
    北本勝ひこ
    化学と生物、49、363 (2011)
  • 日本の食文化を支えている麹菌
    北本勝ひこ
    日本酒で乾杯推進会議 100人委員会コラム (2011.3.15)
  • 青春の一冊、進取の学問へのいざない(「ソロモンの指輪」コンラート・ローレンツ著)
    北本勝ひこ
    東京大学新聞(2011年10月11日)
  • 麹菌のセルバイオロジー -麹菌の細胞生物学的解析から見えてきたこと-
    北本勝ひこ
    温古知新、No. 48、12 〜20(2011)
  • Endocytic recycling at the tip region in the filamentous fungus Aspergillus oryzae Y. Higuchi, M. Arioka, K. Kitamoto
    Commun. Integr. Biol. 2:4,327-328 (2009)
  • 麹菌の力 -日本の文化の香りのするサイエンス-
    北本勝ひこ
    香料、244、35〜44(2009)
  • Dissecting cellular components of the secretory pathway in filamentous
    fungi: insights into their application for protein production
    J. Shoji, M. Arioka, K. Kitamoto
    Biotechnology Letters, 30,7-14 (2008)
  • Guidelines for the use and interpretation of assays for monitoring autophagy in higher eukaryotes
    D. J. Klionsky, , , , , , , K. Kitamoto, , , , , , , R. L. Deter
    Autophagy. 4, 151-175 (2008)
  • 書評 『ものと人間の文化史 麴』
    北本勝ひこ
    蛋白質核酸酵素(2008)
  • 糸状菌オルガネラの形態とその極性依存的な配置
    -麹菌の小胞輸送経路の解析からみえてきたもの-
    正路淳也、樋口裕一郎、鞠山潤一、北本勝ひこ
    蛋白質核酸酵素、53、753〜759(2008)
  • 麴菌も光に応答する
    畠山理広、北本勝ひこ
    醸造協会誌、103、525〜531(2008)
  • 麹菌による味覚修飾タンパク質ネオクリンの発現生産
    中島健一朗、阿部啓子、北本勝ひこ
    醸造協会誌、103,586〜593(2008)
  • Sake and beer spoilage lactic acid bacteria – A review
    K. Suzuki, S. Asano, K. Iijima, K. Kitamoto
    J. Inst. Brew., 114, 98-104 (2008)
  • Autophagy during conidiation and conidial germination in filamentous fungi.
    T. Kikuma, M. Arioka, K. Kitamoto
    Autophagy, 3:2, 128-129 (2007)
  • Genomics of Aspergillus oryzae
    T. KOBAYASHI, K. ABE, K. ASAI, K. GOMI, P. R. JUVVADI, M. KATO, K. KITAMOTO, M. TAKEUCHI, M. MACHIDA
    Biosci Biotechnol Biochem., 71, 646-670 (2007)
  • Differential distribution of the endoplasmic reticulum network in filamentous fungi
    J. Maruyama, K. Kitamoto
    FEMS Microbiology Letters, 272, 1-7 ( 2007)
  • Possible involvement of pleiomorphic vacuolar networks in nutrient recyclnig in filamentous fungi
    J. Shoji, M. Arioka, K. Kitamoto
    Autophagy, 2:3, 226-227 (2006)
  • 麹菌ゲノム解析からわかったこと
    -つながるか? 有性世代の発見に. 麹造りにおける働きの解明に期待-
