教員プロフィール

丁 宗鐵

丁 宗鐵 教授

丁 宗鐵 教授

日本のどこにもない生きた学識を学ぶ新しい薬科大学。

日本薬科大学の統合医療がめざしていることは、東西医学の融合だけではありません。薬学と医学、基礎と臨床、予防と治療など、医療のあらゆる分野で、統合された新しい薬学の確立が必要と考えています。時代の変化に対応して、卒業後も役立つ学識を備えた薬剤師を育成します。すでに出来上がった学問だけを学ぶのでなく、未来に向かって新しい日本の医療を創り上げるために、ともに成長し、勉強していく大学です。情熱あふれる若人をお待ちしています。

略歴

医学博士。横浜市立大学医学部卒業後、国立がんセンター研究所にて研修を受ける。
大学院修了後、北里大学研究所東洋医学総合研究所に入所し、診療医長、研究部門長等を歴任。この間米国NY、スローン・ケタリング癌研究所に客員研究員として留学。その後北里大学東洋医学研究所基礎研究部部長、研究部門長、臨床薬理副センター長を歴任後、東京大学大学院医学系研究科生体防御機能学講座客員助教授、東京女子医科大学先端生命医科学研究所特任教授を経て日本薬科大学教授に就任。2012年より日本薬科大学学長。現在に至る。

