Regional Alliances

社会貢献・地域連携

彩の国いきがい大学東松山嵐山学園 校外学習を開催しました。

2018-12-05
 

11月29日(木)、彩の国いきがい大学東松山嵐山の校外学習をさいたまキャンパスにて開催し、主に県西部より58名の受講生が参加しました。

 

午前は佐藤卓美教授による「生活習慣病と闘う」というタイトルで講義を行い、がん・糖尿病を中心に生活習慣病から引き起こされる疾患について解説し、その予防や普段の過ごし方についてのお話をしました。

 

午後は山路誠一准教授による「漢方の粉薬と薬研の正しい使い方~お屠蘇調製~」というタイトルで、新年に向けてお屠蘇づくりの実習を行いました。数種類の生薬を配合した屠蘇散を調合し、新年にお屠蘇を飲む文化的な背景やそれぞれの生薬の解説をしました。

 

彩の国いきがい大学東松山嵐山学園の本学における校外学習は初めての試みで、訪れた受講生からは「広々としていて素敵なキャンパスですね。」「学食の薬膳カレーがおいしかったです。」「とてもためになる講義と実習でした。」といった感想をいただきました。