教員プロフィール

野口博司

野口 博司 教授

野口博司

生薬学とは、ヒトが天然資源に医薬を求める文化である

天然起原の薬物は、人間の自然生活における試行錯誤の経験の集積から発祥したもので、文化とその発展をともにしてきました。古代エジプト、ギリシア、ローマ、インドあるいは古代中国において高度に体系化され、医療に用いられてきました。生薬という言葉には、夫々の文化の伝統伝承の響きが込められていて、地域性とそれぞれの文化に依存しています。そんなわけで近代科学の対象として普遍性があると考えるべきではないかもしれません。
我々は生薬を日々使用しています。一方生薬資源は枯渇しつつあります。薬事法で規定され医薬品として用いられているか、あるいは食品添加物として利用されている生薬のおよそ85%は中国から輸入されており、日本国内で漢方処方などに不可欠な生薬をいかに内製化するかは喫緊の課題です。幸い生薬学会・薬学会有志の努力により、日本学術会議の第23期学術の大型研究計画に関するマスタープラン (マスタープラン 2017) において全28件の重点大型研究計画の一つとして「生薬・薬用植物の安定供給と開発のための基盤ネットワーク拠点の構築」が遂に取り上げられました。統合医療を重視する本学にとってこれは喜ばしいことだと思います。
多くの漢方処方が、現在西洋医学の視点で処方されています。そこで薬学生は、先ず医師の処方箋を処理し、服薬指導をする立場から、処方を学ぶべきだと考えます。そのなかで、超高齢社会における抑肝散や、抗がん剤の副作用を緩和するべく用いられる午車腎気丸など、漢方の証の概念とは関係なく頻用される例もあります。このような場合が、医薬品の目的外使用にあたるのかどうか、今後研究対象として面白味のあるところだと思います。

略歴

  • 1979年 10月31日東京大学薬学部助手
  • 1994年 3月 1日東京大学薬学部講師 
  • 1995年 9月1日〜2016年3月静岡県立大学薬学部教授
  • 2000年 4月1日〜2004年3月31日静岡県立大学薬学研究科研究科長
  • 2005年 4月〜2007年3月 静岡県立大学評議員
  • 1984年 10月15日カナダ国アルバータ州立大学化学科博士研究員
  • 1985年 10月11日米国ブラウン大学化学科博士研究員
  • 2011年 4月〜2013年3月 静岡県立大学付属図書館長
  • 2013年 4月〜2015年3月 静岡県立大学薬学部長
  • 2016年 4月~ 日本薬科大学教授

総説

  • Saruwatari, T., Praseuth, A.P. Sato, M., Torikai, T., Noguchi H., and Watanabe, K. A comprehensive overview on genomically directed assembly of aromatic polyketides and macrolide lactones using fungal megasynthases, J. Antibiot. 64, 9–17 (2011).
  • 藤井 聡、土屋 照雄、野口 博司、薬剤師リカレント学習支援プログラム:薬剤師が地域医療を支えるために、YAKUGAKU ZASSHI 131, 29-31 (2011).   
  • Morita, H., Abe, I., Noguchi, H., Plant Type III PKS, Comprehensive Natural Products II Chemistry and Biology, 1, pp171-225 (2010)