学術論文

  • Lagerstroemia speciosa extract inhibit TNF –induced activation of nuclear factor-kB in rat cardiomyocyte H9c2 cells Haruyo Ichikawa,Hisato Yagi,Takeshi Tanaka,Jong-Chol Cyong,Tomoh Masaki Journal of Ethnopharmacology 128(2010)254-256 2010
  • Asthma-related environmental fungus,Alternaria,activates dendritic cells and produces potent Th2 adjuvant activith.Kobayashi T,Iijima K,Radhakrishhan S,Mehta V,Vassallo R,Lawrence CB,Cyong JC,Pease LR,Pguchi K,Kita H.J Immunol.2009 Fed 15;182(4):2502-10.
  • Hitoshi NIINO, Kengo OBARA, Yuko SAGESAKA, Megumi SUZUKI, Nanae IIGAYA, Koji OGAWA, Masahiko HAYAHSI, Jong-Chol CYONG:Clinical effect and safety of oolongtea “ogonkei” for seasonal allergic rhino-conjunctivitis caused by pollen Jouenal of Traditional Medicines Vol.25,No.1,2008:10-17 2008
  • 鈴木めぐみ、船田真紀、高松求、忌部東洋、粟野いづみ、志田光正、東田外史、苗鉄軍、丁 宗鐵:疲労に対する茶飲料の有用性について 日本未病システム学会雑誌 Vol.13 No.2 2007 28-31
  • 丁 宗鐵、山本 慧、井上晃一、鳥居慎一:Itraconazole内用液の単回及び反復投与における薬物動態 日本化学療法学会雑誌 VOL.54 S-1 OCT.2006
  • Fujisawa M, Oguchi K, Yamaura T, Suzuki M, Cyong JC.Protective effect of hawthorn fruit on murine experimental colitis.Am J Chin Med. 2005;33(2):167-80. Kaneko A, Cho S, Hirai K, Okabe T, Iwasaki K, Nanba Y, Ouchi Y, Cyong JC.Hange-koboku-to, a Kampo medicine, modulates cerebral levels of 5-HT (5-hydroxytryptamine), NA (noradrenaline) and DA (dopamine) in mice.Phytother Res. 2005 Jun;19(6):491-5.
  • Suzuki M, Sasaki K, Yoshizaki F, Oguchi K, Fujisawa M, Cyong JC.:Anti-hepatitis C virus effect of citrus unshiu peel and its active ingredient nobiletin. Am J Chin Med. 33(1):87-94. 2005.
  • Muraoka K, Yoshida S, Hasegawa K, Nakanishi N, Fukuzawa I, Tomita A, Cyong JC.:A pharmacologic study on the mechanism of action of Kakkon-to: body temperature elevation and phagocytic activation of macrophages in dogs. J Altern Complement Med. 10(5):841-9. 2004.
  • Iwasaki K, Kobayashi S, Chimura Y, Taguchi M, Inoue K, Cho S, Akiba T, Arai H, Cyong JC, Sasaki H.:A randomized, double-blind, placebo-controlled clinical trial of the Chinese herbal medicine "ba wei di huang wan" in the treatment of dementia. J Am Geriatr Soc. 52(9):1518-21. 2004.
  • Cho S, Hong T, Kaneko A, Yoshino G, Sato N, Kikuchi K, Aikawa Y, Yasuno F, Inoue K, Cyong JC.:Evaluation of immunological effects of hochu-ekki-to (TJ-41) prophylactic administration in mice. Am J Chin Med.32(2):235-43,2004.
  • Stoltz R, Cyong JC, Shah A, Parisi S.:Pharmacokinetic and safety evaluation of palonosetron, a 5-hydroxytryptamine-3 receptor antagonist, in U.S. and Japanese healthy subjects. J Clin Pharmacol. 44(5):520-31. 2004.
  • Ogura Y, Gonsho A, Cyong JC, Orimo H.: Clinical trial of risedronate in Japanese volunteers: a study on the effects of timing of dosing on absorption. J Bone Miner Metab. 22(2):120-6, 2004.
  • Ogura Y, Gonsho A, Cyong JC, Orimo H. : Clinical trial of risedronate in Japanese volunteers: single and multiple oral dose studies. J Bone Miner Metab. 22(2):111-9, 2004.
  • Song QH, Kobayashi T, Hosoi T, Cyong JC. : Effects of traditional Chinese medicines on murine bone metabolism in a microgravity environment. Am J Chin Med. 31(5):739-49, 2003.
  • Isobe H, Yamamoto K, Cyong JC. : Effects of hachimi-jio-gan (ba-wei-di-huang-wan) on blood flow in the human central retinal artery. Am J Chin Med. 31(3):425-35, 2003.
