COURSE INFORMATION 学科案内
  1. HOME
  2. 学科案内
  3. 薬学科

薬学科

薬学部薬学科では、6年間の学習がどのように進むのかを見てみましょう。
入学後は薬剤師としての心構え、専門知識を身に付ける上での基礎をしっかり勉強します。
学年が上がるにつれて、薬学の専門教育と卒業研究が始まります。
4年次終了時に薬学共用試験に合格する必要があります。
5年次には薬局と病院での実習、6年次には卒業研究と薬剤師国家試験の学習に多くの時間を使います。

  1. 1年次

    薬学教育を学ぶために必要な基礎知識である化学・生物学・物理学・数学などを学びます。また「薬学体験学習」に参加し、それらの体験を少人数対話型学習で語り合うことで、社会における薬剤師の役割の重要性について学びます。

    科目紹介
    • フレッシュマンセミナー

      フレッシュマンセミナーは、初年次教育の一環として ①人間関係の構築 ②医療人としての意識の醸成 ③科学リテラシーの醸成 ④基礎学力の定着(専門教育への接続) ⑤自律的・自立的大学生活の確立 ⑥奉仕の心の育成の基本方針のもと、学年集会(ガイダンス・講演)、国立科学博物館・軽井沢セミナーハウス等の研修を行います。

    • 薬剤師の使命

      医療と薬学の歴史を認識するとともに、国民の保険、医療、福祉において求められる役割を理解し、薬剤師としての使命感を身につける授業です。講義の後、討論を行うことで自分の意見を持つとともに、相手の意見を聞く姿勢を身につけます。

    • 基礎化学演習

      薬学を学ぶ上で必要な化学の基礎力を身につけるために,物質量や濃度を確実に理解し,変化の中で物質を定量的に捉える力を修得します。講義形式は、少人数授業及びチームティーチングで行います。

  2. 2年次

    薬学の基礎専門科目である化学系・物理系・生物系などを学びます。

    科目紹介
    • 生薬学

      生薬学では日本薬局方収載生薬を中心とする医薬品としての生薬の一般的な取扱いや生薬の基原、成分、応用法、試験法、漢方用薬、健康食品やサプリメントとなる生薬とその取扱い等を学びます。

    • 容量分析法

      医薬品およびその他化学物質の容量分析の理論を習得し、これら理論に基づいた中和滴定、非水滴定、沈殿滴定、キレート滴定および酸化還元滴定の操作法学びます。

    • 生薬・漢方実習

      生薬学・漢方薬学の基本的技能および、生薬の化学的性質ならびに組織形態、漢方薬学について修得します。 本実習は漢方薬学および生薬化学に大別し、漢方薬学実習では日本薬局方に収載されている代表的な漢方煎薬の調製と生薬の修治(しゅうち)、鏡検を実施します。

  3. 3年次

    2年次からの専門科目の学びを深めるとともに、医療薬学系の科目まで範囲を広げ、4年次に選択する3つのコースの中から興味・関心のある薬学について選択できるよう準備します。

    科目紹介
    • 薬学原書講読Ⅰ

      医療では日本語の資料だけではなく、英語の資料も講読する必要がある。そのために薬学原書を講読します。

    • 薬と化学Ⅰ

      生体分子は有機化合物であり、代謝反応は基本的な化学反応の組み合わせである。この生体分子の代謝反応を有機化学の視点から理解し、医薬品の薬理作用を分子レベルで考えるための知識を修得します。

    • 症候と臨床検査

      身体の病的変化を病態生理学的に理解するために、代表的な症候(呼吸困難、発熱など)と臨床検査値に関する基本的知識および代表的な分析法の基本的知識を修得できるように、教科書を中心にわかりやすく講義を行います。

  4. 4年次

    4年次からは3つのコースに分かれて、それぞれに共通の科目とコースに分かれてそれぞれに共通の科目とコースごとの科目を学び、専門性を有する薬剤師を目指します。

    • 健康薬学コース
    • 漢方薬学コース
    • 医療薬学コース
    科目紹介
    • 医薬品の安全性

      医薬品の安全性は、生体に対する薬物の主作用と副作用の作用機序を理解するための知識であり、薬物療法における適正な医薬品の選択と用法に必要な項目です。医薬品の安全性を学ぶのに必要な薬の作用と体の変化について学ぶ。各論では、神経系障害、感覚器障害、消化器障害、肝障害、腎障害、血液障害、代謝障害、循環器障害、呼吸器障害、生殖器障害、皮膚疾患、その他の障害を呈する代表的な副作用疾患について、推定される原因医薬品、身体所見、検査所見および対処方法について学びます。さらに、緊急安全性情報が出された医薬品や医薬品添付文書中の警告文、薬物相互作用、主な医薬品の併用禁忌の組合せについても学びます。

    • 医薬品情報

      医療現場では、薬剤師による処方設計、効果・副作用のモニタリング、処方提案と薬学的患者ケアの充実が医療チームおよび患者・患者家族から求められます。薬物治療の最適化のため、適格な医薬品情報が安全な医薬品適正使用、安心できる薬物治療の導入や推進を支えます。さらに新たな医薬品情報として新薬承認時に作成される医薬品リスク管理計画など薬剤師による薬物治療の根幹を支える医薬品情報の基本的事項を学びます。これにより、AIおよびIotの進展に伴い、薬剤師の役割である判断力と適正な情報の評価・提供を学びます。

  5. 5年次

    5年次からは卒業研究に本格的に取り組むとともに実務実習を重ね、国家試験合格のための準備を行います。

    科目紹介
    • 実務実習

      実習は、患者さんとのコミュニケーション、医薬品の調剤、薬局の実務・接遇など多岐にわたるカリキュラムです。実務実習を経験することで、学生一人ひとりに、薬剤師の資格取得に向けた意識の醸成を図ります。

  6. 6年次

    薬剤師国家試験に向けた対策や卒業研究を実践します。国会試験に合格する実力を養成するための勉強会を行います。薬剤師国家試験模擬テストで本番に向けたトレーニングを実施。合格を手にする最後の瞬間までサポートを行います。