Regional Alliances

社会貢献・地域連携

伊奈町学校開放講座「陸上教室」を開催しました。

2018-07-09
 

 7月8日(日)さいたまキャンパス(芝生グラウンド)において小学生を対象に、伊奈町学校開放講座「陸上教室」を開催しました。当日の天気は、薄曇りで外気温が38℃と高く、参加者の体調が心配されましたが、時折爽やかな風が緑の芝生グランドを駆け抜け、全員元気にスケジュールをこなしました。

 参加者は、1年生から6年生の男女48名で、低学年の青チーム、中学年の赤チーム、高学年の黄色チームにわかれ、箱根駅伝を目指し、日々トレーニングに勤しんでいる陸上競技部の選手27名が、速く走れるコツや長距離のフォームの説明とその実演、ストレッチをコーチしました。次に動き作りとしてスキップの練習や、本日のメインである駅伝のためにタスキの渡し方の練習をしました。

 早朝から保護者に伴われ、不安そうな表情を覗かせていた小さな子供らも、スケジュールが進むうちに、次第に参加者等と打ち解け、最終項目の駅伝の時には、力いっぱいの走りとそして誰よりも大きな声援をチームのメンバ―に送っていました。中にはリレーに負けて、泣きだしてしまった子どももいましたが、上級生に混ざって1年生ながらもグラウンド1周を走りきったことが後々の自信に繋がるのではないでしょうか。

 多くの受講者からは、「とても楽しかった」、「走るときのコツがわかった」、「また走りたい」等の感想が寄せられました。中には「駅伝を頑張って下さい」との学生へのエールもあり、受講者と陸上競技部の学生の交流が深まる楽しい陸上教室となりました。