  • Song QH, Toriizuka K, Kobayashi T, Iijima K, Hong T, Cyong JC.: Effect of Kampo herbal medicines on murine water metabolism in a microgravity environment. Am J Chin Med. 30(4):617-27, 2003.
  • Cho S, Hong T, Jin GB, Yoshino G, Miura M, Aikawa Y, Yasuno F, Cyong JC.: The combination therapy of Ephedra herb and Loxoprofen caused gastric lesions in mice. Am J Chin Med.30(4):571-7, 2003.
  • Jin GB, Nakayama H, Shmyhlo M, Inoue S, Kondo M, Ikezawa Z, Ouchi Y, Cyong JC.: High positive frequency of antibodies to metallothionein and heat shock protein 70 in sera of patients with metal allergy. Clin Exp Immunol. 131(2):275-9, 2003.
  • Hong T, Jin GB, Cho S, Kobayashi T, Yasuno F, Aikawa Y, Cyong JC.:Differential expression of HSP60 and HSP70 associated cytotoxicity under microgravity conditions. Habitation 9, 41-6, 2003.
  • 金善珉、北原麻矢、春山克郎、井上和美、落合亮一、會川義寛、丁宗鐵:香辛料のヒト脳循環と脳高次機能に及ぼす影響.漢方と最新治療12(2):171-175, 2003.
  • Kenichi Muraoka, Satoshi Yoshida, Kazumasa Hasegawa, Nobuo Nakanishi, Isao Fukuzawa, Akio Tomita, Jong-Chol Cyong : Pharacological study on the mechanism of action of the “Kakkon-to” preparation: Body temperature rise and phagocytic activation of macrophages in dogs.J. Trad. Med. 20(1):30-37, 2003.
  • Jin GB, Nakayama H, Shmyhlo M, Inoue S, Kondo M, Ikezawa Z, Ouchi Y, Cyong JC. : high positive frequencies of antibodies to metallothionein and heat shock protein 70 in sera of patients with metal allergy.Clin. Exp. Immunol. Feb;131(2):275-279, 2003.
  • Jin GB, Inoue S, Urano T, Cho S, Ouchi Y, Cyong JC.: Induction of anti-metallothionein antibody and mercury treatment decreases bone mineral density in mice. Toxicol Appl Pharmacol. Dec 1;185(2):98-110, 2002
  • Tomii, M., Song, QH., Mori, Y. and Cyong, JC. : The effects of Kampo herbal medicines (Scutellariae Radix, Carthami Flos, Linderae Radix) on the atherosclerosis mouse model introduced with heat shock protein (Hsp) 60 and high cholesterol diet. J. Trad. Med. 19(6):216-222, 2002.
  • Suzuki, M., Jin, GB., Tomii, M., Oguchi, K. and Cyong, JC. : Induction of heat shock protein (hsp 70) in human lymphocytes by Kampo herbal medicine.J. Trad. Med. 19(6):193-199, 2002.
  • Iwasaki K, Cyong JC, Kitada S, Kitamura H, Ozeki J, Satoh Y, Suzuki T, Sasaki H.: A traditional Chinese herbal medicine, banxia houpo tang, improves cough reflex of patients with aspiration pneumonia. J Am Geriatr Soc. Oct;50(10):1751-2, 2002 
  • Jin GB, Hong T, Inoue S, Urano T, Cho S, Otsu K, Kitahara M, Ouchi Y, Cyong JC.: Augmentation of immune cell activity against tumor cells by Rauwolfia radix. J Ethnopharmacol. Aug;81(3):365-72, 2002
  • Watanabe H, Kim SM, Cyong JC.: A revaluation of the late Dr. Noriyuki Sugihara in Korea.Nippon Ishigaku Zasshi. Jun; 48(2):219-25, 2002.
  • Jin GB, Inoue S, Urano T, Cho S, Ouchi Y, Cyong JC. : Induction of anti-metallothionein antibody and mercury treatment decreases bone mineral density in mice.Toxico. Appl. Pharmacol. Dec 1;185(2):98-110, 2002.
  • Isobe, H., Yamamoto, K. and Cyong, JC.Components of Hachimi-jio-gan (Ba-Wei-Di-Huang-Wan) and changes in blood flow in the human central retinal artery.J. Trad. Med. 19, 105-113, 2002.
  • 丁 宗鐵、宋 清華、吉崎文彦、三浦 亮:漢方薬による自己免疫糖尿病マウスの発症抑制-旋覆花とその成分の影響-日本未病学会雑誌. 2002.
  • 富井明望、宋 清華、森 吉臣、丁 宗鐵:動脈硬化モデルマウスにおける漢方薬の予防作用 日本未病学会雑誌. 2002.
