Regional Alliances

社会貢献・地域連携

「平成30年度 伊奈町学校開放講座 後期①」を実施しました。

2018-10-31
 

  10月28日(日)、さいたまキャンパスにおいて、平成30年度伊奈町学校開放講座(後期)

第1回目を開催し、町民24名の参加がありました。

 

  今回は、「毒と薬と私たち」というタイトルで船山 信次 教授による2時間の講義を行い

ました。初めに講師のプロフィールと著書についての紹介があり、続いて歴史的にみた毒と

薬と人間との出会い、その後の関わり方についてエピソードを交えての講演でした。

 講義の合間に、一般に毒草や薬草と呼ばれている種々の植物を写真で紹介があり、参加者

の皆さんはメモをとりながら熱心に耳を傾けていました。

 

  最後に、物理学者、文筆家でもあった寺田 寅彦氏の最晩年の言葉「ものを怖がりすぎた

り怖がらなさすぎたりすることはやさしいが、正当に怖がることはなかなか難しい」を引用

し、私たちと毒と薬の付き合いもまさにこの言葉に尽きると結ばれました。

 

  講演後、身近な毒についての多くの質問があり、参加者の皆さんからは、「難しい内容を

理解できた」、「植物への見方が変わった」など喜びの声が多数寄せられました。

 

 次回の伊奈町学校開放講座・第2回目は、11月24日(土)生命医療薬学分野の前田 智司

准教授による「高血圧や心不全などの病気と塩分(ナトリウムイオン)の関係」について

の講演を予定しています。