    北本勝ひこ
    化学と生物、44、502〜503(2006)
  • 醸造学に期待する
    北本勝ひこ
    醸造協会誌、101、655〜657(2006)
  • ポストゲノム時代を迎えたスローフード微生物 -特集によせて-
    北本勝ひこ
    生物工学会誌、84、351(2006)
  • ポストゲノム時代を迎えた麹菌
    北本勝ひこ
    生物工学会誌、84、361〜363(2006)
  • 麹菌にも有性世代がある? -ゲノム解析から明らかになったこと-
    山本七瀬、北本勝ひこ
    醸造協会誌、101、740〜748(2006)
  • タンパク質工場としての麹菌の利用に関する研究
    北本勝ひこ
    BRAIN テクノニュース、101、6〜11(2006)
  • 日本酒の現状とこれから
    北本勝ひこ
    ソフィア、53、155〜167(2005)
  • 麹菌の4重栄養要求性宿主・ベクター系の開発
    北本勝ひこ、丸山潤一、P.R.Juvvadi
    生物工学会誌、83、277〜279(2005)
  • Genomics reveals traces of fungal phenylpropanoid-flavonoid metabolic pathway in the filamentous fungus Aspergillus oryzae
    P.R.Juvvadi, Y. Seshime, K. Kitamoto
    J. Microbiol., 43, 475-486 (2005)
  • 巻頭随想「スローフード微生物は日本の財産」
    北本勝ひこ
    醸造協会誌、99、543(2004)
  • 清酒・焼酎醸造における難培養・複合系微生物
    北垣浩志、山崎眞狩、北本勝ひこ
    醸造協会誌、99、767〜772(2004)
  • 麹菌の発現遺伝子の大規模解析
    柏木豊、山口加奈子、栗原洋子、鈴木聡、秋田修、町田雅之、小山泰二、山口庄太郎 、五味勝也、阿部敬悦、竹内道雄、小林哲夫、堀内裕之、北本勝ひこ
    日本醤油研究所雑誌, 30、135〜141(2004)
  • 麹菌のアルカリ性特異的発現遺伝子 -神秘にみちた種麹製造の謎にせまる–
    北本勝ひこ
    化学と生物、40、634〜635(2002)
  • 麹菌の菌糸および分生子の核動態
    丸山潤一、北本勝ひこ
    化学と生物、39、187〜192(2001)
  • 麹および麹菌を分子生物学的に理解する
    北本勝ひこ
    日本醤油研究所雑誌、27、223〜231(2001)
  • 麹菌研究の最近の進展
    北本勝ひこ
    醸造協会誌、95、404〜406(2000)
  • 清酒用麹菌アミラーゼ遺伝子のプロモーター解析
    峰時俊貴、北本勝ひこ
    醸造協会誌、95、560〜568(2000)
  • 麹学から分子麹学へ
    北本勝ひこ
    醸造協会誌、95、708〜710(2000)
  • 重金属吸着能を有する微生物の分子育種
    中島春紫、北本勝ひこ
    バイオサイエンスとインダストリー、58、39〜40(2000)
  • 酵母ゲノム情報の糸状菌遺伝子解析への利用
    北本勝ひこ
    生物工学会誌、77、393〜395(1999)
  • 重金属吸着ドメインの微生物細胞表層へのターゲッティング
    中島春紫、北本勝ひこ
    生物工学会誌、76、498〜501(1998)
  • 最後の醸造学
    北本勝ひこ
    バイオインダストリーとバイオサイエンスVol.55、213 (1997)
  • 麹菌(A. oryzae)の分子生物学的解析の最近の進展
    北本勝ひこ
    農芸化学会誌、71、1011〜1012(1997)
  • 清酒醸造における麹の働きと遺伝子解析
    峰時俊貴、北本勝ひこ
    農芸化学会誌 71、1018〜1023(1997)
  • 醸造用酵母の特性と育種
    北本勝ひこ
    遺伝 49(1)、19〜24(1995)
  • 醸造研究のメッカ 東京大学農学部農芸化学科
    北本勝ひこ
    醸造協会誌、90、(11月号 口絵)(1995)
  • 麹菌の遺伝子の解析とその利用
    北本勝ひこ
    食品工業、37、22〜28(1994)
  • カビの電気泳動核型解析
    北本勝ひこ
    農芸化学会誌、68、1142〜1145(1994)
  • 麹菌(Aspergillus oryzae) 分子生物学的研究の現状と将来
    北本勝ひこ
    温故知新 31、40〜46 (1994)
  • 麹菌によるキモシンの生産