  • Song, QH., Xiu, LM., Cho, S., Nishikawa, Y., Imai, H., Yoshizaki, F., Takei, H., Kobayashi, K., Miura, AB. and Cyong, JC. : Preventative Effects of Inula flower on Diabetes in C57BL/KsJ Mice Induced by Multiple Low Doses of Streptozotocin.Am. J. Chin. Med. in press, 2002.
  • Iwasaki, K., Kitada, S., Kitamur, H., Ozeki, J., Satoh, Y., Suzuki, T., Cyong, JC. and Sasaki, H. : A Traditional Chinese herbal medicine banxia houpo tang improves cough reflex of patients with aspiration pneumonia.JAGS. Oct;50(10):1751-2, 2002.
  • Cho S., Hong, T., Jin, GB., Yoshino, G., Miura, M., Aikawa, Y., Yasuno, F. and Cyong, JC. : The combination therapy of Ephedra herb and Loxoprofen caused gastric lesions in mice.Am. J. Chin. Med. 30(4):571-7, 2002.
  • Watanabe, H., Kobayashi, T., Tomii, M., Sekiguchi, Y., Uchida, K., Aoki, T. and Cyong, JC. : Effect of Kampo herbal medicine on plasma melatonin concentration in patients Am. J. Chin. Med. 30(1), 65-71, 2002.
  • Kobayashi, T., Song, QH., Hong, T., Kitamura, H. and Cyong, JC. : Preventative effects of Inula Buritannica on autoimmune diabetes in C57BL/KsJ mice induced by multiple low doses of streptozotocin. Phytother. Res. 16(4), 377-382, 2002.
  • Song, QH., Kobayashi, T., Hong, T. and Cyong, JC. : Effects of Inula Briatannica on the production of antibodies and cytokines, T cell differentiation in C57BL/6 mice immunized by ovalbumin. Am. J. Chin. 30(2-3):297-305, 2002.
  • Hong, T., Jin, GB., Cho, S. and Cyong, JC. : Evaluation of the anti-inflammatory effect of baicalein on dextran sulfate sodium-induced colitis in mise.Planta Med., 68(3), 1-3, 2002.
  • Hong, T., Jin, GB., Yoshino, G., Maeda, Y., Cho, S., and Cyong, JC.Protective effects of Polygalae root in experimental TNBS-induced colitis in mice.J. Ethnopharmacol. 79(3), 341-346, 2002.
  • 朴 正福、鳥居塚和生、矢部武士、花輪壽彦、丁 宗鐵:卵巣摘出マウス脳内のChAT活性、NGFおよびNGF-mRNAの変動に対する当帰芍薬散およびエストラジオールの作用 和漢医薬学雑誌 18, 210-216, 2001.
  • Nakajima, T., Imanishi, M., Yamamoto, K., Cyong, JC. and Hirai. K. : Inhibitory effect of Scutelaria Root on eotaxin production by human dermal fibroblasts. Planta Medica 67, 132-135, 2001.
  • 金 善珉、磯部秀之、落合亮一、春山克郎、丁 宗鐵:冷え性を呈する慢性関節リウマチ患者の血流動態へ及ぼす八味地黄丸の影響 漢方と最新治療 10(1), 84-87, 2001
  • Itokazu, N., Yamamoto, K., Ouchi, Y. and Cyong, JC. : Establishment of L-3,4-Dihydroxyphenilalaninde-induced pharmacological dementia model mouse.Neurosci. Lett. 305(2), 132-136, 2001.
  • Yafune, A. and Cyong, JC. : Population pharmacokinetic analysis of ephedrine in Kampo prescriptions: a study in healthy volunteers a clinical use of the pharmacokinetic results.Int. J. Clin. Pharmacol. Res. 21(2), 95-102, 2001.
  • Jin, GB., Hong, T., Cho, S., Kitahara, M., Sekine., T. and Cyong, JC. : Augmentation of tumor cytotoxicity and antitumor effect by Rauwolfie Radix.Biotherapy 15(3), 347-350, 2001.
  • Song, QH., Torizuka, K., Jin, GB., Yabe, T. and Cyong, JC. : Long term effects of Toki-Shakuyaku-San on brain dopamine and nerve growth factor in the olfactory-bulb-lesioned mice. Jpn. J. Pharmacol. 86(2), 183-188, 2001.
  • Song, QH., Toriizuka, K., Iijima, K., Yabe, T., Yokozawa, T. and Cyong, JC. : Effects of Hokoei-to (Pu-gong-ying-tang), Kampo formulae, on monoamine contents in brain regions and mitogenic activity of splenic lymphocytes in ovariectomized mice. Am. J. Chin. Med. 29(3-4), 433-443, 2001.
