COURSE INFORMATION 学科案内
  1. HOME
  2. 学科案内
  3. 薬学科
  4. 分野・部門紹介

分野・部門紹介

有機医薬品化学分野

医薬品の多くは有機化合物であり、化学合成された化合物の他、動植物や微生物由来の有機化合物(天然有機化合物ともいう)も多く利用されている。この分野においては、これらの医薬品のもととなる有機化合物の基礎的な研究を行なう他、これらの化学物質の中から医薬品に応用できるものを見いだし、応用可能にする研究を行なう。たとえば、漢方治療に用いられる生薬の有効成分の多くも動植物中の有機化合物であり、抗生物質は微生物の生産する有機化合物を応用したものである。これらの生薬の有効成分を純粋に単離し、さらに、純粋に単離した化合物について、その化学反応や、各種の機器分析法(UV、IR、MS、NMRなど)による化学構造研究を行なう。また、これらの有効成分の全合成も遂行する。さらには、種々の化合物について化学的性質を調べることも行ない、新しい医薬品の創製をめざす。現在は、特に、重要な生物活性を有し、医薬として応用されることも多い、抗インフルエンザ活性成分や、抗生物質、機能性分子、各種アルカロイドやポリフェノール成分などに着目して研究を進めている。

担当教員 原口 一広 教授齋藤 俊昭 教授高山 博之 准教授熊本 浩樹 准教授片岡 裕樹 助教、安田 高明 准教授
分子機能科学分野

薬学の基礎となる物理化学と分析化学について学び、これらを基盤とした生命科学へのアプローチ研究を行い、薬品物理化学研究室と薬品分析化学研究室とから成り立っている。
薬品物理化学研究室では、ESR法やその他の手段を用いて活性酸素・フリーラジカルの測定による各種抗酸化物質の活性評価等の研究を行っています。
薬品分析化学研究室では、ビール粕から取り出したヘキソシルセラミドを構成するスフィンゴイド塩基(SHB)の分子種の同定や、医薬品や生体成分の新規な分析法の開発(シャープペンシル芯を電極とした臨床分析法、電気化学抽出を利用する生体成分等の高選択的分析法)、卵胞ホルモン関連等の分析に関する研究を行っています。

担当教員 荒井 健介 教授土田 和徳 准教授三熊 敏靖 講師大室 智史 助教、安西 和紀 教授、高城 徳子 講師

生命医療薬学分野

生命医療薬学分野は分子生体制御学研究室、薬理学研究室および薬物治療学研究室の3つの研究室からなっています。疾患は生命の情報機構の異常により発症しますが、分子生体制御学研究室では、疾患にはどの様なものがあり、どのような発症メカニズムによるか、疾患はどのような症状あるいは検査値に現れるかなどについての教育および研究を行っています。また、現在、疾患は主に薬物によって治療されますが、薬理学研究室では、治療に用いられている薬物である医薬品およびそれらの基本となっている薬物の作用および副作用はどのようなものがあり、どのような作用発現のメカニズムであるのか、それら薬物の相互作用はどのようなものがあるかなどについての教育および研究を行っています。そして、薬物治療学研究室では、疾患はどのような医薬品によりどのように治療法されるか、それら医薬品の正しい使用法はどのようなものかなどについての教育および研究を行っています。

担当教員 小林 力 教授井上 裕子 教授井上 俊夫 教授前田 智司 教授茅野 大介 准教授岡田 直子 助教千葉 輝正 助教林 泉 教授、佐藤 卓美 教授、櫻田 誓 教授、阿部 賢志 准教授、脇 能広 准教授
漢方薬学分野

漢方薬学分野は、“漢方を科学する”ことを目標に、次のような研究を行っています。
中国薬、中国製サプリメントに関する調査(米国市場品分析など)や植物薬規制に関する国際比較、漢方製剤の副作用に関する分析、脱法ドラッグ原料となりうる植物の鑑別に関する研究、創薬の基盤となるデータベース構築における生薬組織情報の集積研究、消化管免疫応答に影響を及ぼす天然薬物に関する研究、慢性疼痛を緩和する非麻薬性アルカロイドに関する研究、機能性素材としてのキダチアロエの有効利用に関する研究、ジャガイモ未利用部分の有効利用に関する研究など漢方薬・生薬に関する研究を行っています。

担当教員 新井 一郎 教授丁 宗鐵 教授姫野 友美 特任教授高野 文英 教授山路 誠一 准教授糸数 七重 講師、橋本 寛子 教授
臨床薬剤学分野

臨床薬剤学分野は、2015年に誕生した本学で最も新しい研究分野です。薬剤学は、生理活性を有する物質を人間の病気の予防・診断・治療に適用する方法を研究する学問で、大きく分類すると二つに分けることができます。一つは、生理活性物質を人体にとって有効性と安全性の保証された最も好ましい形状の医薬品 (剤形) に仕立て上げるための学問で、物理薬剤学や製剤学といわれます。もう一つは、それが最も好ましい使われ方 (適正使用)をされるように対処することを目的とした薬物動態学や生物薬剤学となります。臨床薬剤学分野では、これらの講義を担当しております。また現在の薬学教育では、基礎薬学に加えて臨床薬学も重視するようになってきております。そこで臨床薬剤学分野では、薬剤学の基礎は勿論のこと、臨床現場に即した研究や教育活動にも積極的に取り組んでおります。