    北本勝ひこ
    ブレインテクノ(1994)
  • Mass production of chymosin with koji fungi
    K. Kitamoto
    New technology japan, vol 22, 37-38 (1994)
  • ウレア非生産性清酒酵母の育種と実地醸造試験
    北本勝ひこ
    醸造協会誌、88、106〜114(1993)
  • 清酒とカルバミン酸エチル
    北本勝ひこ
    化学と生物、31、524〜530(1993)
  • 新しい吟醸酒の仕込方法
    北本勝ひこ
    醸造協会誌、87、90〜94(1992)
  • アルコール発酵
    北本勝ひこ
    遺伝「酵母特集」(7月号)60〜65(1992)
  • 麹菌のαーアミラーゼを生産する清酒酵母
    北本勝ひこ
    化学と生物、29、11〜12(1991)
  • ウレア非生産性酵母の分子育種
    小田佳緒子、北本勝ひこ
    醸造協会誌、86、99〜107(1991)
  • 麹菌の形質転換と麹菌αーアミラーゼ遺伝子の構造解析
    北本勝ひこ
    Cell Science, Vol 7, 27 (1991)
  • 東北における最近の吟醸酒の製造について
    小関卓也、北本勝ひこ、忍頂寺晃嗣、伊藤 康
    醸造協会誌、85、776〜784 (1990)
  • 麹菌(A. oryzae)のα-アミラーゼを生産する清酒酵母
    北本勝ひこ
    醸造協会誌、85(口絵)、(1990)
  • 清酒醸造における酵母液胞の働き
    北本勝ひこ
    醸造協会誌、84、367〜374 (1989)
  • 酵母(S. cerevisiae)の液胞生理機能欠損変異株の単離とその性質
    北本勝ひこ
    BRAIN テクノニュース、13、8〜10 (1989)
  • 醸造用酵母からのリジン要求性変異株の取得法
    北本勝ひこ
    醸造協会誌、84、34〜37 (1989)
  • 醸造用酵母からのウラシル要求性変異株の取得法
    北本勝ひこ
    醸造協会誌、84、849〜853 (1989)
  • プロトプラスト融合による醸造用酵母の育種
    北本勝ひこ
    化学と生物、26、353〜354(1988)
  • 酵母 Saccharomyces cerevisiaeの液胞
    北本勝ひこ
    醸造協会誌、83、第11号(口絵)(1988)
  • 植物液胞に関する第一回国際ワークショップに参加して
    北本勝ひこ
    農芸化学会誌、60、979ー980(1986)
  • 酵母の液胞 - その機能と応用 -
    大隅良典、安楽泰宏、北本勝ひこ
    醸造協会誌、80、11〜16 (1985)

学術論文

  • Molecular dissection of SO (SOFT) protein in stress-induced aggregation and cell-to-cell interactive functions in filamentous fungal multicellularity.
    Tsukasaki W, Saeki K, Katayama T, Maruyama J, Kitamoto K., Fungal Biol., 120, 775-782 (2016)
  • Development of a genome editing technique using the CRISPR/Cas9 system in the industrial filamentous fungus Aspergillus oryzae.
    Katayama T, Tanaka Y, Okabe T, Nakamura H, Fujii W, Kitamoto K, Maruyama J., Biotechnol Lett., 38, 637-642 (2016)
  • AoRim15 is involved in conidial stress tolerance, conidiation and sclerotia formation in the filamentous fungus Aspergillus oryzae.
    Nakamura H, Kikuma T, Jin FJ, Maruyama J, Kitamoto K., J Biosci Bioeng., 121, 365-371 (2016)
  • Functional analysis of AoAtg11 in selective autophagy in the filamentous fungus Aspergillus oryzae.