  • Xiu, LM., Miura, A., Yamamoto, K., Kobayashi, T., Song,QH., Kitamura, H. and Cyong, JC. : Pancreatic Islet Hyperplasia by Ephedrine in Mice with Streptozotocin-induced Diabetes.Am. J. Chin. Med. 29(3-4), 493-500, 2001.
  • Song, QH., Toriizuka, K., Iijima, K., Watanabe, K. and Cyong, JC. : Effects of Ninjin-yoei-to (Rensheng-Yangrong-Tang), a Kampo medicine, on brain monoamine and nerve growth factor contents in mice with olfactory bulb lesions.J. Trad. Med. 18, 64-70, 2001.
  • Cyong, JC., Kim, SM., Iijima, K., Kobayashi, T. and Furuya, M. : Clinical and Pharmacological Studies on Liver Diseases Treated with Kampo Herbal Medicine.Am. J. Chin. Med. 28, 351-361, 2000.
  • Song, QH., Kobayashi, T., Xiu, LM., Hong, T. and Cyong, JC. : Effects of Astragalus root and Hedysari root on the murine B and T cell differentration.J. Ethnopharmac. 73, 111-119, 2000.
  • Song, QH., Toriizuka, K., Iijima, K., Yabe, T., Yokozawa, T. and Cyong, JC. : Effects of Hokoei-to (Pu-gong-ying-tang), Kampo formulae, on estradiol and progesterone contents in brain regions and serum in ovariectomized mice.J. Trad. Med. 17, 180-185, 2000.
  • Hong, T., Jin, GB. and Cyong JC. : Effect of components of Oren-gedoku-to (Huang-Lian-Jie-Du-Tang) on the murine colitis induced by dextran sulate sodium.J. Trad. Med. 17, 173-179, 2000.
  • Jin.GB., Hong, Tie., Kitahara M., Sekine T. and Cyong, JC. : The effect of reserpine on HSP induction and tumor cytotoxicity by human activated T lymphocytes.Biotherapy 14, 469-471, 2000.
  • Song, QH., Kobayashi, T., Hong, T. and Cyong, JC. : Inura Britannica flower moulates type 1 and type 2 T cell responses in BALB/c mice.J. Trad. Med. 17(4), 137-143, 2000.
  • Mori, Y., Kitamura, H., Song, QH., Kobayashi, T., Umemura, S., Cyong, JC. : A new murine model for atherosclerosis with periodontal tissue induced by immunization with Heat Shock Protein 60.Hypertens Res. 23(5), 475-481,2000.
  • Toriizuka, K., Hou, PH., Yabe, T., Iijima, K., Hanawa, T. and Cyong, JC. : Effects of Kampo medicine, Toki-shakuyaku-san(Tang-Kuei-Shao-Yao-San), on choline acetyltransferase activity and norepinephrine contents in brain regions, and mitogenic of splenic lymphocytes in ovariectomized mice.J. Ethinopharmacol. 71,133-143, 2000.
  • Song, QH., Kobayashi, T., Hong, T. and Cyong, JC. : Inula Britannica modulates type 1 and type 2 T cell responses in BALAB/c mice.J. Trad. Med. 17, 137-143, 2000.
  • Song, QH., Kobayashi, T., Iijima, K., Hong T. and Cyong, JC. : Hepatoprotective effects of Inula Britannica on hepatic injury in mice.Phytotherapy Res. 14, 180-186, 2000.
  • Kobayashi, T., Song, QH., Hong, T., Kitamura, H. and Cyong, JC. : Preventive effect of Ninjin-to (Ren-Shen-Tang), a Kampo (Japanese traditional) formulation, on spontaneous autoimmune diabetes in non-obese diabetic (NOD) mice. Microbiol Immunol. 44, 299-305, 2000.
  • Hong, T., Jin, GB., Kobayashi, T., Song, QH., Hirai, K. and Cyong, JC. : Effects of Oren-gedoku-to(Huang-Lian-Jie-Du-Tang)on the murine colitis induced by dextran sulfate sodium. J. Trad.Med. 17(2), 66-72, 2000.
  • Song, QH., Itokazu, N., Cyong, JC. : Clinical use of Astragalus root and Hedysari root and these pharmacological studies: A review.J. Trad. Med. 17(2), 101-107, 2000.

