COURSE INFORMATION 学科案内
  1. HOME
  2. 薬学科
  3. 渡邉 峰雄

渡邉 峰雄

とにかくに 本を務めよ 末々は ついに治る ものと知るべし

 私が稽古する剣術流派で読まれる一句です。自分のやるべきことをしっかりやっていれば、その他のこともついには治まっていくものだという意味です。小事に惑わされず、勉強、研究、趣味など自分を磨くなかで自分の「道」を見つけ、その道を我が物としてください。学生諸君が人格や教養を涵養するこの時期に、及ばずながらお手伝いさせていただきます。


略歴
  • 北里大学大学院薬学研究科修士課程修了、社団法人北里研究所研究生、第一薬科大学弱学部免疫薬品学研究室助教授、Department of Microbiology, Biochemistry, and Molecular Biology, University of Cincinnati博士取得後研究員、社団法人北里研究所生物製剤研究所製造第一部門部門長、同開発研究部門新規細菌製剤開発プロジェクトリーダー、北里大学北里生命科学研究所医療微生物学研究室室長・准教授を経て現職。薬剤師、臨床検査技師。

学術論文
  • Odanaka K., Watanabe M., New candidate antigens for serodiagnosis of pertussis, Annals of Biomedical Research, 1, 103 (2018).

  • Shinoda N., Nakamura H., Watanabe M., Suppressive effect of mycolactone-containing fraction from Mycobacterium ulcerans on antibody production against co-administered antigens, Biomedical Research and Clinical Practice, 2, 1-6 (2017).

  • Odanaka K., Iwatsuki M., Satho T., Watanabe M., Identification and characterization of a brilliant yellow pigment produced by Bordetella pertussis, Microbiol Immunol, 61, 490-496 (2017).

  • Hiramatsu Y., Yoshino S., Yamamura Y., Otsuka N., Shibayama K., Watanabe M., Kamachi, K., The proline residue at position 319 of BvgS is essential for BvgAS activation in Bordetella pertussis, Pathog Dis, Doi: 10.1093/femspd/ftx011 (2017).

  • Shinoda N., Nakamura H., Watanabe M., Detection of Mycobacterium ulcerans by real-time PCR with improved primers, Trop Med Health, 44, 28 (2016).

  • Shinoda N., Mitarai S., Suzuki E., Watanabe M., Disinfectant-susceptibility of multi-drug-resistant Mycobacterium tuberculosis isolated in Japan, Antimicrobial Resistance and Infection Control, 5, 1-4 (2016).

  • Saito M., Odanaka K., Otsuka N., Kamachi K., Watanabe M., Development of vaccines against pertussis caused by Bordetella holmesii using a mouse intranasal challenge model, Microbiol Immunol, 60, 599-608 (2016).

  • Hiramatsu Y., Saito M., Otsuka N., Suzuki E., Watanabe M., Shibayama K., Kamachi, K., BipA is associated with preventing autoagglutination and promoting biofilm formation in Bordetella holmesii, PLoS One, 11, e0159999 (2016).

  • Watanabe M., Nakamura H., Nabekura R., Shinoda N., Suzuki E., Saito H., Protective effect of a dewaxed whole-cell vaccine against Mycobacterium ulcerans infection in mice, Vaccine, 33, 2232-2239 (2015).

  • Oguchi K., Miyata A., Kazuyama Y., Noda A., Suzuki E., Watanabe M, Nakayama T., Detection of antibodies against fimbria type 3 (Fim3) is useful diagnostic assay for pertussis, J Infect Chemother, 21, 639-646 (2015).

  • Millen S.H., Watanabe M., Komatsu E., Yamaguchi F., Nagasawa Y., Suzuki E., Monaco, H., Weiss, A.A., Single amino acid polymorphisms of pertussis toxin subunit S2 (PtxB) affect protein function, PLoS One, 10, e0137379 (2015).

  • Fujino M., Suzuki E., Watanabe M., Nakayama T., Loop-mediated isothermal amplification (LAMP) aids the clinical diagnosis of pertussis, Japanese Journal of Infectious Diseases, 68, 532-533 (2015).

海外および国際学会発表【招待講演】
  • Watanabe M. Shinoda N., Suppression of antibody response by mycolactone, 14th Japan-Korea International Symposium on Microbiology, March, Fukuoka, Japan (2018).

  • Shinoda N., Watanabe M., Suppressive effect of mycolactone on antibody production against co-administered antigens, 19th International Conference on Emerging Infectious Diseases, February, Seoul, Korea (2017).

海外および国際学会発表【一般講演】
  • Watanabe M., Matsushita S., Aoki S., Role of serum immunity and cell-mediated immunity in a vaccine-mediated protection against Mycobacterium ulcerans in a murine model, 52nd US-Japan Mycobacteria Panel Meeting, March, Niigata, Japan (2018).

  • Shinoda N., Nakamura H., Nabekura R., Suzuki E., Saito H., Watanabe M., Protective activity of a dewaxed whole-cell vaccine against Mycobacterium ulcerans in mice, 115th General meeting of American Society for Microbiology. June, New Orleans, LA, U.S.A. (2015).

  • Saito M., Suzuki E., Yamaguchi T., Kamachi K., Watanabe M., Development of vaccines against Bordetella holmesii infection in a murine model of respiratory infection, 115th General meeting of American Society for Microbiology, June, New Orleans, LA, U.S.A. (2015).

国内学会発表
  • 伊藤大斉,岩月正人,小田中啓太,渡邉峰雄,Human Bordetellaの産生する低分子量化合物の解析,第91回日本細菌学会総会,3月,福岡市(2018).

  • 小田中啓太,岩月正人,佐藤朝光,渡邉峰雄,百日咳菌が産生する黄色色素の生物学的意義,日本薬学会第138年会,3月,金沢市(2018).