学術論文

  • Kohei Torikai, Rintaro Koga, Xiaohui Liu, Kaoru Umehara, Tatsuya Kitano, Kenji Watanabe, Tohru Oishi, Hiroshi Noguchi, Yasuyuki Shimohigashi ; Design and synthesis of benzoacridines as estrogenic and anti-estrogenic agents, Bioorganic & Medicinal Chemistry, 25(20), 5216-5237 (2017) 
  • Md Abdul Muhit, Kaoru Umehara, Hiroshi Noguchi ; α-Keto tetrahydrofuran lignan glucosides from the Bangladeshi medicinal plant Terminalia citrina inhibit estradiol (E2) induced proliferation in cancer cells, Phytochemistry 145:161-167 (2017) 
  • Takaharu Suwama, Keisuke Watanabe, Orawan Monthakantirat, Prathan Luecha, Hiroshi Noguchi, Kenji Watanabe, Kaoru Umehara; Naphthalene glycosides in the Thai medicinal plant Diospyros mollis, J Nat Med. 72(1), 220-229 (2017) doi: 10.1007/s11418-017-1134-1. 
  • Takashi Matsui, Takeshi Kodama, Takahiro Mori, Tetsuhiro Tadakoshi, Hiroshi Noguchi, Ikuro Abe & Hiroyuki Morita; 2-Alkylquinolone alkaloid biosynthesis in the medicinal plant Evodia rutaecarpa involves collaboration of two novel type III polyketide synthases, J Biol Chem., 292(22):9117-9135(2017). 
  • Md. Abdul Muhit, Kaoru Umehara, Kanami Mori-Yasumoto, Hiroshi Noguchi; Furofuran Lignan Glucosides with Estrogen-Inhibitory Properties from the Bangladeshi Medicinal Plant Terminalia citrine, J. Nat. Prod., J. Nat. Prod., 79(5), 1298-1307
  • Michio Sato, Jaclyn M. Winter, Shinji Kishimoto, Hiroshi Noguchi, Yi Tang, Kenji Watanabe; Combinatorial Generation of Chemical Diversity by Redox Enzymes in Chaetoviridin Biosynthesis, Org. Lettr., 18 (6), 1446–1449 (2016)
  • Xinmei Yang, Takashi Matsui, Takeshi Kodama, Takahiro Mori, Xiaoxi Zhou, Futoshi Taura, Hiroshi Noguchi, Ikuro Abe, Hiroyuki Morita; Structural basis for olivetolic acid formation by a polyketide cyclase from Cannabis sativa ; FEBS J. 283(6) 1088-1106 (2016) 
  • Muhit, M. Abdul, Izumikawa, M, Umehara, K., Noguchi, H.; Phenolic constituents of the Bangladeshi medicinal plant Pothos scandens and their anti-estrogenic, hyaluronidase inhibition, and histamine release inhibitory activities, Phytochemistry, 121, 30-37 (2016) Yamamoto T., Tsunematsu, Y., Noguchi, H., Hotta, K., & Watanabe K.; Elucidation of Pyranonigrin Biosynthetic Pathway Reveals a Mode of Tetramic Acid, Fused -Pyrone, and exo-Methylene Formation. Org. Lett., 17, 4992-4995 (2015)
  • Kongkaew, S., Yotmanee, P., Rungrotmongkol, T., Kaiyawet, N., Meeprasert, A., Kaburaki, T., Noguchi, H., Takeuchi, F., Kungwan, N., Hannongbua, S. ; Molecular Dynamics Simulation Reveals the Selective Binding of Human Leukocyte Antigen Alleles Associated with Behçet’s Disease. PLOS ONE vol. 10(9) e-published e013117 (2015)
  • Fangkrathok, N., Junlatat, J., Umehara, K., Noguchi, H., and Sripanidkulchai, B. Cytotoxic and immunomodulatory effects of polyhydroxyoctane isolated from Lentinus polychrous mycelia. J. Nat. Med. 68, 302-309 (2014) 
  • Promden, W., Monthakantirat, O., Umehara, K., Noguchi, H., and De-Eknamkul, W. Structure and antioxidant activity relationships of isoflavonoids from Dalbergia parviflora. Molecules 19, 2226-2237 (2014).
  • Tsunematsu, Y., Fukutomi, M., Saruwatari, T., Noguchi, H., Hotta, K., Tang, Y., and Watanabe, K. Elucidation of pseurotin biosynthetic pathway points to trans-acting C-methyltransferase: generation of chemical diversity. Angew. Chem. Int. Ed. 53, 8475-8479 (2014)
  • Monthakantirat, O., Sukano, W., Umehara, K., Noguchi, H., Chulikhit, Y., and Matsumoto, K. Effect of miroestrol on ovariectomy-induced cognitive impairment and lipid peroxidation in mouse brain. Phytomedicine 21, 1249-1255 (2014)
  • Ishikawa, N., Tanaka, H., Koyama, F., Noguchi, H., Wang, CC., Hotta, K., and Watanabe, K. Non-heme dioxygenase catalyzes atypical oxidations of 6,7-bicyclic systems to form the 6,6-quinolone core of viridicatin-type fungal alkaloids. Angew. Chem. Int. Ed. 53, 12880-12884 (2014) 
  • Simaratanamongkol, A., Umehara, K., Noguchi, H., and Panichayupakaranant, P. Identification of a new angiotensin-converting enzyme (ACE) inhibitor from Thai edible plants. Food Chem. 165, 92-97 (2014)
  • Fangkrathok, N., Sripanidkulchai, B., Umehara, K., and Noguchi, H. Bioactive ergostanoids and a new polyhydroxyoctane from Lentinus polychrous mycelia and their inhibitory effects on E2-enhanced cell proliferation of T47D cells. Nat. Prod. Res. 27, 1611-1619 (2013)
  • Sakunphueak, A., Tansakul, P., Umehara, K., Noguchi, H., and Panichayupakaranant, P. Effect of methionine on production of naphthoquinones in Impatiens balsamina root cultures and detection of some secondary metabolites. Pharm. Biol. 51, 36-41 (2013)
  • Nakazawa, T., Ishiuchi, K., Sato, M., Tsunematsu, Y., Sugimoto, S., Gotanda, Y., Noguchi, H., Hotta, K., Watanabe, K.; Targeted disruption of transcriptional regulators in Chaetomium globosum activates biosynthetic pathways and reveals transcriptional regulator-like behavior of aureonitol. J. Am. Chem. Soc. 135, 13446-13455 (2013)
  • Tsunematsu, Y., Ishikawa, N., Wakana, D., Goda, Y., Noguchi, H., Moriya, H., Hotta, K., and Watanabe, K. Distinct mechanisms for spiro-carbon formation reveal biosynthetic pathway crosstalk. Nat. Chem. Biol. 9, 818-825 (2013)
  • Mori, T., Shimokawa, Y., Matsui, T., Kinjo, K., Kato, R., Noguchi, H., Sugio, S., Morita, H., and Abe, I. Cloning and structure-function analyses of quinolone- and acridone-producing novel type III polyketide synthases from Citrus microcarpa. J. Biol. Chem. 288, 28845-28858 (2013) 

