Regional Alliances

社会貢献・地域連携

さいしん夏休みキッズスクールに講師派遣を行いました。

2018-07-31

   7月26日(木)埼玉縣信用金庫春日部支店で開催された「さいしん夏休みキッズスクール」に、本学教養・基礎薬学部門の和田重雄教授が、ものづくり体験の授業「プログラミングでゲームを作ろう」の講師を務めました。
   

  本学は今年3月14日、埼玉縣信用金庫、一般社団法人さいしんコラボ産学官と3者連携協定を締結し、その第1回目の協力事業としてキッズスクールに講師の派遣を行いました。

 

  キッズスクールに参加した小学校高学年の23名の児童達は、1時間目に信用金庫の店舗見学やお金のしくみを学習した後、2時間目の授業として、ひとり1台のタブレットを使って、完全ビジュアル型のプログラミング言語である「Viscuit」を利用してゲームを作りました。1つ目は、参加者全員が描いたキャラクターが海の画面の中を泳ぎ回るバーチャル水族館を創りあげ、2つ目にシューティングゲーム(インベーダーゲーム)のプログラムを作成するという内容でした。児童達はそれぞれのアイデアが込められたゲームを目を輝かせながら熱心に作成していました。