福田 一典 銀座東京クリニック
昭和28年福岡県生まれ。昭和53年熊本大学医学部卒業。
熊本大学医学部第一外科、鹿児島県出水市立病院外科勤務を経て、昭和56年から平成4年まで久留米大学医学部第一病理学教室助手。その間、北海道大学医学部第一生化学教室(昭和59年~60年)と米国 バーモント(Vermont)大学医学部生化学教室(昭和63年~平成3年)に 留学しがんの分子生物学的研究を行なう。
平成4年から株式会社ツムラ 中央研究所部長として漢方薬理の研究に従事。
平成7年から 国立がんセンター研究所 がん予防研究部 第一次予防研究室室長として、がん予防のメカニズムおよび漢方薬を用いたがん予防の研究を行なう。
平成10年4月から平成14年3月まで岐阜大学医学部東洋医学講座の助教授として、東洋医学の臨床および研究や教育に従事。
平成14年5月に銀座東京クリニックを開設し、がんの漢方治療と補完・代替医療を実践している。
担当科目
  • 6月9日 がんと漢方

    がん治療における漢方の使い方をエビデンスに基づいて理解する。