教員プロフィール

浦丸 直人

浦丸 直人 講師

浦丸 直人 助教

薬の安全も薬学の研究テーマ

薬物アレルギーについて研究しています。薬は健康維持や病気の治療に欠かせない存在ですが、誤った使い方はもちろん、投与する人体の特性をより正確に把握しないと効果が表れないばかりか、毒になる場合もあります。薬は正しく、適切に使われてこそ、その価値を発揮します。より安全で信頼できる医療を目指して、みなさんとともに学ぶ日を楽しみにしています。

略歴

  • 博士(医薬学)。岡山大学大学院自然科学研究科博士前期課程修了、日本薬科大学薬学部助手、日本薬科大学薬学部助教を経て現職。

学術論文(主要論文)

  • Uramaru N., Shigematsu H., Toda A., Eyanagi R., Kitamura S., Ohta S.: Design, synthesis, and pharmacological activity of nonallergenic pyrazolone-type antipyretic analgesics. J. Med. Chem., 53(24), 8727-8733, (2010).
  • Kojima H., Takeuchi S., Uramaru N., Sugihara K., Yoshida T., Kitamura S.: Nuclear hormone receptor activity of polybrominated diphenyl ethers and their hydroxylated and methoxylated metabolites in transactivation assays using chinese hamster ovary cells. Environ. Health Perspect., 117(8), 1210-1218, (2009).
  • Kubo K., Hori Y., Chino D., Imari T., Uramaru N., Waki Y., Watanabe Y.: Flammulina velutipes (Curt.:Fr) sing. Extracts and its contained fatty acid complex on decrease of visceral fat assessed by tsumura-suzuki obese diabetes (TSOD) mice. Pharmacometrics, 77(3/4), 101-106, (2009).
  • Kitamura S., Shinohara S., Iwase E., Sugihara K., Uramaru N., Shigematsu H., Fujimoto N., Ohta S.: Affinity for thyroid hormonal and estrogen receptors of hydroxylated polybrominated diphenyl ethers. J. Health Sci., 54(5), 607-614, (2008).

著書

  • Kitamura S., Sugihara K., Uramaru N., Nakai H., Kuroki H., Fujimoto N., Ohta S.: Thyroid hormonal and estrogenic activities of hydroxylated PCB and brominated flame retardant in cell culture. “Persistent Organic Pollutants (POPs) Research in Asia” ed. Masatoshi Morita, 308-313, (2008).

海外および国際学会発表

  • Kojima H., Takeuchi S., Uramaru N., Sugihara K., Yoshida T., Kitamura S.: Nuclear Hormone Receptor Activity of Polybrominated Diphenyl Ethers and Their Hydroxylated and Methoxylated Metabolites Based on Transactivation Assays. 5th International Symposium on Brominated Flame Retardants, (2010).
  • Sanoh S., Iwase, E., Matsubara K., Sugihara K., Fujimoto N., Uramaru N., Kitamura S., Ohta S.: Comparative Study of Affinity for Thyroid Hormone and Estrogen Receptors of Hydroxylated Polychlorinated Biphenyls and Polybrominated Biphenyl Ethers. 5th International Symposium on Brominated Flame Retardants, (2010).
  • Kojima H., Takeuchi S., Uramaru N., Sugihara K., Yoshida T., Kitamura S.: Nuclear Hormone Receptor Activity of Polybrominated Diphenyl Ethers and Their Hydroxylated and Methoxylated Metabolites in Transactivation Assays Using Chinese Hamster Ovary Cells. Horiba International Conference/CDBIM Symposium, (2009).
  • Kitamura S., Sugihara K., Shinohara S., Iwase E., Uramaru N., Shigematsu H., Fujimoto N., Ohta S.: Hydroxylated polybrominated diphenyl ethers intrract with thyroid hormone and estrogen receptors. DIOXIN 2009 International Symposium, (2009).
  • Uramaru N., Kuroki H., Nakaoka H., Iwase E., Sugihara K., Fujimoto N., Shigematsu H., Ohta S., Kitamura S.: Endocrine-disrupting activity of PBDEs, flame retardants, and their metabolic activation in rats. 2ND Asian Pacific Regional Meeting, International Society for the Study of Xenobiotics (ISSX), (2008).
  • Shigematsu H., Uramaru N., Saito H., Watabe T., Ohta S.: Metabolic activation mechanism of aminopyrine leading to allergic reaction, 8th International Society for the Study of Xenobiotics (ISSX) meeting, (2007).
  • Kitamura S., Suzuki T., Sugihara K., Uramaru N., Kuroki H., Fujimoto N., Ohta S.: Thyroid hormonal and estrogenic activity of OH-PCB and OH-PBDE in cell culture. Dioxin 2007 International Symposium (27th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants), (2007).

