新井 一郎 日本薬科大学 教授
日本薬科大学 薬学部 漢方薬学分野 教授。博士(薬学)。富山大学薬学部製薬化学科卒。富山医科薬科大学大学院医療薬科学研究課程(前期)修了。株式会社ツムラで漢方薬・生薬・天然物質の薬理研究、製品開発の後、2014年から現職。日本東洋医学会 EBM委員会委員(診療ガイドラインTF Chair)、日本生薬学会 東洋医学サミット会議担当委員(理事)、ISO/TC249 (Traditional Chinese Medicine) エキスパート。近年は、統合医療(代替医療)の実態調査にも研究領域を広げている。日本薬科大学 BP委員会 委員長。
担当科目
  • 4月7日  統合医療概論

    統合医療概論 統合医療とは何か、本コースの学び方を理解する。

  • 4月14日  漢方概論

    漢方概論漢方の全体像について理解する。

  • 2020年3月1日  討論:統合医療をどう考えるか

    統合医療について、自分の意見を言える。