教員プロフィール

土田 和徳

土田 和徳 准教授

土田 和徳 講師

コンドロイチン硫酸を研究しています。

糖(炭水化物)はエネルギー源としてよく知られています。一方で、生体内で「情報分子」として働くものもあります。当研究室では、「情報分子」糖鎖のうち、コンドロイチン硫酸に注目しています。コンドロイチン硫酸は、関節で潤滑油のように働いたり、組織の再生に関与することが知られています。その一方、コンドロイチン硫酸には、重篤な副作用が報告されるなど、未解明の部分もあります。私は当研究室の先生方や卒業研究生と共に、コンドロイチン硫酸の生物機能を解明し、再生医療の手助けとなるような糖鎖製剤の開発を目指しています。

略歴

  • 博士(薬学)。 京都産業大学工学部生物工学科卒、神戸薬科大学大学院博士課程修了、スウェーデンUppsala大学BiomedicalCentre留学。特別契約研究員(神戸薬科大学)、研究員(日本製薬 東京研究所)を経て現職。

総説

  • 土田和徳、北川裕之、菅原一幸 グリコサミノグリカンの糖鎖骨格の生合成 蛋白質核酸酵素 43巻16号 2594 – 2601 (1998)

学術論文

  • Takajo, T., Tsuchida, K., Yokota, A., Koshiishi, I.: Trapping of fatty acid allyl radicals generated in lipoxygenase reactions in biological fluids by nitroxyl radical. Biomed. Chromatogr. 24, 794 - 797 (2010)
  • Takajo, T., Tsuchida, K., Ueno, K., Koshiishi, I.: Feedback activation of ferrous 5-lipoxygenase during leukotriene synthesis by coexisting linoleic acid. J. Lipid Res. 48, 1371 - 1377, (2007).
  • Koshiishi, I., Takajo, T. and Tsuchida, K.: Regulation of S-thiolation and S-nitrosylation in the thiol/nitric oxide system by radical scavengers. Nitric Oxide, 16, 356 - 361 (2007).
  • Takajo, T., Tsuchida, K., Murahashi, T., Ueno, K. and Koshiishi, I.: Intramolecular rearrangement of linolenate peroxyl radicals in lipoxygenase reactions at lower oxygen content. J. Lipid Res., 48, 855 - 862 (2007).
  • Koshiishi, I., Tsuchida, K., Takajo, T. and Komatsu, M.: Radical scavenger can scavenge lipid allyl radicals complexed with lipoxygenase at lower oxygen content. Biochem. J., 395,303 - 309 (2006).
  • Koshiishi, I., Tsuchida, K., Takajo, T. and Komatsu, M.: Quantification of lipid alkyl radicals trapped with nitroxyl radical via HPLC with post-column thermal decomposition. J. Lipid Res., 46, 2506 - 2513 (2005).
  • Kim, B.T., Tsuchida, K., Lincecum, J., Kitagawa, H., Bernfield, M., Sugahara, K.: Identification and characterization of three Drosophila melanogaster glucuronyltransferases responsible for the synthesis of the conserved glycosaminoglycan-protein linkage region of proteoglycans. Two novel homologs exhibit broad specificity toward oligosaccharides from proteoglycans, glycoproteins, and glycosphingolipids. J. Biol. Chem. 278, 9116 - 9124 (2003)
  • Tsuchida, K., Shioi, J., Yamada, S., Boghosian, G., Wu, A., Cai, H., Sugahara, K., Robakis, N.K.:
    Appican, the proteoglycan form of the amyloid precursor protein, contains chondroitin sulfate E in the repeating disaccharide region and 4-O-sulfated galactose in the linkage region. J. Biol. Chem. 276, 37155 - 37160 (2001)
  • Tamura, J., Urashima, H., Tsuchida, K., Kitagawa, H., Sugahara, K.: Synthesis of linear-type chondroitin clusters having a C8 spacer between disaccharide moieties and enzymatic transfer of D-glucuronic acid to the artificial glycans. Carbohydr. Res. 332, 41 - 51 (2001)
  • Pedersen. L.C., Tsuchida, K., Kitagawa, H., Sugahara, K., Darden, T.A., Negishi, M.: Heparan/chondroitin sulfate biosynthesis. Structure and mechanism of human glucuronyltransferase I. J. Biol. Chem. 275, 34580 - 34585 (2000)
  • Tsuchida, K., Lind, T., Kitagawa, H., Lindahl, U., Sugahara, K., Lidholt, K.: Purification and characterization of fetal bovine serum b-N-acetyl- D-galactosaminyltransferase and b-D-glucuronyltransferase involved in chondroitin sulfate biosynthesis. Eur. J. Biochem. 264, 461 - 467 (1999)
  • Kitagawa, H., Tanaka, Y., Tsuchida, K., Goto, F., Ogawa, T., Lidholt, K., Lindahl, U., Sugahara, K.: N-acetylgalactosamine (GalNAc) transfer to the common carbohydrate-protein linkage region of sulfated glycosaminoglycans. Identification of UDP-GalNAc:chondro-oligosaccharide alpha-N-acetyl- galactosaminyltransferase in fetal bovine serum. J. Biol. Chem. 270, 22190 - 22195 (1995)
  • Kitagawa, H., Tsuchida, K., Ujikawa, M., Sugahara, K.: Detection and characterization of UDP-GalNAc: chondroitin N-acetylgalactosaminyltransferase in bovine serum using a simple assay method. J. Biochem. 117, 1083 - 1087(1995).