    Tadokoro T, Kikuma T, Kitamoto K., Fungal Biol. , 119, 560-567 (2015)
  • Modulating endoplasmic reticulum-Golgi cargo receptors for improving secretion of carrier-fused heterologous proteins in the filamentous fungus Aspergillus oryzae
    H. D. Hoang, J. Maruyama, K. Kitamoto, Appl Environ Microbiol. 81, 533-543 (2015)
  • The GH26 β-mannanase RsMan26H from a symbiotic protist of the termite Reticulitermes speratus is an endo-processive mannobiohydrolase: Heterologous expression and characterization
    H. Tsukagoshi, A. Nakamura, T. Ishida, M. Otagiri, S. Moriya, M. Samejima, K. Igarashi, K. Kitamoto, M. Arioka, Biochem. Biophys. Res. Commun., 452, 520-525 (2014)
  • Structural and biochemical analyses of glycoside hydrolase family 26β-mannanase from a symbiotic protist of the termite Reticulitermes speratus
    H. Tsukagoshi, A. Nakamura, T. Ishida, K.K. Touhara, M. Otagiri, S. Moriya, M. Samejima, K. Igarashi, S. Fushinobu, K. Kitamoto, M. Arioka, J. Biol. Chem., 289, 10843-10852 (2014)
  • A large non-conserved region of the tethering protein Leashin is involved in regulating the position, movement and function of Woronin bodies in Aspergillus oryzae
    P. Han, F. J. Jin, J. Maruyama, K. Kitamoto, Eukaryot. Cell, 13, 866-877 (2014)
  • Aspergillus oryzae CsyB catalyzes the condensation of two β-ketoacyl-CoAs to form 3-acetyl-6-alkyl-α-pyrone
    M. Hashimoto1, T. Koen, H. Takahashi, C, Suda, K. Kitamoto, I. Fujii, J. Biol. Chem., 289, 19976-19984 (2014)
  • Efficient formation of heterokaryotic sclerotia in the filamentous fungus Aspergillus oryzae R. Wada, F. J. Jin, Y. Koyama, J. Maruyama, K. Kitamoto, Appl. Microbiol. Biotechnol., 98, 325-334 (2014)
  • Establishment of a new method to quantitatively evaluate hyphal fusion ability in Aspergillus oryzae
    W. Tsukasaki, J. Maruyama, K. Kitamoto, Biosci. Biotechnol. Biochem., 78, 1254-1262 (2014)
  • A novel glucose-tolerant β-glucosidase from the salivary gland of the termite Nasutitermes takasagoensis
    C. A. Uchima, G.Tokuda, H. Watanabe, K. Kitamoto, M. Arioka, J. Gen. Appl. Microbiol., 59, 141-145 (2013)
  • Identification of Csypyrone B2 and B3 as the minor products of Aspergillus oryzae type III polyketide synthase CsyB
    M. Hashimoto, Y. Seshime, K. Kitamoto, N. Uchiyama, Y. Goda, I. Fujii, Bioorg. Med. Chem. Lett., 23, 5637-5640 (2013)
  • Aspergillus oryzae type Ⅲ polyketide synthase CsyB uses a fatty acyl starter for the biosynthesis of csypyrone B compounds
    M. Hashimoto, S. Ishida, Y. Seshime, K. Kitamoto, I. Fujii, Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, 23, 5637–5640 (2013)