国内学会発表

  • 浦丸直人, 鈴木祐子, 井上俊夫, 重松秀成, 尾崎ひとみ, 杉原数美, 太田 茂, 北村繁幸: ブチルパラベンのアレルギー発症における代謝的活性化, 日本薬学会第131年会, (2011).
  • 松原加奈, 佐能正剛, 藤本成明, 浦丸直人, 杉原数美, 北村繁幸, 太田 茂: 環境化学物質の甲状腺ホルモン撹乱作用in vitro 評価, 日本薬学会第131年会, (2011).
  • 鈴木祐子, 浦丸直人, 井上俊夫, 重松秀成, 尾崎ひとみ, 杉原数美, 太田 茂, 北村繁幸: 保存料パラベン類のアレルギー発症と代謝, 第13回環境ホルモン学会研究発表会, (2010).
  • 堀口 彩, 佐能正剛, 杉原数美, 立野知世, 堀江 透, 浦丸直人, 北村繁幸, 太田 茂: In vivo, In vitroにおけるヒト肝キメラマウスを用いたイブプロフェンの代謝, 日本薬物動態学会第25年会, (2010).
  • 松原加奈, 佐能正剛, 岩瀬恵理, 藤本成明, 浦丸直人, 杉原数美, 加藤善久, 北村繁幸, 太田 茂: 環境化学物質による甲状腺ホルモン応答の高感度評価, 第37回日本トキシコロジー学会, (2010).
  • 馬場一信, 谷山太一, 浦丸直人, 杉原数美, 北村繁幸, 今岡 進: 水酸化PBDEによる発生毒性の解析, 第37回日本トキシコロジー学会, (2010).
  • 浦丸直人, 戸田晶久, 繪柳玲子, 北村繁幸, 重松秀成, 太田茂: アレルギー発現抑制を標的とした新規ピラゾロン系解熱鎮痛薬の合成及びその薬理評価, 日本薬理学会関東部会第122年会, (2010).
  • 浦丸直人, 戸田晶久, 繪柳玲子, 北村繁幸, 太田 茂, 重松秀成: アレルギー発現抑制を標的とした新規ピラゾロン系解熱鎮痛薬の合成及びその薬理評価, 日本薬学会第130年会, (2010).
  • 堀口 彩, 佐能正剛, 杉原数美, 井上多恵, 立野知世, 堀江 透, 浦丸直人, 北村繁幸, 太田 茂: ヒト肝キメラマウスを用いたin vivoおよび新鮮肝細胞によるイブプロフェンのヒト代謝予測, 日本薬学会第130年会, (2010).
  • 佐能正剛, 岩瀬恵理, 松原加奈, 杉原数美, 浦丸直人, 藤本成明, 北村繁幸, 太田 茂: 環境中における甲状腺ホルモン撹乱物質のスクリーニング, 日本薬学会第130年会, (2010).
  • 小島弘幸, 武内伸治, 杉原数美, 浦丸直人, 北村繁幸: 臭素化難燃剤PBDE水酸化体の核内受容体アゴニスト及びアンタゴニスト活性, 日本薬学会第130年会, (2010).
  • 浦丸直人, 岩瀬恵理, 佐能正剛, 杉原数美, 岡田和嗣, 今岡 進, 太田 茂, 北村繁幸: ブロム化難燃剤の甲状腺ホルモン撹乱活性発現における構造活性相関, 第12回環境ホルモン学会研究発表会, (2009).
  • 佐能正剛, 岩瀬恵理, 杉原数美, 加藤義久, 浦丸直人, 藤本成明, 北村繁幸, 太田 茂:環境化学物質の甲状腺ホルモン受容体結合活性とその代謝変動, 第12回環境ホルモン学会研究発表会, (2009).
  • 堀口 彩, 佐能正剛, 杉原数美, 井上多恵, 立野知世, 堀江 透, 浦丸直人, 北村繁幸, 太田 茂: ヒト肝キメラマウスを用いたイブプロフェンの代謝, 日本薬物動態学会第24年会, (2009).
  • 岩瀬恵理, 佐能正剛, 今岡 進, 岡田和嗣, 加藤善久, 小島弘幸, 浦丸直人, 杉原数美, 北村繁幸, 黒木広明, 太田 茂: TR、PDIへの親和性に対する臭素化難燃剤の構造活性相関, フォーラム2009衛生薬学・環境トキシコロジー, (2009).
