COURSE INFORMATION 学科案内
  1. HOME
  2. 薬学科
  3. 山本 博之

山本 博之

ただの薬剤師じゃない、専門分野を持った薬剤師を目指そう

「学而不思則罔、思而不学則殆。」論語の一文ですが、「知識は蓄えるだけでは役に立たず、得た知識を納得できるまで考え、理解することが重要である」ことを説いています。現代はインターネットの普及により、様々な情報が簡単に調べることができるようになりました。しかしながら、それらの情報は膨大であり、中には信憑性に疑問がある情報まで存在しています。それら情報をきちんと整理・理解し、正しい情報を活用できる薬剤師になれるよう一緒に学んでいきましょう。

また、私は皮膚に発現するペプチドとその活性調節に関する研究を行っています。皮膚は外の環境と接するとても大きな組織であり、外界からの防御や体温の調節、外部刺激の感知など様々な役割を担っています。特に、外界からの刺激に対する反応には中枢を介さない皮膚独自の応答機構が存在しています。皮膚に特有なペプチドホルモンの活性調節機構の解明に向けて研究を進め、医薬品や化粧品への応用を目指しています。



略歴
  • 静岡県立大学博士後期課程中退。

  • 静岡県立大学薬学部助手、助教、日本薬科大学薬学部講師を経て現職。

  • 学位:博士(薬学)

総説
  • 山本博之、田中清隆、アルナシリイダマルゴダ, α-MSH(1-8)の新規メラニン産生刺激因子としての可能性, Fragrance journal 40(11), 48-53 (2012)

学術論文
  • Yamamoto, H., Okada, R., Tanaka, R, Unno, K., Iguchi, K., Expression of a urokinase-type plasminogen activator during tumor growth leads to angiogenesis via galanin activation in tumor-bearing mice, FEBS Open Bio, 7 (11), 1784-1792 (2017)

  • Yamamoto, H., Saito, S., Sawaguchi, Y., Kimura, M., Identification of protease specificity using biotin-labeled substrates, The Open Biochemistry Journal. 11, 27-35, (2017)

  • Sawaguchi, Y., Wang, Z., Itou, S., Kikuchi, Ran., Yamamoto, H., Tachibana, K., Nakajima, T., Nakata, N., Basis examination for development of prevention of vascular occlusion by ultrasound. Neurosonology. 30, 4-7 (2017)

  • Pervin, M., Unno, K., Nakagawa, A., Takahashi, Y., Iguchi, K., Yamamoto, H., Hoshino, M., Hara, A., Takagaki, A., Nanjo, F., Minami, A., Imai, S., Nakamura, Y., Blood brain barrier permeability of (−)-epigallocatechin gallate, its proliferation-enhancing activity of human neuroblastoma SH-SY5Y cells, and its preventive effect on age-related cognitive dysfunction in mice, Biochemistry and Biophysics Reports, 9, 180-186, (2017)

  • Yamamoto, H., Ramos-Molina, B., Lick, AN., Prideaux, M., Albornoz, V., Bonewald, L., Lindberg, I., Posttranslational processing of FGF23 in osteocytes during the osteoblast to osteocyte transition. Bone. 84, 55-62 (2016)

  • Yamamoto, H., Yamane, T., Iguchi, K., Tanaka, K., Iddamalgoda, A., Unno, K., Hoshino, M., Takeda, A., Melanin production through novel processing of proopiomelanocortin in the extracellular compartment of the auricular skin of C57BL/6 mice after UV-irradiation. Sci. Rep. 5, 14579; doi: 10.1038/srep14579 (2015)

  • Hardes, K., Becker, GL. Lu, Y., Dahms, SO., Köhler, S., Beyer, W., Sandvig, K., Yamamoto, H., Lindberg, I., Walz, L., Messling, V., Than, ME., Garten, W., Steinmetzer, T., Novel furin inhibitors with potent anti-infectious activity. ChemMedChem., 10, 1218-1231 (2015)

  • Unno, K., Konishi, T., Nakagawa, A., Narita, Y., Takabayashi, F., Okamura, H., Hara, A., Yamamoto, H., Iguchi, K., Hoshino, M., Yasui, K., Katayanagi, Y., Fukutomi, R., Imai, S., Cognitive dysfunction and amyloid β accumulation are ameliorated by the ingestion of green soybean extract in aged mice. J. Funct. Foods, 345-353 (2015)

