Regional Alliances

社会貢献・地域連携

いきがい大学熊谷学園の校外学習を開催しました。

2018-12-20
 

12月18日(火)、さいたまキャンパスにて彩の国いきがい大学熊谷学園の校外学習を開催し、23名の受講生が参加しました。

 

午前は「生活習慣病を考える」というタイトルで佐藤卓美教授が講義を行いました。現在日本人の死因の1位となっているがんや罹患する割合の高い糖尿病を中心に、病気にならないような過ごし方のアドバイスを交えてお話ししました。

 

午後は「漢方の粉薬と薬研の使い方~お屠蘇調整~」というタイトルで、山路誠一准教授による生薬を扱う漢方実習を行いました。受講生は実際に薬研を使って粉薬を作る体験を行い、またその生薬を配合して「屠蘇散」という漢方を作成しました。

 

今回は本学に初めて来学する受講生が多く、「医療人を育てる大学だけあって、身が引き締まる雰囲気ですね」「森のある広々としたキャンパスで落ち着きます」といったコメントを多くいただきました。