  • 浦丸直人, 齋藤 博, 戸田晶久, 繪柳玲子, 太田 茂, 重松秀成: アレルギー反応を起こさない新規解熱鎮痛剤の開発,日本薬学会第129年会, (2009).
  • 中井ひとみ, 犬塚さやか, 佐藤慶和, 高口寛子, 戸田晶久, 絵柳玲子, 増水紀勝, 浦丸直人, 北村繁幸, 黒木広明: 4,4’-dibromodiphenyl ether(BDE15)のモルモット肝ミクロゾームによる代謝,日本薬学会第129年会, (2009).
  • 岩瀬恵理, 小島弘幸, 杉原数美, 浦丸直人, 藤本成明, 黒木広明, 北村繁幸, 太田 茂: 臭素化難燃剤PBDEの甲状腺ホルモン受容体結合活性の代謝による変動,日本薬学会第129年会, (2009).
  • 北村繁幸, 永井理絵, 浦丸直人, 村橋 毅, 上京田 渚, 杉原数美, 太田 茂, 柏木啓子, 柏木昭彦: ラット肝での紫外線吸収剤ベンゾフェノン‐3の代謝的活性変動,日本薬学会第129年会, (2009).
  • 北村繁幸, 永井理絵, 浦丸直人, 村橋 毅, 上京田 渚, 杉原数美, 太田 茂, 柏木啓子, 柏木昭彦: 紫外線吸収剤ベンゾフェノン‐3の活性化に至る代謝的変換, 第11回環境ホルモン学会研究発表会, (2008).
  • 工藤真知子, 的場 勧, 浦丸直人, 岩瀬恵理, 杉原数美, 太田 茂, 中井ひとみ, 黒木広明, 北村繁幸:ブロム化難燃剤PBDEの内分泌撹乱作用発現に至る代謝反応, 第11回環境ホルモン学会研究発表会, (2008).
  • 高口寛子, 中井ひとみ, 戸田晶久, 絵柳玲子, 増水紀勝, 浦丸直人, 北村繁幸, 黒木広明: 2,2’,4,4’,6-pentabromodiphenyl etherの動物肝ミクロゾームによる代謝, フォーラム2008衛生薬学・環境トキシコロジー, (2008).
  • 岩瀬恵理, 小島弘幸, 杉原数美, 浦丸直人, 黒木広明, 北村繁幸, 太田 茂: 臭素化難燃剤PBDEおよびTBBPAの代謝と内分泌撹乱作用の検討, フォーラム2008衛生薬学・環境トキシコロジー, (2008).
  • 岩瀬恵理, 篠原聖治, 杉原数美, 藤本成明, 浦丸直人, 北村繁幸, 太田 茂: ブロム化難燃剤PBDEおよびNBR手袋溶出物質の甲状腺ホルモン撹乱作用,日本薬学会第128年会, (2008).
  • 小島弘幸, 武内伸治, 浦丸直人, 北村繁幸: 臭素系難燃剤ポリブロモジフェニールエーテル及びその代謝物における核内受容体活性のプロファイル, 日本薬学会第128年会, (2008).
  • 丹下智子, 中村優理, 浦丸直人, 杉原数美,藤本成明, 北村繁幸,太田 茂: 合成pyrethroid剤permethrinの代謝と内分泌撹乱活性変動, 日本薬学会第128年会, (2008).
  • 藤田貴弘, 的場 勧, 平澤貴之, 村橋 毅,浦丸直人, 岩瀬恵理, 杉原数美, 太田 茂, 黒木広明, 北村繁幸: ブロム化難燃剤PBDEの甲状腺ホルモン撹乱作用に至る代謝的活性化, 日本薬学会第128年会, (2008).
  • 浦丸直人,齋藤博,渡部烈,戸田晶久,繪柳玲子,丸岡 博,重松秀成: アレルギー反応を引き起こさない解熱鎮痛薬の開発,日本薬物動態学会第21回年会, (2006).
  • 重松秀成,齋藤博,浦丸直人,渡部烈: 薬物アレルギー発現機序に関する研究 Glutathione S-Ttansferaseがキャリアとなるアレルギー反応, 第33回日本トキシコロジー学会学術年会, (2006).
  • 浦丸直人,井出良太,大友弘美,奥田健介,廣田喬:縮合4-(N,N-Dimethylaminomethyleneamino) pyrimidine誘導体とNH2OH・HCl又はNH2NH2・HClとの反応,日本薬学会第125年会,(2005).