  • Further enhanced production of heterologous proteins by double-gene disruption (ΔAosedD ΔAovps10) in a hyper-producing mutant of Aspergillus oryzae
    L. Zhu, J. Maruyama, K. Kitamoto, Appl. Microbiol. Biotechnol., 97, 6347-6357 (2013)
  • Heterologous expression and characterization of a glycoside hydrolase family 45 endo-β-1,4-glucanase from a symbiotic protist of the lower termite, Reticulitermes speratus
    M. Otagiri, C. M. Lopez, K. Kitamoto, M. Arioka, T. Kudo, S. Moriya, Appl. Biochem. Biotechnol., 169, 1910-1918 (2013)
  • Functional analysis of Abp1p-interacting proteins involved in endocytosis of the MCC component in Aspergillus oryzae
    K. Matsuo, Y. Higuchi, T. Kikuma, M. Arioka, K. Kitamoto, Fungal Genet. Biol., 56, 125-134 (2013)
  • Functional analysis of Aoatg1 and detection of the Cvt pathway in Aspergillus oryzae
    S. Yanagisawa, T. Kikuma, K. Kitamoto, FEMS Microbiol. Lett., 338, 168-176 (2013)
  • Enhanced production of bovine chymosin by autophagy deficiency in the filamentous fungus Aspergillus oryzae
    J. Yoon, T. Kikuma, J. Maruyama, K. Kitamoto, PLoS ONE, 8(4):e62512 (2013)
  • Aspergillus oryzae AoSO is a novel component of stress granules upon heat stress in filamentous fungi
    H.-T. Huang, J. Maruyama, K. Kitamoto, PLoS ONE, 8, e72209 (2013)
  • Heterologous expression in Pichia pastoris and characterization of an endogenous thermostable and high-glucose-tolerant-glucosidase from the termite Nasutitermes takasagoensis
    C. A. Uchima, G. Tokuda, H. Watanabe, K. Kitamoto, M. Arioka, Appl. Environ. Microbiol., 78, 4288-4293 (2012)
  • Presence and functionality of mating-type genes in the supposedly asexual filamentous fungus Aspergillus oryzae
    R. Wada, J. Maruyama, H. Yamaguchi, N. Yamamoto, Y. Wagu, M. Paoletti, D. B. Archer, P. S. Dyer, K. Kitamoto, Appl. Environ. Microbiol., 78, 2819-2829 (2012)
  • Hyphal heterogeneity in Aspergillus oryzae is the result of dynamic closure of septa by Woronin bodies
    R. J. Bleichrodt, G. J. van Veluw, B. Recter, J. Maruyama, K. Kitamoto, H. A. Wösten, Mol Microbiol., 86, 1334-1344 (2012)
  • Improved heterologous protein production by a tripeptidyl peptidase gene (AosedD) disruptant of the filamentous fungus Aspergillus oryzae
    L. Zhu, T. Nemoto, J. Yoon, J. Maruyama, K. Kitamoto, J. Gen. Appl. Microbiol., 58, 199-209 (2012)
  • Disruption of ten protease genes in the filamentous fungus Aspergillus oryzae highly improves production of heterologous proteins
    J. Yoon, J. Maruyama, K. Kitamoto, Appl. Microbiol. Biotechnol., 89, 747-759 (2011)
  • High-throughput recombinant gene expression systems in Pichia pastoris using newly developed plasmid vectors
