Regional Alliances

社会貢献・地域連携

「平成30年度 伊奈町学校開放講座 後期②」を実施しました。

2018-11-28

 11月24日(土)、さいたまキャンパスにおいて、平成30年度伊奈町学校開放講座(後期)第2回目を開催し、町民等23名の参加がありました。

 

  今回は、「高血圧や心不全などの病気と塩分(ナトリウムイオン)の関係」というタイトルで前田 智司 准教授による2時間の講義を行いました。

 

 講師自己紹介のあと、高血圧と心不全などの病気について塩分(ナトリウムイオン)の体の出入りに着目して話がありました。男女ともに厚生労働省の1日当たりの塩分摂取量目標値を2~3g超過していると言われています。そこで1回の食事でどれくらいの塩分をとっているのか、なぜ塩分制限をしなければならないのか、について詳しい解説がありました。講義中、受講者の皆さんは心臓の絵を描いてしくみや働きについて学んだり、塩の濃度から体積を計算しました。最初は戸惑いながらも各々が熱心に取り組んでいました。

 

  講義後のアンケートには、「今後は関連する臓器の勉強もしてみたいと思った」、「健康に関する理解が深まった」など喜びの声が多数寄せられました。

 

   次回の伊奈町学校開放講座・第3回目は、12月8日(土)漢方薬学分野の糸数 七重 講師による「屠蘇散作成実習~手作り本格お屠蘇で新年を迎えましょう~」というタイトルで講義と実習を予定しています。