  • Yamamoto, H., Shimokawa, H., Haga, T., Fukui, Y., Iguchi, K., Unno, K., Hoshino, M., Takeda, A., The expression of relaxin-3 in adipose tissue and its effects on adipogenesis. Protein Pept. Lett, 194-195, 55-62 (2014)

  • Yamamoto, H., Arai, Y., Ben, S., Iguchi, K., Unno, K., Hoshino, M., Takeda, A., Involvement of plasmin-mediated extracellular activation of progalanin in angiogenesis. Biochem. Biophys. Res. Commun. 430, 999–1004 (2013)

  • K., Unno, Tanida, N., Ishii, N., Yamamoto, H., Iguchi, K., Hoshino, M., Takeda, A., Ozawa, H., Ohkubo, T., Lekh Raj Juneja, Yamada, H., Anti-stress effect of theanine on students during pharmacy practice: Positive correlation among salivary α-amylase activity, trait anxiety and subjective stress. Pharmacol Biochem Behav. 111, 128-135 (2013)

  • Hiramoto, K., Yamamoto, H., Iguchi, K., N-Acetyl-β-endorphin suppresses atopic dermatitis in NC/Nga mice. Dermatology Aspects (2013) doi: http://dx.doi.org/10.7243/2053-5309-1-2

  • Unno, K., Iguchi, K., Tanida, M., Fujitani, K., Takamori, N., Yamamoto, H., Ishii, N, Nagano, H., Nagashima, T., Hara, A., Shimoi, K., Hoshino, .M, Ingestion of theanine, an amino acid in tea, suppresses psychosocial stress in mice. Exp. Physiol., 98,290-303 (2013)

  • Yamamoto, H., Ben, S., Saitoh, S., Kamata, K., Iguchi, K., Hoshino, M., Plasmin: Its role in the extracellular processing of progalanin in tumor tissue. Protein Pept. Lett., 18, 1204-1211 (2011)

  • Yamamoto, H., Arai, T., Ben, S., Iguchi, K., Hoshino, M., Expression of galanin and galanin receptor mRNA in skin during the formation of granulation tissue. Endocrine, 40, 400-407 (2011)

  • Yamamoto, H., Iguchi, K., Ohno, S., Yokogawa, T., Nishikawa, K., Hoshino, M., Activation of Large Form Galanin-LI by Extracellular Processing in Small Cell Lung Carcinoma Tissue. Protein Pept. Lett., 18, 1058-1064 (2011)

  • Unno, K., Yamamoto, H., Ohtaki, T., Ishikawa, Y., Noda, S., Maeda, K., Fujitani, K., Miyazaki, H., Takabayashi, F., Sasaki, T., Hoshio, M., Active Component in Green Tea Catechins and Effective Intake Period for Prevention of Age-related Brain Dysfunction. Anti-Aging Medicine, 8, 75-81 (2011)

  • Unno, K., Sugiura, M., Ogawa, K., Takabayashi, F., Toda, M., Sakuma, M., Maeda, M., Fujitani, K., Miyazaki, H., Yamamoto, H., Hoshino, M., Beta-Cryptoxanthin, Plentiful in Japanese Mandarin Orange, Prevents Age-related Cognitive Dysfunction and Oxidative Damage in Senescence-accelerated Mouse Brain. Biol. Pharm. Bull., 34, 311-317 (2011)

  • Ikehara, O., Hayashi, H., Watanabe, Y., Yamamoto, H., Mochizuki, T., Hoshino, M., Suzuki, Y., Proteinase-activated receptors-1 and-2 induce electrogenic Cl- secretion in the mouse cecum by distinct mechanisms. Am. J. Physiol. Gastrointest. Liver Physiol., 299, G115-G125 (2010)

  • Yamamoto, H., Arai, T., Tasaka, R., Mori, Y., Iguchi, K., Unno, K., Hoshino, M., Inhibitory effect of relaxin-3 on insulin secretion in isolated pancreas and insulinoma. J. Health Sci., 55(1): 132-137 (2009)

  • Unno, K., Yamamoto, H., Maeda, K., Takabayashi, F., Yoshida, H., Kikunaga, N, Takamori, N., Asahina, S., Iguchi, K., Sayama, K., Hoshino, M., Protection of Brain and Pancreas from High-Fat Diet: Effects of Catechin and Caffeine. Physiol. Behav., 96: 262-269 (2009)

