教員プロフィール

高城 徳子

高城 徳子 講師

高城 徳子 講師

がんばれ受験生諸君!

みなさん、薬学部への入学は薬剤師への第一関門。薬剤師になるという目標に向かって、まずは合格を目指して頑張って下さい。みなさんに会える日を楽しみにしています。私は現在、脂質を酸化する酵素の一つであるリポキシゲナーゼの反応で産生される反応産物の解析と、その作用について研究しています。

学術論文

  • Takajo T, Tsuchida K, Ueno K, Koshiishi I.: Feedback activation of ferrous 5-lipoxygenase during leukotriene synthesis by coexisting linoleic acid. J. Lipid Res. 48, 1371 - 1377, (2007).
  • Koshiishi, I., Takajo, T. and Tsuchida, K.: Regulation of S-thiolation and S-nitrosylation in the thiol/nitric oxide system by radical scavengers. Nitric Oxide, 16, 356 – 361 (2007).
  • Takajo, T., Tsuchida, K., Murahashi, T., Ueno, K. and Koshiishi, I.: Intramolecular rearrangement of linolenate peroxyl radicals in lipoxygenase reactions at lower oxygen content. J. Lipid Res., 48, 855 - 862 (2007).
  • Koshiishi, I., Tsuchida, K., Takajo, T. and Komatsu, M.: Radical scavenger can scavenge lipid allyl radicals complexed with lipoxygenase at lower oxygen content. Biochem. J., 395 303 - 309 (2006).
  • Koshiishi, I., Tsuchida, K., Takajo, T. and Komatsu, M.: Quantification of lipid alkyl radicals trapped with nitroxyl radical via HPLC with post-column thermal decomposition.J. Lipid Res., 46, 2506 - 2513 (2005).
  • Takeshita, K., Takajo, T., Hirata, H., Ono, M., and Utsumi, H.: In vivo oxygen radical generation in the skin of the protoporphyria model mouse with visible light exposure: an L-band ESR study. J. Invest. Dermatol., 122, 1463 - 1470 (2004).

海外および国際学会発表

  • Koshiishi, I., Takajo, T. and Tsuchida, K.: Fatty acid allyl radical on the lipoxygenase is a possible target molecule for developing cytoprotectant in ischemia reperfusion injury. Biomarkers of Oxidative Stress in Health and Disease(BOSHD), January, Osaka, Japan (2008).

国内学会発表

  • 輿石一郎,高城徳子,土田和徳,三谷紘明:ヘアレスマウス皮膚繊維化進展機構の解明.日本薬学会128年会,3月,横浜 (2008).
  • 土田和徳,高城徳子,上野光一,輿石一郎:カラムスイッチングセミミクロHPLCによるリポキシゲナーゼ不活性化剤スクリーニング系の構築.日本薬学会128年会口頭発表,3月,横浜 (2008).
  • 土田和徳,高城徳子,上野光一,輿石一郎:ラジカル捕捉剤は動脈硬化および虚血再灌流障害の誘導を如何に抑制するか!日本薬学会128年会ハイライトポスター発表,3月,横浜 (2008).
  • 高城徳子,土田和徳,上野光一,輿石一郎:一酸化窒素によるロイコトリエン産生抑制機構.日本薬学会128年会口頭発表,3月,横浜 (2008).
  • 高城徳子,古川由希子,土田和徳,橋本雅代,上野光一,輿石一郎:低酸素下におけるリポキシゲナーゼ反応産物の構造多様性に関する研究.日本薬学会127年会,3月,富山 (2007).
  • 高城徳子,荻原昌美,土田和徳,橋本雅代,上野光一,輿石一郎:リポキシゲナーゼのリポハイドロパーオキシダーゼ反応における基質特異性に関する研究.日本薬学会127年会,3月,富山(2007).
  • 高城徳子,大出訓子,土田和徳,上野光一,輿石一郎:一酸化窒素によるリポキシゲナーゼ上脂質アリルラジカルのスカベンジ作用について.日本薬学会127年会,3月,富山 (2007).
  • 高城徳子,上野聡美,土田和徳,上野光一,輿石一郎:高脂血症治療剤プロブコールによるリポキシゲナーゼ阻害作用に関する研究.日本薬学会127年会,3月,富山 (2007).
  • 宮川紘,高城徳子,土田和徳,輿石一郎:一酸化窒素誘導ジスルフィド産生のラジカルスカベンジャーによる制御系の構築.日本薬学会127年会,3月,富山 (2007).
  • 関根貞茂,高城徳子,土田和徳,輿石一郎:S-ニトロソ基の光分解によるジスルフィド産生に関する研究.日本薬学会127年会,3月,富山 (2007).
  • 土田和徳,蓑田俊,大橋怜,高城徳子,輿石一郎:肝再生に伴うコンドロイチン/デルマタン硫酸鎖の産生評価.日本薬学会127年会,3月,富山 (2007).
  • 土田和徳,高城徳子,小松真紀子,輿石一郎: 嫌気下リポキシゲナーゼ-脂質ラジカル複合体を標的としたラジカル捕捉反応について.日本薬学会126年会,3月,仙台 (2006).
  • 土田和徳,高城徳子,小松真紀子,輿石一郎: 生体マトリックスにおけるリポキシゲナーゼ-脂質ラジカル複合体の産生評価.日本薬学会126年会,3月,仙台 (2006).
  • 高城徳子,土田和徳,小松真紀子,輿石一郎: LC/MS/MS-プレカーサーイオンスキャニング法による脂質ラジカルの網羅的解析.日本薬学会126年会,3月,仙台 (2006).
  • 土田和徳,高城徳子,小松真紀子,輿石一郎: 脂質由来炭素中心ラジカル産生の定量的評価.第18回バイオメディカル分析科学シンポジウム,8月,静岡 (2005).

その他

  • 土田和徳,高城徳子,上野光一,輿石一郎:科学新聞,3月21日号(2008)
  • 土田和徳,高城徳子,上野光一,輿石一郎:日本薬学会128年会ハイライト選出(2008)