海外および国際学会発表

  • Koshiishi, I., Takajo, T. and Tsuchida, K.: Fatty acid allyl radical on the lipoxygenase is a possible target molecule for developing cytoprotectant in ischemia reperfusion injury. Biomarkers of Oxidative Stress in Health and Disease(BOSHD), January, Osaka, Japan (2008).
  • Yamada, S., Umehara, Y., Tsuchida, K., Nishimura, S., Shioi, J., K. Robakis, N. K., and Sugahara, K.: Chondroitin sulfate chain of Appican, the proteoglycan form of Amyloid Precursor Protein , contains highly sulfated disaccharide units and specifically interacts with Heparin-binding Neuroregulatory Factors . 2nd Pharmaceutical Sciences World Congress, May, Kyoto, Japan (2004).
  • Tsuchida, K., Lind, T., Kitagawa, H., Lindahl, U., Sugahara, K. and Lidoholt, K.:Purification and characterization of fetal bovine serum b-N-acetyl-D-galactosaminyltransferase and b-D-glucuronyltransferse involved in chondroitin sulfate biosynthesis.GLYCO XV: International Symposium on Glycoconjugates ,Tokyo, Japan (1999).

国内学会発表

  • 土田和徳,坂本麻衣,髙城徳子,糸数七重,雨谷栄,安西和紀:ORAC測定法検討と漢方成分の抗酸化評価 日本薬学会131年会,3月,静岡 (2011).
  • 輿石一郎,高城徳子,土田和徳,三谷紘明:ヘアレスマウス皮膚繊維化進展機構の解明.日本薬学会128年会,3月,横浜 (2008).
  • 土田和徳,高城徳子,上野光一,輿石一郎:カラムスイッチングセミミクロHPLCによるリポキシゲナーゼ不活性化剤スクリーニング系の構築.日本薬学会128年会口頭発表,3月,横浜 (2008).
  • 土田和徳,高城徳子,上野光一,輿石一郎:ラジカル捕捉剤は動脈硬化および虚血再灌流障害の誘導を如何に抑制するか!日本薬学会128年会ハイライトポスター発表,3月,横浜 (2008).
  • 高城徳子,土田和徳,上野光一,輿石一郎:一酸化窒素によるロイコトリエン産生抑制機構.日本薬学会128年会口頭発表,3月,横浜 (2008).
  • 高城徳子,古川由希子,土田和徳,橋本雅代,上野光一,輿石一郎:低酸素下におけるリポキシゲナーゼ反応産物の構造多様性に関する研究.日本薬学会127年会,3月,富山 (2007).
  • 高城徳子,荻原昌美,土田和徳,橋本雅代,上野光一,輿石一郎:リポキシゲナーゼのリポハイドロパーオキシダーゼ反応における基質特異性に関する研究.日本薬学会127年会,3月,富山(2007).
  • 高城徳子,大出訓子,土田和徳,上野光一,輿石一郎:一酸化窒素によるリポキシゲナーゼ上脂質アリルラジカルのスカベンジ作用について.日本薬学会127年会,3月,富山 (2007).
  • 高城徳子,上野聡美,土田和徳,上野光一,輿石一郎:高脂血症治療剤プロブコールによるリポキシゲナーゼ阻害作用に関する研究.日本薬学会127年会,3月,富山 (2007).
  • 宮川紘,高城徳子,土田和徳,輿石一郎:一酸化窒素誘導ジスルフィド産生のラジカルスカベンジャーによる制御系の構築.日本薬学会127年会,3月,富山 (2007).
  • 関根貞茂,高城徳子,土田和徳,輿石一郎:S-ニトロソ基の光分解によるジスルフィド産生に関する研究.日本薬学会127年会,3月,富山 (2007).
  • 土田和徳,蓑田俊,大橋怜,高城徳子,輿石一郎:肝再生に伴うコンドロイチン/デルマタン硫酸鎖の産生評価.日本薬学会127年会,3月,富山 (2007).
  • 土田和徳,高城徳子,小松真紀子,輿石一郎: 嫌気下リポキシゲナーゼ-脂質ラジカル複合体を標的としたラジカル捕捉反応について.日本薬学会126年会,3月,仙台 (2006).
