教員プロフィール

樋口 敏幸

樋口 敏幸 教授

樋口 敏幸 准教授

病気の予防と治療を通じて、人々の明るく健康な人生を支える薬剤師に

薬学では、薬による病気の治療のほか、栄養学、食品衛生、生活環境衛生なども学びます。薬剤師は薬の専門家であるとともに、人々の健康維持や病気の予防を手助けする役割も担っています。人々の健康を支える薬剤師を目指しませんか。みなさんが目標を達成できるようにあらゆる面からサポートします。私の主な研究テーマは「血液凝固線溶因子の発現・機能調節に関する研究」です。生活習慣病(肥満や糖尿病など)と血管病変(動脈硬化症や血栓症など)との関連性やそれらの制御(抑制)について、血液凝固線溶因子の発現と機能の観点から研究しています。

略歴

  • 博士(薬学)。熊本大学大学院薬学研究科博士後期課程修了、熊本大学医学部助手、昭和薬科大学助手、昭和薬科大学講師、日本薬科大学准教授を経て現職。

総説

  • 樋口敏幸:腸管出血性大腸菌感染症と血液凝固, 埼玉県薬剤師会雑誌, 37(8), 26-29 (2011).
  • 石井秀美、 樋口敏幸:“血栓症に関するQ&A  PART 3:トロンビン活性化・線溶阻害因子(TAFI)の血栓形成への関与について教えて下さい”血液・腫瘍科, 9(4), 109 -111(2001).
  • 樋口敏幸、石井秀美:“サブクローニング(プラスミド)”血液・腫瘍科, 40,446 – 452 (2000)

学術論文(主要論文)

  • Murata H., Higuchi T.*, Otagiri M., In vitro and In vivo inhibition of metyrapone metabolism by glycyrrhetinic acid in male Wistar rats. J. Pharmaceu. Pharmacol., 4(1), 1-6 (2016).
  • Murata H., Higuchi T.*, Otagiri M., Oral pharmacokinetics and in-vitro metabolism of metyrapone in male rats. J. Pharm. Pharmacol., 68, 970-979 (2016).
  • 村橋 毅, 加藤亜由美, 紀戸綾香, 立花 研, 樋口敏幸, 北村繁幸, 埼玉県における微小粒子状物質 (PM2.5) と多環芳香族炭化水素の大気中濃度, 日本薬科大学教育紀要, 2, 77-81 (2016).
  • Higuchi T.*, Morita R., Arai M., Iwase H., Maruyama T., Satoh M., Hoshino Y., Murahashi T., Shiraishi T., Shimada H., Imamura Y., Catechins with a galloyl moiety decrease superoxide formation through redox cycling of 9,10-phenanthrenequinone in pig heart. The annual report of Nihon Pharmaceutical University, 1, 77-87 (2015).
  • Shimada H., Tanigawa T., Matayoshi K., Katakura K., Babazono K., Takayama H., Murahashi T., Akita H., Higuchi T., Eto M., Imamura Y. : Comparison inhibition of tetrameric carbonyl reductase activity in pig heart cytosol by alkyl 4-pyridyl ketones. J. Enzyme Inhib. Med. Chem.,   29, 397-400 (2014).
  • Shimada H., Yamaoka Y., Morita R., Mizuno T., Gotoh K., Higuchi T., Shiraishi T., Imamura Y. : Possible mechanism of superoxide formation through redox cycling of plumbagin in pig heart. Toxicol. in Vitro, 26, 252-257 (2012).
  • Higuchi T.*, Nakamura T., Kakutani, H., and Ishii, H.: Thrombomodulin suppresses invasiveness of HT1080 tumor cells by reducing plasminogen activation on the cell surface through activation of thrombin-activatable fibrinolysis inhibitor.
    Biol. Pharm. Bull.,32(2), 179 - 185 (2009).
  • Hirata, Y., Masuda, Y., Kakutani, H., Higuchi, T., Takada, K., Ito, A., Nakagawa, Y., and Ishii, H.: Sp1 is an essential transcription factor for LPS-induced tissue factor expression in THP-1 monocytic cells, and nobiletin represses the expression through inhibition of NF-kB, AP-1, and Sp1 activation. Biochem. Pharmacol.,75, 1504 - 1514 (2008).
  • Murata, K., Higuchi, T., Takada, K., Oida, K., Horie, S. and Ishii, H.: Verotoxin-1 stimulation of macrophage-like THP-1 cells up-regulates tissue factor transcription through activation of c-Yes tyrosine kinase: Possible signal transduction in tissue factor up-regulation. Biochim. Biophys. Acta, 1762, 835 - 843 (2006).
  • Hosaka, Y., Higuchi, T., Tsumagari, M., and Ishii, H.: Inhibition of invasion and experimental metastasis of murine melanoma cells by human soluble thrombomodulin. Cancer Lett., 161,231-240 (2000).
  • Ikeda, T., Ishii, H., Higuchi, T., Sato, K., Hayashi, Y., Ikeda, K., and Hirabayashi, Y.:  Localization of Thrombomodulin in the Anterior Segment of the Human Eye.
    Invest. Ophthalmol. Vis. Sci., 41, 3383-3390 (2000).
  • Ishii, H., Takada, H., Higuchi, T., and Junichi Sugiyama: Verotoxin-1 Induces Tissue Factor Expression in Human Umbilical Vein Endotherial Cells through Activation of NF-kB/Rel and AP-1. Thromb. Haemost., 84, 712-721 (2000).