  • 品川恭平,山澤龍治,桑名利津子,高松宏治,高口寛子,小川和加野,渡邉峰雄,松原大,伊藤潔,百日咳菌が有するアミノペプチダーゼNの機能解析,日本薬学会第138年会,3月,金沢市(2018).

  • 小田中啓太,岩月正人,佐藤朝光,渡邉峰雄,百日咳菌酸性色素の同定,第34回日本薬学会九州支部大会,11月,熊本市(2017).

  • 渡邉峰雄,中村創,篠田典子,Buruli潰瘍ワクチンの開発,第61回日本薬学会関東支部大会,9月,東京(2017).

  • 吉川祐介,渡邉峰雄,新しい百日咳起因菌Bordetella holmesiiの液体培地の開発,北里大学バイオサイエンスフォーラム,8月,十和田市(2017).

  • 伊藤太斉,岩月正人,小田中啓太,渡邉峰雄,Human Bordetellaeの産生する低分子量物質の解析,北里大学バイオサイエンスフォーラム,8月,十和田市(2017).

  • 小田中啓太,岩月正人,渡邉峰雄,百日咳菌が産生する色素の同定とその生物学的意義,北里大学バイオサイエンスフォーラム,8月,十和田市(2017).

  • 高口寛子,中村裕喜,渡邉峰雄,廣村信,小川和加野,松原大,百日咳菌由来アミノペプチダーゼN(PepN)のクローニングと活性発現,日本薬学会第137年会,3月,仙台市(2017).

  • 齋藤桃子,蒲地一成,渡邉峰雄,Bordetella holmesiiに対する新規ワクチンの開発,第20回日本ワクチン学会学術集会,10月,東京(2016).

  • 篠田典子,渡邉峰雄,Mycobacterium ulceransの産生するマイコラクトンのリバースアジュバント作用,第1回抗酸菌研究会,9月,沖縄県中頭郡西原町(2016).

  • 平松征洋,齋藤桃子,大塚菜緒,渡邉峰雄,柴山恵吾,蒲地一成,BipA is an autoagglutination inhibitor required for biofilm formation in Bordetella holmesii,第89回日本細菌学会総会,3月, 大阪市(2016).

  • 齋藤桃子,大塚菜緒,蒲地一成,渡邉峰雄,Protective effects of vaccines against Bordetella holmesii in a mouse model of respiratory infection,第89回日本細菌学会総会,3月,大阪市(2016).

  • 篠田典子, 鈴木英里, 渡邉峰雄,マイコラクトンの免疫抑制作用の解析,第62回トキシンシンポジウム,7月,志摩市(2015).

  • 平松征洋,大塚菜緒,柴山惠吾,鈴木英里,渡邉峰雄,蒲地一成,百日咳類縁菌Bordetella holmesiiの自己凝集抑制因子BipAに関する研究,第88回日本細菌学会総会,3月,岐阜市(2015).

  • 渡邉峰雄,齋藤肇,Buruli潰瘍ワクチンの開発,第8回日本結核病学会中国四国支部研究会,9月, 岡山市(2014).

  • 齋藤桃子,鈴木英里,渡邉峰雄,現行ワクチン導入後の国内臨床分離株に見られる百日咳毒素の変化,第61回トキシンシンポジウム,9月,鳴門市(2014).

  • 篠田典子,渡邉峰雄,鈴木英里,齋藤肇,Mycobacterium ulceransのヒト感染モードへの移行因子の探索,第89回日本結核病学会総会,5月,岐阜市(2014).

  • 鍋倉竜太郎,渡邉峰雄,鈴木英里,齋藤肇,マイコラクトンの免疫抑制活性の応用,第89回日本結核病学会総会,5月,岐阜市(2014).

  • 渡邉峰雄,齋藤肇,マイコラクトンの免疫抑制活性の応用,第46回非結核性抗酸菌症研究協議会,5月,岐阜市(2014).

  • 齋藤肇,渡邉峰雄,中村創,Buruli潰瘍ワクチンの開発(Ⅰ)動物モデルの検討と宿主免疫応答の解析,第84回実験結核研究会,5月,岐阜市(2014).

研究費の受入状況
  • 渡邉峰雄(代表),科学研究費補助金基盤C(日本学術振興会),主要病原因子を産生しない新型百日咳菌の病原性の解明(2017-2019).

  • 渡邉峰雄(代表),アドバイザリー業務委託(北里第一三共株式会社),ジフテリア、百日咳及び破傷風予防ワクチン等に代表される感染症予防ワクチンの生産プロセスの改良及び開発研究(2017-2018).

  • 渡邉峰雄(協力),AMED,新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業(2017-2018).

  • 渡邉峰雄(代表),ワクチン研究会研究助成(北里大学),ブルーリ潰瘍ワクチンの開発(2016-2017).

  • 渡邉峰雄(協力)厚労科研費(厚生労働省),アジアの感染症担当研究機関とのラボラトリーネットワークの促進と共同研究体制の強化に関する研究2015-2016).

  • 渡邉峰雄(代表)研究助成(北里大塚バイオメディカルアッセイ研究所),新規診断薬の開発(2014).

  • 渡邉峰雄(代表),科学研究費補助金基盤C(日本学術振興会),新たな百日咳起因菌Bordetella holmesiiに対する宿主免疫応答(2013-2015).

シンポジウム等
  • 小田中啓太,渡辺峰雄,百日咳起因菌が産生する低分子量物質,第65回トキシンシンポジウム,7月,金沢市(2018).

  • 篠田典子,櫻田誓,齋藤肇,渡邉峰雄,Mycobacterium ulceransが産生するマイコラクトンの疼痛抑制作用,第61回トキシンシンポジウム,9月,鳴門市(2014).