COURSE INFORMATION 学科案内
  1. HOME
  2. 薬学科
  3. 佐藤 卓美

佐藤 卓美

「入学してよかった」と言ってもらえるように教師陣も臥薪嘗胆。

本学では薬剤師免許の取得を第一義としています。学生と教員は運命共同体であり、国家試験という生命線を死守するために学生は粉骨砕身、教員も社会からは「国家試験対策なら日本薬科大学」という評価を、学生諸君からは「本学に入学して本当によかった」と言ってもらえるように臥薪嘗胆の毎日です。本学では学生ひとり一人の夢を成就させるために、テイラード教育の実践を目指しています。是非、本学の門を叩き、薬学の世界に踏み込んでください。私の研究テーマは「痛みの伝導路の研究およびオピオイド受容体の機能解析と新規鎮痛薬の開発」です。1980年に南アメリカ産のカエルの皮膚から単離されたヘプタペプチド、「Dermorphin」の構造活性の研究を通じて、副作用の少ない経口投与可能なペプチド性鎮痛薬の開発に貢献しています。



略歴
  • 東北薬科大学助手、東北薬科大学講師、スイス・バーゼル大学客員研究員、東北薬科大学助教授を経て現職。日本薬理学会学術評議員、医薬品相互作用研究会評議員。

学術論文
  • Inoue T., Matsuda Y., Sato T., Sakurada C., Haniu H., Tsukahara T., Sigita K., Mabuchi T., Emizu T., Sato K.,: The impact of repeated administration of choline on spinal cognitive memory in rats. Jap. J. Med. Pharm. Sci. 73(8), 1009-1016(2016)

  • 井上俊夫、松田佳和、佐藤卓美、櫻田誓、羽二生久夫、塚原完、杉田和夫、馬渕知子、江水保、佐藤和三郎:ラットの空間認知記憶に及ぼすコリン塩化物長期摂取の影響.医学と薬学73(3) 1009-1016(2016)

  • Nakasone T., Sato T., Matsushima Y., Inoue T., Kamei C., Characteristics of scratching behavior in ADJM mice (atopic dermatitis gtom Jananese mice), Immunopharmacol. Immunotoxicol., 37(2), 202-206(2015)

  • Mizoguchi H., Takagi H., Watanabe C., Yonezawa A., Sato T., Sakurada T., Sakurada S., Involvement of multiple µ-opioid receptor subtypes on the presynaptic or postsynaptic inhibition of spinal pain transmission. Peptides, 51, 15-25(2014)

  • Mizoguchi H., Kon-No T., Watanabe H., Watanabe C., Yonezawa A., Sato T., Sakurada T., Sakurada S., Involvement of spinal release of α-neo-endorphin on the antinociceptive effect of TAPA., Peptides. 50, 139-144(2013)

  • Mizoguchi H., Watanabe C., Higashiya T., Takeda S., Moriyama K., Aoki Y., Kon-no T., Takagi H., Yonezawa A., Sato T., Sakurada T., Sakurada S., Distinct physiological role of amidino
    -TAPA- sensitive and DAMGO-insensitive μ-opioid receptor splice variants in the mouse spinal cord., Eur. J. Pharmacol., 711(1-3), 80-86(2013)

  • Sakurada, S., Sawai, T., Mizoguchi, H., Watanabe, H., Watanabe, C., Yonezawa, A., Morimoto, M., Sato, T.,Komatsu, T. and Sakurada, T : Possible involvement of dynorphin A release via micro1-opioid receptor on supraspinal antinociception of endomorphin-2. Peptides, 29, 1554-1560 (2008).

  • Tan-No, K., Takahashi, K., Shimoda, M., Sugawara, M., Nakagawasai, O., Niijima, F., Sato, T., Satoh, S. and Tadano, T.: S-(+)-fenfluramine-induced nociceptive behavior in mice: Involvement of interactions between spinal serotonin and substance P systems. Neuropeptides, 41, 33-38 (2007).

  • Tan-No, K., Nakajima, T., Shoji, T., Nakagawasai, O., Niijima, F., Ishikawa, M., Endo, Y., Sato, T., Satoh, S. and Tadano, T.: Anti-inflammatory effect of propolis through inhibition of nitric oxide production on carrageenin-induced mouse paw edema. Biol. Pharm. Bull., 29, 96 – 99 (2006).

  • Mizoguchi, H., Nakayama, D., Watanabe, H., Ito, K., Sakurada, W., Sawai, T., Fujimura, T., Sato, T., Sakurada, T. and Sakurada, S.: Involvement of spinal m1-opioid receptors on the Tyr-d-Arg-Phe-sarcosine-induced antinociception. Eur. J. Pharmacol., 540, 67 – 72 (2006).

  • Tan-No,K., Nakajima,T., Shoji,T., Nakagawasai,O., Niijima,F., Ishikawa,M., Endo,Y., Sato, T., Satoh,S., Tadano,T.: Anti-Inflammatory Effect of Propolis through Inhibition of Nitric Oxide Production on Carrageenin-Induced Mouse Paw Edema. Bio. Pharm. Bull., 29, 96 – 99 (2006).