国内学会発表

  • 村橋 毅,加藤亜由美,木戸綾香,立花 研, 樋口敏幸,北村繁幸,埼玉県における大気中の微粒子状物質と多環芳香族炭化水素濃度,日本薬学会第136年会,3月,横浜 (2016).
  • 村橋 毅,久米井祥子,立花 研, 樋口敏幸,北村繁幸,調剤室における空気中医薬品の分析,フォーラム2015 衛生薬学・環境トキシコロジー,9月,神戸 (2015).
  • 村田秀之, 樋口敏幸,兵藤 明,小田切優樹:雄性ラットにおけるメチラポン代謝組織の評価.日本薬学会第134年会,3月,熊本(2014).
  • 村橋 毅、伊藤貴信、大津亜紀子、小宮山拓実、橋沼 亨、 樋口敏幸、北村繁幸:調剤薬局調剤室における医薬品による室内環境汚染.  第133回日本薬学会年会,3月,横浜 (2013).
  • 星野悠二、丸山達也、佐藤真康、村橋 毅、今村順茂、 樋口敏幸:ブタ心臓における9,10-フェナントレンキノンのレドックスサイクルを介したスーパーオキシドの生成:カテキン類による防御機構. 第56回日本薬学会関東支部大会,10月,昭和大学旗の台キャンパス (2012).
  • 今村順茂、森田怜子、荒井美也、佐藤真康、丸山達也、岩瀬晴信、白石隆幸、島田秀昭、 樋口敏幸:ブタ心臓において9,10-phenanthrenequinoneの2電子還元反応を介して生成されるスーパーオキシドに対するカテキン類の捕捉効果. 第132回日本薬学会年会,3月,札幌 (2012).
  • 高山博之、谷川貴彦、片倉和文、又吉一徳、衛藤 仁、 樋口敏幸、秋田弘幸、島田秀昭、今村順茂:ブタ心臓に存在する新規四量体カルボニル還元酵素に対する基質阻害剤の構造特異性. 第132回日本薬学会年会,3月,札幌 (2012).
  • 樋口敏幸、岩瀬晴信、森田怜子、荒井美也、白石隆幸、島田秀昭、今村順茂:エピガロカテキンガレートはブタ心臓における9,10-フェナントレンキノンの2電子還元反応に起因するスーパーオキシド生成を防御する.  第131回日本薬学会年会,3月,静岡 (2011).
  • 増田豊, 角谷秀樹,  樋口敏幸, 伊東晃, 中川好男, 石井秀美:Nobiletinによる組織因子発現抑制機構の解析. 第8回 Pharmaco-Hematology シンポジウム,6月,金沢 (2007).
  • 増田豊, 角谷秀樹,  樋口敏幸, 伊東晃, 石井秀美:ノビレチンはAP-1, NF-kBに加えSp1の転写活性を阻害することで組織因子の発現を抑制する. 第127回日本薬学会年会,3月,富山 (2007).
  • 角谷秀樹, 増田豊, 樋口敏幸, 伊東晃, 中川好男, 石井秀美:Nobiletinによる組織因子発現抑制 機序の解析. 第7回TTMフォーラム, 3月, 東京 (2007).

著書

  • 樋口敏幸(分担執筆):衛生薬学 基礎・予防・臨床、今井浩孝・小椋康光 編集、南江堂(2016年).
  • 樋口敏幸(分担執筆):コンパス衛生薬学-健康と環境-、鍛冶利幸・佐藤雅彦編集、南江堂(2011年).
  • 樋口敏幸(薬学CBT対策編集委員会編集): 薬学CBTコアカリ“C12(2)生活環境と健康”p266-317、医学評論社 (2009).
  • 樋口敏幸、石井秀美(浦部晶夫,斎藤政樹、中川雅夫、溝口秀昭編集):キーワード 1998 - '99 血液“ラミニン”p238-239、先端医学社 (1998).

受賞歴

  • 樋口敏幸:第5回TTM フォーラム優秀賞: Verotoxin-1 はSrc family kinase Yes を介して組織因子の発現を誘導する. 第5回TTM フォーラム,3月,東京 (2005).