著書

  • 丁 宗鐵(共著):家族の脳を元気にする楽うまごはん 医道の日本社 2015年8月10日
  • 丁 宗鐵(分担):メディクイック 第一部 患者さんによくわかる薬の説明 2015年版金原出版株式会社 875-887 2015年3月30日
  • 丁 宗鐵:病気がイヤがる暮し方-江戸式健康心得 春秋社 2015年1月21日
  • 丁 宗鐵(分担):今日の治療指針 2015版 医学書院 1641-1675 2015年1月1日
  • 丁 宗鐵(共著):丁先生、漢方って、おもしろいです。 朝日新聞出版社 2014年11月20日
  • 丁 宗鐵:ガンが逃げ出す漢方力 ヴィレジブックス 2014年6月30日
  • 丁 宗鐵:その生き方だとがんになる 新潮社 2014年5月28日
  • 丁 宗鐵:がんの嫌がる食事 創英社/三省堂書店 2013年12月25日
  • 丁 宗鐵:はじめての漢方手帖 メディアパル 2013年12月20日
  • 丁 宗鐵:名医が伝える漢方の知恵 集英社新書 2013年7月22日
  • 丁 宗鐵(分担):S&B社員とっておき赤缶カレー粉レシピ 池田書店 40-46 2012年6月25日
  • 丁 宗鐵 佐竹元吉 編集:スキルアップのための漢方相談ガイド 改訂2版 南山堂 2012年4月1日
  • 丁 宗鐵(監修):冷えとり漢方帳 宝島社 2012年2月16日
  • 丁 宗鐵:腸常動健康痩 Royal Road Publishing Group (中国)2012年1月
  • 丁 宗鐵(寄稿):梁哲周は師である 雞林東医学院業績集 1-8 燎原書店 2011年7月
  • 丁 宗鐵:がんにならない生き方 新潮社 2011年5月20日
  • 丁 宗鐵:ポックリ大往生 李白社 2011年2月28日
  • 丁 宗鐵:茶の湯とキムチ 講談社 2010年11月13日
  • 丁 宗鐵:医者のいらない暮らし 中経出版 2010年7月25日
  • 丁 宗鐵:図解東洋医学のしくみと治療法がわかる本 ナツメ社 2010年5月10日
  • 丁 宗鐵:がんを治す「戦略的組み合わせ療法」二見書房 2010年3月23日
  • 丁 宗鐵:「陰力女」こそ男を幸せにする 講談社 2010年2月26日
  • 丁 宗鐵(分担):標準理学療法学・作業療法学 老年学 第3版 第23章 東洋医学からのアプローチ 医学書院 2009年12月15日
  • 丁 宗鐵(分担):専門医のための漢方医学テキスト(Ⅲ 生薬と方剤)社団法人日本東洋医学会 2009年12月10日
  • 丁 宗鐵:モーニングカレーダイエットは「リバウンド」知らず 講談社+α新書 2009年9月20日
  • 丁 宗鐵:病気にならない朝カレー生活 中経出版 2009年7月5日
  • 丁 宗鐵(共著):漢方方剤の薬効・薬理 医師薬出版株式会社 2009年5月10日
  • 丁 宗鐵:正座と日本人 講談社 2009年4月21日
  • 丁 宗鐵:クスリに頼らない生き方 サンマーク出版 2009年2月20日
  • 丁 宗鐵:医者を信じると病気になる 講談社+α新書 2009年2月20日
  • 丁 宗鐵(分担):医者が勧める専門病院 東京都版 ライフ企画 661 2009年1月25日
  • 丁 宗鐵:咖哩祛病減肥法(カレーの本中国版の出版) 世茂出版有限公司 2008年8月
  • 丁 宗鐵(分担):からだの年齢事典 朝倉書店 27-31 2008年5月25日
  • 丁 宗鐵(分担):エキスパート外来診療 一般外来で診る common diseases & symptoms医学書院 486-514 2008年4月1日
  • 丁 宗鐵(分担):月刊手技療法別冊 2008年度版 手技療法年鑑 手で癒す大辞典!たにぐち書店 2008年1月10日
  • 丁 宗鐵:医者のいらない暮らしがしたい ゴルフダイジェスト社 2007年6月5日
  • 丁 宗鐵(監修・執筆協力):セルフ・メディカ 予防と健康の事典 小学館 454-508 2007年5月29日
  • 丁 宗鐵(分担):次世代の医学・医療がわかる 未病医学 臨床 金芳堂 138-141,142-146,172-177 2006年12月1日
  • 丁 宗鐵(分担):次世代の医学・医療がわかる 未病医学 入門 金芳堂 8-11 2006年12月1日
  • 丁 宗鐵(監修):漢方処方のしくみと服薬指導 南山堂 2006年9月10日
  • 丁 宗鐵:自分で長寿をデザインする ビジネス社 2006年3月10日
  • 丁 宗鐵(共著):標準漢方医学入門 薬事日報社 2006年3月3日
  • 丁 宗鐵 佐竹元吉 編集:今日のサプリメント 薬局別冊 南山堂 2006年1月30日
  • 丁 宗鐵(分担):漢方薬 統合医療―基礎と臨床― 日本統合医療学会 173‐175 2005年11月25日
  • 丁 宗鐵:治療中・後のからだをやさしくサポートする漢方 18人の医療専門家が語る乳がんの治療法とQOL イカロス出版 132-133,2005年6月30日
  • 丁 宗鐵:漢方によるアレルギーの予防と治療 予防医学事典 朝倉書店 132-133,2005年5月25日
  • 丁 宗鐵:Other therapies Introduction to KAMPO ELSEVIER 208-216,2005年3月31日
  • 丁 宗鐵:手技療法年鑑 たにぐち書店 2004年5月15日
  • 丁 宗鐵(分担):養生指導の実際 漢方診断二頁の秘訣 金原出版 40‐41 2004年2月10日
  • 丁 宗鐵:治療薬ガイド2003-2004 27.漢方薬 主な漢方-選択と使い方-文光堂 1048-1053 2003年3月1日
  • 丁 宗鐵(分担):入門漢方医学“日本の相補・代替医療(民間療法)”276-279“世界の伝統医学”280-284日本東洋医学会 2002年12月10日
  • 丁 宗鐵(分担):名医と治す漢方事典“明らかな効果が確認された処方も続々”朝日新聞社 32-38,2002年11月30日
  • 趙 重文、丁 宗鐵(監修):よくわかる新しい東洋医学入門講座 永井書店 2002年11月1日
  • 丁 宗鐵(分担):今日の消化器疾患治療指針 第2版 多賀須幸男 編集“胃腸疾患の漢方治療”医学書院 200-203,2002年10月15日
  • 丁 宗鐵(分担):漢方から見た食 北の食と土地改良 第7集 2002年7月25日,北海道
  • 丁 宗鐵(分担):高齢者と漢方 日本老年医学会編 改訂版老年医学テキスト メジカルビュー社 2002
  • 丁 宗鐵:漢方がよくわかる本 PHP研究所, 2001年2月7日
  • 丁 宗鐵(分担):各種手技療法の法的解釈について 手技療法年鑑 丁 宗鐵監修 たにぐち書店 504-507, 2001
  • 丁 宗鐵(分担):漢方薬 看護職のための代替療法ガイドブック 医学書院 86-96, 2001
  • 丁 宗鐵:肥満の「陰陽タイプ」を知れば痩せられる ダイソー文庫シリーズ 2001年
  • 丁 宗鐵(分担):東洋医学 35歳からの家庭医学百科 2000年3月15日723-741 時事通信社
  • 丁 宗鉄(分担):東洋医学的アプローチ 新老年学(第2版)折茂肇編 東京大学出版、東京 1999,429-447
  • 丁 宗鉄、吉田章、大野修嗣:老年病漢方薬ベストチョイス 漢方治療の基本 15-22,1999 医学書院
  • 丁 宗鉄(分担):私の考える漢方の課題と展望:千葉大学東洋医学研究会60周年記念誌24-38,1999 谷口書店
  • 長谷川弥人、大塚恭男、丁 宗鐵(編):臨床医漢方治療指針 メジカルビュー社1999年10月
  • 丁 宗鉄(分担):漢方薬とは メディクィックブック 水島 裕 編396-403 1999
  • 丁 宗鉄(分担):東洋医学的アプローチ 新老年学(第2版)折 茂肇 編429-447 1999
  • 丁 宗鉄(分担):漢方薬の治療概念と免疫薬理 皮膚科における漢方治療の現況 3-17,1999
  • 丁 宗鐵(分担):悪性腫瘍 高齢者のための漢方薬ベストチョイス 折茂 肇 監修223-227,1999年6月15日