    T. Sasagawa, M. Matsui, Y. Kobayashi, M. Odagiri, S. Moriya, Y. Sakamoto, Y. Ito, C. C. Lee, K. Kitamoto, M. Arioka, Plasmid, 65, 65-69 (2011)
  • Functional analysis and subcellular location of two flavohemoglobins from Aspergillus oryzae
    S. Zhou, S. Fushinobu, S.W. Kim, Z. Zhou,Y. Nakanishi, J. Maruyama, K. Kitamoto, T. Wakagi, H. Shoun, Fungal Genet. Biol., 48, 200-207 (2011)
  • SclR, a basic helix-loop-helix transcription factor, regulates hyphal morphology and promotes sclerotial formation in Aspergillus oryzae
    F. J. Jin, T. Takahashi, K. Matsushima, S. Hara, Y. Shinohara, J. Maruyama, K. Kitamoto, Y. Koyama , Eukaryot. Cell, 10, 945-955 (2011)
  • Peroxisomes are involved in biotin biosynthesis in Aspergillus and Arabidopsis
    Y. Tanabe, J. Maruyama, S. Yamaoka, D. Yahagi, I. Matsuo, N. Tsutsumi, K. Kitamoto, J. Biol. Chem., 286, 30455-30461 (2011)
  • Genetic safeguard against mycotoxin cyclopiazonic acid production in Aspergillus oryzae
    N. Kato, M. Tokuoka, Y. Shinohara, M. Kawatani, M. Uramoto, Y. Seshime, I. Fujii, K. Kitamoto, T. Takahashi, S. Takahashi, Y. Koyama, H. Osada, Chembiochem., 12, 1376-1382 (2011)
  • Analysis of autophagy in Aspergillus oryzae by disruption of Aoatg13, Aoatg4, and Aoatg15 genes
    T. Kikuma, K. Kitamoto, FEMS Microbiol. Lett., 316, 61-69 (2011)
  • Autophagy delivers misfolded secretory proteins accumulated in endoplasmic reticulum to vacuoles in the filamentous fungus Aspergillus oryzae
    S. Kimura, J. Maruyama, T. Kikuma, M. Arioka, K. Kitamoto, Biochem. Biophys. Res. Commun., 406, 464-470 (2011)
  • Septum-directed secretion in the filamentous fungus Aspergillus oryzae
    Y. Hayakawa, E. Ishikawa, J. Shoji, H. Nakano, K. Kitamoto , Mol. Microbiol., 81, 40-55 (2011)
  • A carrier fusion significantly induces unfolded protein response in heterologous protein production by Aspergillus oryzae
    A. Ohno, J. Maruyama, T. Nemoto, M. Arioka, K. Kitamoto , Appl. Microbiol. Biotechnol., 92, 1197-1206 (2011)
  • Functional analysis of the putative AAA ATPase AipA localizing at the endocytic sites in the filamentous fungus Aspergillus oryzae
    Y. Higuchi, M. Arioka, K. Kitamoto, FEMS Microbiol. Lett., 320, 63-71 (2011)
  • Whole-Genome Sequencing of Sake Yeast Saccharomyces cerevisiae Kyokai no. 7
    T. Akao, I. Yashiro, A. Hosoyama, H. Kitagaki, H. Horikawa, D. Watanabe, R. Akada, Y. Ando, S. Harashima, T. Inoue, Y. Inoue, S. Kajiwara, K. Kitamoto, N. Kitamoto, O. Kobayashi, S. Kuhara, T. Masubuchi, H. Mizoguchi, Y. Nakao, A. Nakazato, M. Namise, T. Oba, T. Ogata, A. Ohta, M. Sato, S. Shibasaki, Y. Takatsume, S. Tanimoto, H. Tsuboi, A. Nishimura, K. Yoda, T. Ishikawa, K. Iwashita, N. Fujita, H. Shimoi , DNA Res., 18, 423-434 (2011)
