Regional Alliances

社会貢献・地域連携

平成30年度子ども大学あげお・いな・おけがわ(1回目)を開催しました。

2018-06-18
 

 6月16日(土)、上尾市、伊奈町、桶川市及び聖学院大学と本学が協力して行っている「子ども大学あげお・いな・おけがわ」を開校しました。全5回(開催地/1回目・2回目:本学、3回目:UDトラックス㈱、4回目・5回目:聖学院大学)の開催で小学5・6年生を対象とした行事となっております。

 

 

 まず入学式を行い、子ども大学あげお・いな・おけがわ実行委員長の小林力教授が挨拶し、参加する子どもたちの代表3人が子ども大学への抱負を語って、今年度の子ども大学あげお・いな・おけがわがスタートしました。
 第1回目の講義は、「オゾン層の破壊と紫外線の科学」と題し、野澤直美特任教授が講師を担当しました。地球環境問題の1つである「オゾン層の破壊」や地球への影響についての講義の後、植物が持つ紫外線への自己防衛性質を調べる実験や、紫外線を感知して変色するスーパーボールを作る実験を行いました。
 子どもたちは、用意した白衣に身を包み、講義の内容を熱心にメモしたり、班ごとに協力しながら実験を進めるなど向学心旺盛で、一所懸命に取り組んでいました。

 

 

 第2回目は7月7日(土)の予定で、齋藤博准教授による「ミクロの世界をのぞいてみよう」と山下裕特命講師による「キャンパス内の植物探索」を予定しています。