国内学会発表

  • 坂野克久、鹿島裕子、近藤央、神園純二、林真由美、海老原淑子、丁宗鐵:微生物発酵エキス配合公募摂取による内臓脂肪低減効果
    第21回日本未病システム学会学術総会(2014/11/1-2 大阪)
  • 坂野克久、参木淑郎、林真由美、海老原淑子、丁宗鐵:有機大麦若葉摂取によるコレステロール低下作用
    第21回日本未病システム学会学術総会(2014/11/1-2 大阪)
  • 坂野克久、島田和美、山本弘喜、林真由美、海老原淑子、丁 宗鐵:核酸配合飲料を摂取することによる血圧値改善効果
    第21回日本未病システム学会学術総会(2014/11/1-2 大阪)
  • 伊藤哲也、関根暉彬、丁宗鐵、小林健治:海外ツーリズムに合わせた凍結保存可能な免疫細胞療法
    第5回国際観光医療学会学術集会(2014/10/25 東京)
  • 船本宏幸、関根暉彬、丁宗鐵、小林健治:免疫細胞療法を起点とした海外医療ツーリズムの展開
    第5回国際観光医療学会学術集会(2014/10/25 東京)
  • 坂野克久、新海裕子、林真由美、海老原淑子、丁 宗鐵:ショウガ商品摂取による体温上昇効果
    第20回日本未病システム学会学術総会(2013/11/09-10)
  • 近藤宏明、丁宗鐵、関根暉彬:当院で活性化自己リンパ球療法を施行した進行膵臓癌患者の予後に関する検討
    第24回日本バイオセラピィ学会学術集会総会(2011/12/01-02)
  • 近藤宏明、丁宗鐵、関根暉彬、吉松和彦、小川健治:活性化自己リンパ球移入療法長期継続例におけるに血中DHEA-S値変化とその解釈についての検討
    第24回日本バイオセラピィ学会学術集会総会(2011/12/01-02)
  • 近藤宏明、丁宗鐵、吉松和彦、関根暉彬:活性化自己リンパ球移入療法におけるDHEA-Sの有用性の検討
    第23回日本バイオセラピィ学会学術集会総会(2010/12/09-10)