  • Functional analysis and subcellular location of two flavohemoglobins from Aspergillus oryzae.
    S. Zhou, S. Fushinobu, S.W. Kim, Z. Zhou,Y. Nakanishi, J. Maruyama, K. Kitamoto, T. Wakagi, H. Shoun , Fungal Genet. Biol., 48, 200-207 (2011)

著書

  • 和食とうま味のミステリー 国産麹菌オリゼがつむぐ千年の物語、
    北本勝ひこ
    河出書房新社(2016)
  • Stress responses of koji mold cells with highly polarized and multicellular morphology
    J. Maruyama, K. Kitamoto,
    Stress Biology of Yeasts and Fungi: Application for Industrial Brewing and Fermentation, H. Takagi, H. Kitagaki (Eds.), Springer, 169-184 (2015)
  • 発酵・醸造食品の最前線
    北本勝ひこ
    監修 シーエムシー出版 (2015) 
  • 麹菌 における接合型遺伝子の存在と有性生殖の可能性
    丸山潤一 、北本勝ひこ(分担執筆)、
    発酵・醸造食品の最前線、シーエムシー出版、27〜36(2015)
  • 麹菌におけるオートファジーの生理的役割
    菊間隆志、北本勝ひこ(分担執筆)
    発酵・醸造食品の最前線、シーエムシー出版、73〜80(2015)
  • 日本酒
    北本勝ひこ
    菌類の生物学―分類・系統・生態・環境・利用― (柿嶌 眞・徳増 征二 編)共立出版、410〜413(2014)
  • Breeding research on sake yeasts in Japan: history, recent technological advances, and future perspectives
    H. Kitagaki, K. Kitamoto, Annu. Rev. Food Sci. Technol. 4, 215-235 (2013)
  • 青春の一冊、進取の学問へのいざない(「ソロモンの指輪」コンラート・ローレンツ著)
    北本勝ひこ
    東大教師 青春の一冊 東京大学新聞社編 信山社、96〜98(2013)
  • 21世紀のバイオサイエンス 実験農芸化学
    北本勝ひこ、妹尾啓史、丸山潤一、黒岩まゆみ 編著
    朝倉書店 (2013)
  • 増補 醸造物の機能性
    北本勝ひこ
    編著 日本醸造協会 (2013) 
  • 麹菌の分子生物学へ
    北本勝ひこ
    生物工学よもやま話(日本生物工学会編)学進出版、195〜199(2013)
  • 麹菌の分子育種のための新規宿主・ベクター系
    丸山潤一、北本勝ひこ
    改訂版 分子麹菌学、日本醸造協会、22〜29(2012)
  • 改訂版 分子麹菌学
    北本勝ひこ 編著
    公益財団法人日本醸造協会 (2012)
  • 有用タンパク質生産のための麹菌セルファクトリー(細胞工場)の開発
    合成微生物工学の隆起 -有用物質生産の新たな生産法構築をめざして-
    北本勝ひこ
    シーエムシー出版、26〜33(2012)
  • 麹菌も光に応答する
    畠山理広、北本勝ひこ
    改訂版 分子麹菌学、日本醸造協会、226〜232(2012)
  • 麴菌にも有性世代がある?-ゲノム解析から明らかになったこと-
    山本七瀬、北本勝ひこ
    改訂版 分子麹菌学、日本醸造協会、217〜225(2012)
  • GFPを用いた麹菌のオルガネラの可視化とオートファジー
    菊間隆志、丸山潤一、北本勝ひこ
    改訂版 分子麹菌学、日本醸造協会、131〜143(2012)
  • Targeted gene disruption in koji mold Aspergillus oryzae
  • J. Maruyama, K. Kitamoto,
    Strain engineering Methods and protocols, Edited by J. A. Williams. Humana Press, 447-456 (2011)
  • こうじ菌の科学、 醗酵の恵みを味わいながら
    北本勝ひこ
    東京大学新聞年鑑2010-11「東大は主張する」東京大学新聞社編、(株)シーズランニング、93(2011)
  • 発酵・醸造食品の最新技術と機能性Ⅱ
    北本勝ひこ
    監修、シーエムシー出版 (2011)
  • 麹菌のタンパク質分泌経路とエンドサイトーシス
    樋口裕次郎、北本勝ひこ
    発酵・醸造食品の最新技術と機能性Ⅱ、シーエムシー出版、78〜85(2011)
  • 有用タンパク質生産のための麹菌の育種
    尹 載宇、北本勝ひこ
    発酵・醸造食品の最新技術と機能性Ⅱ、シーエムシー出版、233〜239(2011)
  • タンパク質工場としての麹菌の利用
    北本勝ひこ(分担執筆)
    微生物によるものづくり 化学法に代わるホワイトバイオテクノロジーの全て シーエムシー出版、15〜23(2008)
  • 有用なカビの性質とその利用
    北本勝ひこ(分担執筆)
    (株)光琳「食品と微生物」33〜44(2008)