海外および国際学会発表

  • Hiroshi Noguchi; Green Tea Polyphenol inhibits key enzyme in cholesterol biosynthesis, 20th World Congress on Clinical Nutrition, Rama Garden Hotel, Bangkok, Thailand, Dec. 15th (2016)
  • Morita H., Abe I., ○Noguchi H.; The recent progress of the type-III plant polyketide synthases(PKS) : Two novel type-III PKS from Evodia rutaecarpa ; The 9th CSP-KSP-JSP Symposium on Pharmacognosy,中国上海中医葯大学, No.1200, Cai Lun Road, Shanghai China, 201203, May 29th(2016)
  • Hiroshi Noguchi:Biosynthesis of plant polyphenol, The 6th International Conference on Natural Products for Health and Beauty (NATPRO6), Pullman Raja Orchid Hotel, KhonKaen, Thailand, Jan. 21st, (2016)

国内学会発表

  • 野口博司 「生薬有効成分とその生合成に関する研究」日本生薬学会第62回年会(岐阜)長良川国際会議場2015年9月11日(金)~12日(土)

研究費の受入状況

代表
  • 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究) 平成26~28年度 代表 課題番号 :26670048研究課題名 「微生物の生物機能を用いた次世代ケミカルプロセスの構築」
  • 科学研究費補助金 基盤研究(A) 平成25~27年度 代表 (予定) 課題番号 :25242067 研究課題名 「多様な植物ポリケタイド生合成機構の統合化」 
  • 科学研究費補助金 基盤研究(A) 平成22~24年度 代表 課題番号 :22241054 研究課題名 「各種ポリケタイド生合成酵素による分子多様性の創出」 

 

受託研究
  • 日本学術振興会 平成26年度二国間交流事業共同研究/ セミナー 研究課題名ベーチェット病遺伝要因としてのHLA アリルに関する生物分子科学的研究 Novel approach to the associations between the HLA polymorphism and the clinical manifestations of Behcet's disease with molecular modeling