  • Iguchi, K., Yamamoto, H., Ogata, M., Mochizuki, T., Hoshino, M., Expression of secretin in porcine and rat central nervous system. J. Health Sci., 50(6): 640-646 (2004)

国内学会発表
  • 山本博之,柳沢亮太,宮口祐美佳,木村道夫,井口和明,紫外線曝露における角化細胞のセクレチン前駆体の発現誘導,第138年会日本薬学会,3月,金沢,(2018)

  • 柳沢亮太,山口陽子,鹿村知令,板橋美奈,木村道夫,山本博之,光線曝露における線維芽細胞のトリプシン-2発現誘導,第138年会日本薬学会,3月,金沢,(2018)

  • 山本博之,柳沢亮太,鹿村知令,板橋美奈,木村道夫,光線曝露による線維芽細胞のトリプシン様プロテアーゼ活性の発現亢進,第40回日本分子生物学会年会・第90回日本生化学会大会生命科学系学会合同年次大会,12月,神戸,(2017).

  • 木村道夫,野口遥,安藤彩,高橋冴和子,福島圭,喜名あかね,山本博之,下川修,病原真菌Candida albicansから分離した呼吸変異株KA1にみられる代謝変化とタンパク質発現変化,第40回日本分子生物学会年会・第90回日本生化学会大会生命科学系学会合同年次大会,12月,神戸,(2017).

  • 山本博之,ペプチドの新規活性調節機構に着目した生理活性ペプチドの探索,日薬研究会,10月,埼玉,(2017).

  • 山本博之,若松尚之,柳沢亮太,宮口祐美佳,井口和明,木村道夫,紫外線曝露による角化細胞のセクレチン発現亢進,第39回日本光医学・光生物学会,7月,名古屋,(2017)

  • 山本博之,ペプチドの新規活性調節機構に着目した皮膚恒常性に関与する生理活性ペプチドの網羅的探索,ホーユー科学財団 研究成果報告会,5月,名古屋,(2017)

  • 若松尚之,井口和明,木村道夫,山本博之,紫外線曝露による角化細胞のセクレチンmRNA 発現亢進,日本薬学会第137年会,3月,仙台 (2017).
    山本博之,田中里佳,木村道夫,線維芽細胞のゼラチナーゼ分泌に対する光線曝露の影響,日本薬学会第137年会,3月,仙台 (2017).

  • 山口陽子,木村道夫,山本博之,メラニン産生細胞におけるビンキュリンの膜移行と紫外線曝露の影響,日本薬学会第137年会,3月,仙台 (2017).

  • 山本博之,豊田悠希,若松尚之,山口陽子,高橋朱夏,木村道夫,トリプシン様切断活性を有するプロテアーゼの標識基質の合成とその応用,新アミノ酸分析研究会第6回学術講演会,11月,東京(2016)

  • 山本博之,豊田悠希,若松尚之,山口陽子,木村道夫,組織中トリプシン様切断活性を有するプロテアーゼの網羅的な検出,第88回日本生化学会大会,9月,仙台 (2016)

  • 山本博之,岡田莉奈,井口和明,肺小細胞がん SBC-3A におけるプラスミノーゲン活性化因子の発現調節,日本薬学会第136年会,3月,横浜 (2016).

  • 田中里佳,山本博之,線維芽細胞のマトリックスメタロプロテアーゼ分泌における光線暴露の影響,日本薬学会第136年会,3月,横浜 (2016).

  • 齋藤晶太,山本博之,木村道夫,MALDI-TOF 質量分析を用いたプロテアーゼの基質特異性の決定法,日本薬学会第136年会,3月,横浜 (2016).

  • 豊田悠希,齋藤晶太,山本博之,トリプシン様活性酵素の特異的標識基質を用いた腫瘍組織中酵素の検出,日本薬学会第136年会,3月,横浜 (2016).

  • 立道章悟,田中清隆, アルナシリ イダマルゴダ, 山本博之,角化細胞におけるPOMC分泌とメラニン産生細胞による調節,日本薬学会第136年会,3月,横浜 (2016).

  • 山本博之,曽我麻衣子,井口和明,海野けい子,星野稔,創傷治癒過程におけるガラニンの角化細胞に対する作用,第38回日本分子生物学会年会,第88回日本生化学会大会 合同大会,12月,神戸(2015).