その他

  • 丁 宗鐵:カレースープで深部体温を上げれば背骨も筋肉も強化! 脊柱管狭窄症が和らぐ 壮快 76-77 株式会社マキノ出版 5月号 2012
  • 丁 宗鐵:食べて飲んで60キロ、12キロ、10キロドカンとやせた! むくみも一掃! 冷えとりレシピ 壮快 66-67、75 株式会社マキノ出版 4月号 2012
  • 丁 宗鐵:春をすっきり迎える 女のからだ養生学 婦人公論 93-97 中央公論新社 No.1344 3月22日号 2012
  • 丁 宗鐵:マスク売り切れ必至!? セシウム花粉「心配なし」は本当か サンデー毎日 34-35 毎日新聞社 1月29日号 2012
  • 丁 宗鐵:狭窄症の痛みが改善すると漢方薬が整形外科でも続々使われ、腎虚を正す牛車腎気丸をまず購入 わかさ 66-69 株式会社わかさ出版 12月号 2011
  • 丁 宗鐵:がんと食生活 絆 5-13医療法人社団輪生会白山通りクリニック 第4号 2011
  • 丁 宗鐵:漢方的生活のすすめ Life+ 38-43 株式会社PHP研究所 No.253 11月号 2011
  • 丁 宗鐵:東洋医学と西洋医学 東京新聞サンデー版 1、8面 11月20日号 東京新聞社 2011
  • 丁 宗鐵:古人に学ぶ秋の健康管理 Adesso 3-5 9-1日号 岡三証券広報誌 2011
  • 丁 宗鐵:朝カレーの深部体温UPパワーで燃焼系ボディ FYTE 38-39 9月号 学研 2011
  • 丁 宗鐵:夏に増える自律神経失調症は朝からカレーを食って治せ! 週刊大衆 91-93 8月1日号 2011
  • 丁 宗鐵:この夏やるべき未病対策 サンデー毎日 116-118 毎日新聞社 7月24日号 2011
  • 丁 宗鐵:ZOOM UP 漢方計健康食品 丁宗鐵教授に聞く 健康産業新聞 10面 UBMメディア株式会社 1396号 2011/07/13
  • 丁 宗鐵:体に効く対談 長生きできる齢のとり方、教えてください 暮らしの道具 ピカイチ事典 節電 124-127 カタログハウス 2011-12年版 2011
  • 丁 宗鐵:和食中心で規則正しい食生活が基本。プルミエ世代は「介護がん」にも注意を! 日経ヘルスプルミエ 112 日経BP社 夏号 2011
  • 丁 宗鐵:自著を語る 東京新聞 6月29日号 東京新聞社 2011
  • 丁 宗鐵:スローエイジングで免疫力アップを目指す 文藝春秋 241-242 株式会社文藝春秋 3月特別号 2011
  • 丁 宗鐵:医療なんでもクリニック 免疫力で風邪にかからない、早期のうちに治す 毎日が発見 104-105 株式会社角川マーケティング 2月号 2011
  • 丁 宗鐵:ポータル対談第一回 マルチプルな西洋医学・東洋医学の大家 医学博士・丁宗鐵先生に村田昌謙先生が聞く 星風アカデミー 2-7 星風会 211号 2011
  • 丁 宗鐵:“冷えうつ”スパイラルから抜け出す養生法 婦人公論 58-61 中央公論新社 1/22号 2011
  • 丁 宗鐵:腰の激痛しびれが消え手術を回避!特集 漢方薬は有効? わかさ 64 (株)わかさ出版 1月号 2011