  • 醸造物の機能性
    北本勝ひこ編著
    醸造協会(2007)
  • 生化学事典 第4版
    北本勝ひこ((分担執筆))
    東京化学同人(2007)
  • 応用微生物学
    北本勝ひこ((分担執筆))
    文永堂出版、282〜297(2006)
  • 発酵醸造食品の最新技術と機能性
    北本勝ひこ 監修
    シーエムシー出版(2006)
  • 麹菌の分子育種のための新規宿主・ベクター系
    北本勝ひこ・丸山潤一(分担執筆)
    シーエムシー出版、95〜103(2006)
  • 麹菌のオルガネラの可視化
    北本勝ひこ・丸山潤一(分担執筆)
    シーエムシー出版、166〜178(2006)
  • 実験化学講座-29- バイオテクノロジーの基本技術
    北本勝ひこ(分担執筆)
    日本化学会編、丸善(株)、177〜184(2006)
  • 菌類・細菌・ウイルスの多様性と系統
    北本勝ひこ(分担執筆)
    杉山純多 編、裳華房、101〜110(2005)
  • 醸造にかかわる難培養・複合系微生物
    北垣浩志,北本勝ひこ(分担執筆)
    シーエムシー出版、255〜265(2004)
  • バイオテクノロジーのための基礎分子生物学 
    大嶋泰治・北本勝ひこ・原島俊・宮川都吉 編著
    化学同人(2004)
  • 分子麹菌学
    北本勝ひこ 編著
    醸造協会 (2003)
  • 農芸化学の事典 (鈴木 昭憲・荒井 綜一【編】)
    北本勝ひこ(分担執筆)
    朝倉書店 (2003)
  • Molecular Biology of the Koji Molds
    K. Kitamoto
    Adv. Appl. Microbiol., 51, 129-153 (2002)
  • 日本酒をめぐる最近の話題 –今、日本酒がいちばん美味しい-
    北本勝ひこ、
    東京大学新聞年鑑2001「東大は主張する」東京大学新聞社編、(株)シーズランニング、162〜163(2002)
  • 食料の百科事典
    北本勝ひこ(分担執筆)
    丸善(2001)
  • 発酵ハンドブック
    北本勝ひこ(分担執筆)
    (財)バイオインダストリー協会 発酵と代謝研究会編 共立出版(2001)
  • 「丸善食品総合辞典」
    北本勝ひこ(分担執筆)
    丸善(株)、編集(五十嵐、小林、田村)(1998)
  • 食品製造流通データ集
    北本勝ひこ(分担執筆)
    産業調査会事典出版センター(1998)
  • ウレア非生産性清酒酵母の育種と清酒醸造
    北本勝ひこ
    「酵母からのチャレンジ」技法堂、田村學造、野白喜久雄、秋山裕一、小泉武夫編, 200〜208(1997)
  • 醸造・発酵食品における微生物バイオテクノロジーの研究動向
    北本勝ひこ
    「食品微生物バイオテクノロジー」農林水産技術会議編、191〜193(1993)
  • Sake
    K. Kitamto,
    Encyclopaedia of Food Science Food Technology and Nutrition, Academic Press ,
    3958-3962 (1993)
  • 醸造特性を保った変異法
    北本勝ひこ
    「清酒酵母の研究」 清酒酵母研究会 編 76〜79(1992)
  • 清酒醸造における酵母液胞の機能
    北本勝ひこ
    「清酒酵母の研究」 清酒酵母研究会 編 155〜163(1992)
  • 尿素非生産性清酒酵母の育種
    小田佳緒子、北本勝ひこ
    「清酒酵母の研究」 清酒酵母研究会 編 206〜212(1992)
  • 顕微鏡観察ミクロマニュピレーター
    北本勝ひこ
    新生化学実験講座17「微生物実験法」東京化学同人、92、96(1992)
  • New developments in fermented beverages and foods with Aspergillus S. Hara,K. Kitamoto, K. Gomi
    Butterworth-Heinemann, Edited by J. W. Bennett and M. A. Klich p133-153, (1992)
  • 遺伝子破壊による清酒酵母の変異株の造成
    北本勝ひこ
    バイオ研究データブック 酵母編 (株)医学出版センター、3〜7(1991)
  • 遺伝子破壊による醸造用酵母の育種
    北本勝ひこ、
    酵母研究技法の新展開 倉石編 (株)学会出版センター、209〜220(19
  • Genetic transfer applied to traditional sake brewing
    K. Kitamoto, K. Gomi, K. Goto, S. Hara
    Biotechnol. Genetic Engin. Reviews, 9, 89-125 (1991)
  • Saccharomyces cereviciae の液胞生理機能欠損変異株の単離とその性質
    北本勝ひこ
    「酵母のバイオテクノロジー」平野 正 編 (株)学会出版センター、93〜102、(1988)

社会活動

「日本酒で乾杯推進会議」100人委員会(委員)、糸状菌遺伝子研究会(会長)、日本農芸化学会(フェロー)、日本醸造学会(幹事)、日本醸造協会(理事)、発酵研究所(評議員)、野田産業科学研究所(評議員)、発酵と代謝研究会(名誉会長)

受賞歴

  • 日本醸造協会伊藤保平賞(1994年) 「ウレア非生産性清酒酵母の育種に関する研究」
  • 日本醸造学会特別賞(2007年) 「麹菌のゲノム解析」
  • 飯島食品科学賞(2008年) 「穀物加工に使用される麹菌の分子生物学的研究」
  • 日本農芸化学会功績賞(2011年) 「麹菌の細胞生物学的解析と応用に関する研究」