  • 山本博之,齋藤晶太,木村道夫,質量分析法を用いたプロテアーゼの基質特異性決定法,新アミノ酸分析研究会第5回学術講演会,12月,東京 (2015)

  • 山本博之,炎症部位におけるペプチドホルモンの新規な活性化機構とその生理的意義,日薬研究会,7月,埼玉 (2015)

  • 山本博之、井口和明、星野 稔:耳介炎症モデルマウスにおけるガラニンおよびガラニン受容体の発現誘導と掻痒作用. 第78回生化学会中部支部例会・シンポジウム,5月24日,名古屋(2014)

  • 山本博之、依田亜理沙、井口和明、田中清隆、アルナシリ イダマルゴダ、海野けい子、武田厚司:角化細胞におけるPOMCの産生分泌とメラニン産生細胞の関与.日本薬学会第135年会,3月25-28日,神戸(2015)

  • 橋本有佳、山本博之、岡田莉奈、井口和明、海野けい子、武田厚司:塩化コバルト誘導低酸素刺激における肺小細胞がんのガラニン発現とガラニンに対する応答性の変化.日本薬学会第135年会,3月25-28日,神戸(2015)

  • 山本博之、曽我麻衣子、井口和明、海野けい子、星野 稔、武田厚司:角化細胞によるガラニン前駆体の産生分泌とその活性化機構.第87回日本生化学会大会,10月15-17日,京都(2014)

  • 冨岡若菜、井口和明、相澤優衣、山本博之、海野けい子、武田厚司:ストレス性疲労における副腎の機能解析とアスコルビン酸の効果.第87回日本生化学会大会,10月15-17日,京都(2014)

  • 相澤優衣、井口和明、冨岡若菜、山本博之、海野けい子、武田厚司:加齢および慢性ストレスにおける脳アンドロゲンへの影響.第87回日本生化学会大会,10月15-17日,京都(2014)

  • 依田亜理沙、山本博之、井口和明、田中清隆、アルナシリ イダマルゴダ、星野 稔、武田厚司:メラニン産生過程におけるPOMCの新規活性化機構と肥満細胞の関与.第78回生化学会中部支部例会・シンポジウム,5月24日,名古屋(2014)

  • 曽我麻衣子、山本博之、依田亜理沙、井口和明、大野 敏、横川隆志、西川一八、星野 稔、武田厚司:創傷治癒過程におけるトリプターゼのプロガラニン活性化への関与と角化細胞に対する表皮化促進作用.第78回生化学会中部支部例会・シンポジウム,5月24日,名古屋(2014)

  • 橋本有佳、山本博之、依田亜理沙、井口和明、大野 敏、横川隆志、西川一八、海野けい子、星野 稔、武田厚司:プラスミノーゲン活性化因子を介した腫瘍形成過程におけるガラニンの活性調節機構.第78回生化学会中部支部例会・シンポジウム,5月24日,名古屋(2014)

研究費の受入状況
  • 科研費若手B「ペプチドの新規な活性化機構を基にした活性ペプチドの探索」(代表)、2017-2019

  • 日本私立学校振興・共済事業団学術研究進行資金「ペプチド前駆体POMCにより生成される新規活性ペプチドの探索」(代表)、2016

  • ホーユー科学財団「ペプチドの新規活性調節機構に着目した皮膚恒常性に関与する生理活性ペプチドの網羅的探索」(代表)、2016

共同研究
  • 山本博之(代表),共同研究(一丸ファルコス㈱),新しい美白理論の開発研究,総額2,500千円(2013-2017)

  • 山本博之(代表),奨学寄附金(けんだいがかり),皮膚への光線曝露に関する研究,500千円(2017)

  • 山本博之(代表),共同研究(㈱クレコス),お茶を応用したメラニン抑制の研究開発, 300千円(2013)

社会活動
  • 日本生化学会中部支部 幹事

特許
  • 特開2015-137267「特定アミノ酸配列から成るペプチドの産生を抑制する薬剤」田中清隆,山本博之,井口和明

その他
  • 山本博之,色素沈着のメカニズム~メラノソームの成熟と角化細胞への移行~,日本薬科大学教育紀要,3,p38-41 (2017).

  • 山本博之,内分泌ペプチド,リラキシン-3の腸管膜における発現とグルコース恒常性の維持,日本薬科大学教育紀要,2,p49-52 (2015).

  • Yamamoto H., Okada R., Hashimoto Y., Iguchi K., Unno K., Hoshino M., Takeda A., Involvement of plasminogen activators in extracellular activation of progalanin. Pept. Sci., 213-214, (2014)