  • 土田和徳,高城徳子,小松真紀子,輿石一郎: 生体マトリックスにおけるリポキシゲナーゼ-脂質ラジカル複合体の産生評価.日本薬学会126年会,3月,仙台 (2006).
  • 高城徳子,土田和徳,小松真紀子,輿石一郎: LC/MS/MS-プレカーサーイオンスキャニング法による脂質ラジカルの網羅的解析.日本薬学会126年会,3月,仙台 (2006).
  • 土田和徳,高城徳子,小松真紀子,輿石一郎: 脂質由来炭素中心ラジカル産生の定量的評価.第18回バイオメディカル分析科学シンポジウム,8月,静岡 (2005).
  • 高橋 啓,大原関利章,山田仁美,三浦典子,大野尚仁,土田和徳,金城義明,村山研,大川原明子,鈴木和男:ヒト免疫グロブリン静脈内投与による血管炎抑制効果の病理組織学的検討 第33回日本免疫学会, 12月, 福岡 (2003)
  • Byung-Teak Kim, Kazunori Tsuchida, John Lincecum, Hiroshi Kitagawa, Merton Bernfield, Kazuyuki Sugahara  Expression and characterization of three distinct Drosophila β1,3-glucuronyltransferases involved in the synthesis of the proteoglycan linkage region tetrasaccharide第23回日本糖質学会, 8月, 横浜 (2002)
  • 田村純一,浦島洋文,土田和徳,藤田昌紀,北川裕之,菅原一幸 コンドロイチン硫酸疑似オリゴ糖クラスターの合成 2000年日本農芸化学会 4月,東京,(2000)
  • 土田和徳、高橋優子、山田修平、Junichi Shioi, Nikolaos K. Robakis, 菅原一幸 アルツハイマー病関連アミロイド前駆体蛋白質(APP)のプロテオグリカン型であるアピカンはそのグリコサミノグリカン鎖にGlcA-GalNAc(4,6-disulfate)構造[E-unit]を含む日本薬学会第120年会 3月,岐阜 (2000)
  • 土田和徳, Thomas Lind, 北川裕之, Ulf Lindahl, 菅原一幸, Kerstin Lidoholt コンドロイチン硫酸の糖鎖重合に関与するGalNAc転移酵素Ⅱ及びGlcA転移酵素Ⅱの精製 第71回日本生化学会,10月,名古屋,(1998)
  • 北川裕之、田中由香子、土田和徳、 Kerstin Lidholt, Ulf Lindahl、後藤文孝、小川智也、菅原一幸 グリコサミノグリカン鎖の糖―タンパク質結合領域へのGalNAcの転移について:新しいα-GalNAc転移酵素の同定 第68回日本生化学会,9月,仙台 (1995)
  • 土田和徳、北川裕之、Kerstin Lidholt, Ulf Lindahl、後藤文孝、小川智也、菅原一幸 ウシ胎児血清中のコンドロイチン硫酸関連のGalNAc転移酵素の研究 第67回日本生化学会,9月,大阪 (1994)
  • 土田和徳、菅原一幸 UDP-GalNAc:コンドロイチン GalNAc転移酵素の簡易アッセイ法の確立 第41回日本生化学会近畿支部例会,5月,京都 (1994). 

研究費の受入状況

  • 2013~2015  科研費基盤C「機能性食品の抗酸化能評価法に関する基盤的研究」(分担)
  • 2012  日薬大学研助成「新奇a-GalNAcを解明する-ヘパリン/コンドロイチン硫酸合成の開始信号か?」
  • 2011  日薬大学研助成「低酸素において生じたタンパク質炭素中心ラジカルの網羅的解析」
  • 2002~2004  厚労科研費(官民共同)「感染症に関連した免疫異常の解析と新規制御物質の開発」(分担)

社会活動

  • 土田和徳,高城徳子,上野光一,輿石一郎 科学新聞,3月21日号 (2008)

特許

  • 特許公開 2005-73509, 審査請求(平18.6.14).発明の名称:ヒトアンチトロンビンの生産方法, 発明者:成田匡邦 土田和徳, 出願人:日本製薬株式会社

受賞歴

  • 土田和徳,高城徳子,上野光一,輿石一郎:日本薬学会128年会ハイライト選出(2008)

その他

  • 土田和徳、菅原一幸 共訳 ヘパリン関連多糖の新しい化学的、酵素的合成法 Trends in Glycoscience and Glycotechnology 12, 121 - 127 (2000)
  • 土田和徳、菅原一幸 共訳 ヘパリン関連多糖の生合成と分解に関与する酵素の研究 Trends in Glycoscience and Glycotechnology 11,303 - 308(1999)
  • 土田和徳、菅原一幸 共訳 ヘパラン硫酸の糖鎖伸長に関与する酵素の研究 Trends in Glycoscience and Glycotechnology 11,221 - 225(1999)