教員プロフィール

栗田 拓朗

栗田 拓朗 准教授

栗田 拓朗

医薬品製剤の品質に責任を持つことのできる薬剤師に。

現在の医療現場において欠かすことのできない医薬品製剤や医療機器ですが、一方で大量生産された工業製品という一面も有しています。患者さんや医療関係者が安心して用いるために、医薬品製剤が確保していなくてはならない品質とは何か、また医薬品製剤の品質を管理、保証するためには何が必要なのかを、医薬品製剤の製造過程や試験法を通じて理解することを目標としています。

 

略歴

静岡県立大学薬学部薬学科卒業後、静岡県立大学大学院薬学研究科博士前期、後期課程修了。
博士(薬学)。 静岡県立大学薬学部助手(後に助教)、徳島文理大学香川薬学部講師(製剤学講座)を経て現職。
日本薬剤師研修センター認定薬剤師。

総説

  • 栗田拓朗, 牧野悠治: 医療ニーズをふまえたマイクロニードルの製剤設計. Pharm stage (技術情報協会), 10巻5号,15-19 (2010) 
  • T. Kurita and Y. Makino: Novel Curcumin Oral Delivery Systems. Anticancer Research, 33 (7) 2807-2821 (2013)

学術論文

  • T. Tokumura, M. Kawakami, R. Kitada and T. Kurita: Validated Assay Method for Fexofenadine Hydrochloride in Powder Preparations of Allegra® 60 mg Tablets to Develop a New Method for Grinding Tablets on Dispensing in Japan. Sch. Acad. J. of Pharm., 5 (8), 359-362 (2016)
  • S. Matsuyama, T. Tokumura and T. Kurita: Degradation Rate of Ebastine in an Aqueous Solution at pH 1.2 and the Effects of Cyclo dextrins. Sch. Acad. J. Pharm., 5 (4), 87-91 (2016)
  • T. Tokumura, H. Isaka, M. Kanou, E. Miyazaki, N. Kaneko and T. Kurita: An inclusion complex of fluticasone propionate with γ-cyclodextrin in aqueous solution and in a solid state. J. Drug Del. Sci. Tech., 26 (4), 24-27 (2015)
  • T. Tokumura, M. Kawakami, R. Kitada, H. Yamamoto, H. Yamamoto and T. Kurita: Determination of Sildenafil Citrate in Powder Preparations Prepared from Revatio Tablets 20 mg for Infants with Persistent Pulmonary Hypertension of the Newborn. Sch. Acad. J. Pharm., 4 (8), 370-375 (2015)
  • S. Kamiya, T. Kurita, A. Miyagishima, S. Itai and M. Arakawa: Physical properties of griseofulvin-lipid nanoparticles in suspension and their novel interaction mechanism with saccharide during freeze-drying. Eur. J. of Pharm. and Biopharm., 74 (3), 461-466 (2010)
  • S. Kamiya, T. Kurita, A. Miyagishima and M. Arakawa: Preparation of griseofulvin nanoparticle suspension by high-pressure homogenization and preservation of the suspension with saccharides and sugar alcohols. Drug Dev. and Ind. Pharm., 35 (8), 1022-1028 (2009)
  • H. Ohshima, A. Miyagishima, T. Kurita, Y. Makino, Y. Iwao, T. Sonobe and S Itai: Freeze-dried nifedipine-lipid nanoparticles with long-term nano-dispersion stability after reconstitution. Int. J. of Pharm., 377 (1), 180-184 (2009)
  • S. Kamiya, M. Yamada, T. Kurita, A. Miyagishima, M. Arakawa and T. Sonobe: Preparation and stabilization of nifedipine lipid nanoparticles. Int. J. of Pharm., 354 (1), 242-247 (2008)
  • S. Kamiya, Y. Nozawa, A. Miyagishima, T. Kurita, Y. Sadzuka and T. Sonobe: Physical characteristics of freeze-dried griseofulvin-lipids nanoparticles. Chem. Pharm. Bull., 54 (2), 181-184 (2006)
  • T. Kurita, A. Miyagishima, Y. Nozawa, Y. Sadzuka and T Sonobe: A dosage design of mitomycin C tablets containing finely powdered green tea. Int. J. of Pharm., 275 (1), 279-283 (2004)
  • T. Kurita, A. Miyagishima, Y. Nozawa, Y. Sadzuka and T Sonobe: Physical Characteristics of Finely Powdered Green Tea: Preformulation Study for Solid Preparations Containing Green Tea Components. J. Pharm. Sci. Tech. Jpn., 63 (2), 89-96 (2003)

海外および国際学会発表

  • 3D image analysis of microneedles: 2nd International Conference on Microneedles, Cork, Ireland (2012)
  • Antigen release from microneedles surface and immunization: The first International Conference on Microneedles. Atlanta, GA, USA (2010)
  • A Novel Fabrication method of Tapered Plastic Microneedle Arrays: The first International Conference on Microneedles. Atlanta, GA, USA (2010)
  • Tablet Characteristics of Finely Powdered Green Tea and Effect of the Components on Mitomycin C Uptake in Ehrlich Ascites Carcinoma Cells. Pharmaceutical Sciences World Congress, Kyoto (2004)

国内学会発表

  • 酸性液中におけるエバスチンおよびシクロデキストリンの安定性, 第33回シクロデキストリンシンポジウム, 高松 (2016)
  • 潰瘍性大腸炎用注腸剤開発を目的としたフルチカゾンプロピオン酸エステルの物性測定とシクロデキストリン包接化合物の調製, 第33回シクロデキストリンシンポジウム, 高松 (2016)
  • アレンドロン酸ナトリウム含有経口ゼリー剤からのアレンドロン酸ナトリウムの初期溶出性の評価とその制御, 日本薬学会第136年会, 横浜 (2016)
  • カンデサルタンシレキセチル製剤の溶出性に対する簡易懸濁法の影響について, 日本薬学会第136年会, 横浜 (2016)
  • 自動分割分包機に残留する製剤量に関する検討:テオドールDS20%、ゾンネ、アセトアミノフェン原末、オノンDS10%、ザジテンDS0.1%における製剤残留量の比較, 日本薬学会第136年会, 横浜 (2016)
  • 錠剤の粉砕調剤に対する最適化実験, 日本薬学会第136年会, 横浜 (2016)
  • 薬剤耐性癌細胞におけるドキソルビシン・クルクミン封入リポソームの効果に関する検討, 日本薬学会第136年会, 横浜 (2016)
  • 錠剤粉砕物から調製されたシルデナフィルクエン酸塩乳幼児用分包品に対する含量評価法の確立, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 高知 (2015)
  • 錠剤粉砕物を用いた乳幼児用分包品調製への試み, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 高知 (2015)

(他 約40演題)

著書

茶の効用と応用開発, 共著, シーエムシー出版(2006)

社会活動

文部科学省科学技術振興調整費・地域再生人材創出拠点の形成「21世紀源内ものづくり塾」講師 (2009~2012, 2013からは香川県予算にて事業継続中)

特許

  • Medication liquid supporting jig and method of applying medication to micro-needle using same. US Patent 9,067,048 (2015)
  • 薬液担持用治具とそれを用いたマイクロニードルへの薬剤塗布方法, 特許5514807 (2014)
  • マイクロニードルの塗布方法, 特願2012-540685 (2012)