 

財団等
  • 平成26年度上原記念生命科学財団 研究助成 「抗ベーチェット病医薬化学基盤開発」研究代表者 野口博司
    第41回(平成22年度)三菱財団自然科学研究助成 34番 研究課題名 「医薬品合成を指向した高機能性生体触媒の創製」

 

分担

  • 科学研究費補助金(基盤研究(B)海外学術調査)平成28~31年度 分担 課題番号 :16H05840 研究課題名 「東アジア調査に基づくベーチェット病、強皮病の特異的HLAが病態に関わる機序の研究」 代表 竹内二士夫

  • 科学研究費補助金(基盤研究(C))平成28~30年度 分担 課題番号 : 研究課題名 「HLA-ペプチド親和性の網羅的計算法の開発とベーチェット病の病因解明への応用」 代表 石川岳志

  • 科学研究費補助金(基盤研究(B)海外学術調査)平成23~26年度 分担 課題番号 :23406031 研究課題名 「HLAアリルの東アジアにおけるベーチェット病遺伝要因としての意義に関する研究」 代表 竹内二士夫

  • 学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)平成22~24年度 分担 課題番号 :22658004研究課題名 「育種上重要な遺伝子機能解明のための新たな変異創成法の開発 代表 飯田滋

     

著書

  • 野口 博司(分担)パートナー生薬学 改訂第3版,南江堂 (2017).

  • 野口 博司(分担)スタンダード薬学II・化学系薬学III,SBO15(1) C5(2)①3フラボノイド、C5④2アドバンストD、東京化学同人(2016)

  • 野口博司 (分担)ポリケタイド、天然物化学−植物編、山村庄亮, 長谷川宏司 編著、376-386 (2007). アイピーシー

     

社会活動

  • 国/日本学術振興会等関連委員:厚生労働省薬事・食品衛生審議会臨時/専門委員、薬剤師国家試験委員、大学設置・学校法人審議会(大学設置分科会)薬学専門委員、平成25年度大学基準協会大学評価分科会(第25群)委員等
  • 静岡県関連委員:静岡県薬事審議会委員長、静岡県立中央図書館協議会委員長等
  • 学会/学術関連委員日本薬学会代議員、生薬・天然物部会部会長、日本生薬学会評議員・理事、生薬学会東海地区幹事、日本植物組織培養学会評議員、薬学研究奨励財団助成金等選考委員、第2回食品薬学シンポジウム実行委員長(平成19年)、第18回植物細胞分子生物学会静岡大会会長(平成12年)等

シンポジウム等

  • 野口 博司,学会等名:日本学術会議 薬学委員会 化学・物理系薬学分科会、生物系薬学分科会日本薬学会 シンポジウム「新しい展開を目指す化学・物理系薬学領域の研究」 発表表題:「薬用植物資源科学の展開」5月20日(金) 日本学術会議 講堂 (2016)

受賞歴

  • 平成27年 9月 日本生薬学会賞

その他

  • 野口博司 ビデオ教材製作 3−10薬食同源と健康長寿 漢方e-learning III体系的漢方医学(地方独立行政法人神奈川県立産業技術総合研究所)(2017)
  • 野口博司,学会等名:日本東洋医学会東海支部静岡県部会 第5回漢方初級・中級講座,「気剤の生薬解説」,3月5日三島商工会議所, 三島 (2017).
  • 野口博司「日本東洋医学会東海支部静岡県部会 第5回漢方初級・中級講座」利水剤の生薬解説 平成28年3月6日アクトシティー浜松コングレスセンター会議室45 (2016)
  • 野口博司「日本東洋医学会東海支部静岡県部会 第4回漢方初級・中級講座」駆瘀血剤の生薬解説  野口博司 3月1日三島商工会議所 (2015)
  • 野口博司 梅原薫 小野孝彦 「日本東洋医学会東海支部静岡県部会」黄耆と甘草の生薬学的異同の考察 9月29日グランシップ会議室1001(2013)