  • Tan-No, K., Takahashi, H., Nakagawasai, O., Niijima, F., Sato, T., Satoh, S., Sakurada, S., Marinova, Z., Yakovleva, T., Bakalkin, G., Terenius, L. and Tadano, T.: Pronociceptive role of dynorphins in uninjured animals: N-ethylmaleimide-induced nociceptive behavior mediated through inhibition of dynorphin degradation. Pain, 113, 301 – 309 (2005).

  • Watanabe, H., Nakayama, D., Ito, K., Watanabe, C., Mizoguchi, H., Fujimura, T., Murayama, K., Kawamura, S., Sato, T., Sakurada, C., Sakurada, T. and Sakurada, S.: A Tyr-W-MIF-1 analog containing D-Pro2 acts as a selective m2-opioid receptor antagonist in the mouse. J. Pharmacol. Exp. Ther., 312, 1075 – 1081 (2005).

国内学会発表
  • 齋藤博,石井優大,市原里沙子,稲葉由華,寺田大貴,岡村祥太,中山季昭,淺野稔浩,高橋直之,松佳和,佐藤卓美:学生の実務実習時におけるダイワファーマガードを用いた抗がん剤調剤の提案,第2回薬学教育学会大会,9月,名古屋(2017)

  • 齋藤博,岡村祥太,千葉輝正,中村有貴,足立哲也,新井利次,小川晴久,根岸新一,山下裕,亀卦川誠也,杉田一郎,山﨑敏彦,野澤直美,木村道夫,佐藤卓美:薬学部における低学年のためのアクティブラーニングの実践,日本薬学会第138年会,3月,金沢(2018)

  • 井上俊夫、松田佳和、佐藤卓美、江水保、佐藤和三郎:ラットの空間認知記憶に及ぼすコリン塩化物反復投与の影響:第25回神経行動薬理若手研究者の集い、3月、横浜(2016)

  • 仲宗根佑、佐藤卓美、井上俊夫、松島芳文、亀井千晃:事前発症アトピー性皮膚炎マウス(ADJMマウス、TRAF3IP2/Act1欠損マウス)の搔痒行動の特徴:第53回日本薬学会中四国支部大会、11月、広島(2014)

著書
  • 佐藤卓美(分担):わかりやすい疾患と処方薬の解説〔病態・薬物治療編〕、アークメディア(2018)

  • 佐藤卓美, 内田享弘:基礎と実践のための必修医療薬学改訂第13版(15局準拠), (水垣道直・松山賢治監修), 分担執筆, 1- 404, エース印刷 (2008).

  • 佐藤卓美: Pharmacotherapy改訂版,(亀井淳三・吉田正編),代謝性疾患, 547 – 602, アレルギー・免疫疾患, 859 – 898, ネオメディカル (2008) .

  • 佐藤卓美:新薬理学テキスト第2版,(佐藤進編),第12章 消化器系薬, 311-340, 廣川書店 (2008)

  • 佐藤卓美:疾病薬学,(百瀬弥寿徳・橋本敬太郎編), 第6章 血液疾患, 143-158, 医学評論社 (2007) .

  • 佐藤卓美, 内田享弘, 中村仁:基礎と実践のための必修医療薬学改訂第12版,(水垣道直・松山賢治監修),分担執筆, 1- 401, エース印刷 (2007).

  • 佐藤卓美, 内田享弘, 中村仁: 基礎と実践のための必修医療薬学改訂第11版, (水垣道直・松山賢治監修), 分担執筆, 1 – 397, エース印刷 (2006).

  • 佐藤卓美: 医薬品情報・評価学改定第2版, (河島進・政田幹夫・松山賢治・内田享弘編), 第Ⅰ部; 医薬品の開発, 7 – 19, 南江堂 (2006).

  • 佐藤卓美: Pharmacotherapy, (亀井淳三・吉田正編), 代謝性疾患, 547 – 602, アレルギー・免疫疾患, 851 – 890, ネオメディカル (2005).

  • 佐藤卓美, 内田享弘, 中村仁: 基礎と実践のための必修医療薬学改訂第10版, (水垣道直・松山賢治監修), 分担執筆, 1 – 396, エース印刷 (2005).

  • 佐藤卓美:薬物治療学改訂3版, 第8章 白血病の薬物療法, 216 – 226, 第16章 ターミナルケアでの薬物療法・透析患者の薬物療法, 469 – 473, 南山堂 (2004).

  • 佐藤卓美:新薬理学テキスト, (佐藤進編), 第12章 消化器系薬, 295 – 325, 廣川書店 (2004).

  • 佐藤卓美, 内田享弘, 中村仁:基礎と実践のための必修医療薬学改訂第9版, (水垣道直・松山賢治監修), 分担執筆, 1 – 391, エース印刷 (2004).

その他
  • 佐藤卓美: 平成18年度つくば薬剤師会研修会特別講演 「妊婦・授乳婦とくすり~古くて新しい話題」, 1月9日, 茨城 (2007) .

  • 佐藤卓美: 第6回新潟かかりつけ薬剤師育成会研修会特別講演 「妊婦・授乳婦とくすり~古くて新しい話題」, 9月27日, 新潟 (2006) .

  • 佐藤卓美: しらかし薬剤師勉強会特別講演, 薬物相互作用について, 3月, 仙台 (2004) .