担当教員 中島 孝則 教授山田 泰弘 教授栗田 拓朗 准教授瀧沢 裕輔 講師、岩瀬 晴信 助教
衛生薬学分野

衛生薬学分野は、生活習慣や身の回りにある環境汚染物質が健康に及ぼす影響とそれらの防御機構の解明を主要テーマとして、実験動物や培養細胞を用いて医学的・薬学的研究を行っています。具体的には、内臓脂肪型肥満に着目し、脂肪肝と血栓症との関連性、脂肪肝の薬物代謝能への影響などについて、脂肪細胞および動物モデルを用いて解析しています。また、環境汚染物質の生体影響として、大気中の「微小粒子状物質」の生体への影響や身近な「生活用品や食品などに含まれる化学物質」の生体への影響について、遺伝子レベルにまで踏み込んで解析を進めています。講義は、環境衛生、食品衛生、保健衛生、化学物質の毒性などに関する科目および実習を担当しています。

担当教員 樋口 敏幸 教授村橋 毅 准教授浦丸 直人 講師長部 誠 講師渡部 容子 助教、土井 孝良 教授
生命科学薬学分野

生命科学薬学分野は、生化学、分子生物学および微生物学を基盤として、生命現象や薬物の作用機序などを薬学の視点から分子レベルで解明する研究を行っています。
主に2つの部門から成り、1つの部門はDNAやタンパク質などの生体分子について分子生物学的手法や質量分析法などを使って研究しています。研究内容としては、動脈硬化や脳血管疾患・心疾患(血栓症)などの生活習慣病に関わる複合脂質の研究および生体反応の変化に伴う細胞内タンパク質の変化とそれらタンパク質の同定を行っています。更に「皮膚の機能維持」、「インスリン分泌調節」および「がん細胞の増殖・浸潤」に着目した新しい生理活性ペプチドの探索とその活性調節のメカニズムの解明も行っています。
もう1つの部門では、薬剤耐性化の機序や抗真菌薬の開発について細菌や真菌などの微生物を用いた研究を行っています。病原細菌の新しい薬剤耐性機構の解明を目指して、化学療法学的・分子生物学的手法を用いて研究しており、薬剤耐性の仕組みを詳しく知り、感染症の予防・治療や抗菌薬の開発に役立てたいと考えています。
また講義では、生化学、分子生物学、微生物学のほかに免疫学や細胞生物学も担当しています。

担当教員 山田 俊幸 教授京ヶ島 守 教授渡邉 峰雄 教授山本 博之 准教授猪瀬 敦史 准教授、都築 稔 教授、小林 賢 教授、木村 道夫 准教授
臨床薬学部門

日本薬科大学が目指す東洋医学と西洋医学を統合した新しい医療の形である「統合医療」を推進するための新しい施設、それが臨床薬学部門です。臨床薬学部門(以下、部門)は、学生の臨床実習である実務実習を円滑に推進するために設けられました。主に5~6年生は実務実習(病院・薬局実習)とその準備教育(プレ教育)、事後教育(プレ教育)、事後教育(ポスト教育)に関係しています。薬学部が6年制になり、臨床教育が重視されるようになりました。本学では全員の学生が実習病院に出られるように、近隣での臨床実習がスムーズに行えるよう環境を整備しています。そこで学生諸君は患者さんと交わり、多くの臨床例を学ぶことになります。薬学教育の目的には、知識・技能・態度がありますが、その全てを包括的に教育し、実習病院や薬局に行って、きちんと実習が出来るようにするのがプレ教育です。実習中は、実習病院へ教員が出向き、指導します(訪問指導)。学生諸君の実習態度や到達度もチェックします。また病院や薬局の指導担当者とも面接し、支障なく、実習が行えるよう整えます。
更に、実習終了後、その実習が生涯教育に通じるようポスト教育を行います。私たちは、医療職として一生学ばなければなりません。それは日々進化する薬学を学び続ける自己研鑽的態度です。そうした基盤を養うのは学生時代です。今後、当部門はさらに多くの人材を育て、ますます発展することと思います。その担い手はあなた方若い力です。

担当教員 松田 佳和 教授藤原 邦彦 教授鈴木 勝宏 教授久保田 洋子 教授藤掛 佳男 教授油井 信明 教授松村 久男 准教授佐古 兼一 講師加来 鉄平 講師、大山 良治 教授
一般薬学部門

日本薬科大学薬学一般薬学部門は、平成25年度に組織された。本部門は、高度な薬学専門知識に加え、医療人としての高い教養と倫理観を有し、患者本位の医療を実践する優れた臨床能力を有する薬剤師の育成という現在社会のニーズに応えるため、質的・量的に膨大な薬学教育が効率的且つ円滑に実施されるように薬学教育全般にわたって支援し、また、部門的に教育全般を俯瞰してその改善にむけて取り組むことを目標としている。
最近の活動として、学生の学習一般支援に加え、近年難化している薬剤師国家試験に対する学習支援、学生教育改善に向けた大学の取り組み支援、学生ならびに教員の教育・研究活動支援として卒業研究発表優秀演題賞の設置・選考、日本薬科大学教育紀要の編纂などを行っている。

担当教員 小林 賢 教授土井 孝良 教授多根井 重晴 教授脇 能広 准教授
教養・基礎薬学部門

教養・基礎薬学部門は、薬学を学ぶに必要な基礎的知識の定着を図り、薬学専門教育への接続を図る薬学準備教育を幅広く展開しています。具体的には、数学教育、英語教育、生物教育、化学教育、物理教育、情報教育からなる薬学準備教育やドイツ語・中国語・法学・心理学・哲学・社会福祉等からなる教養教育を展開しています。また、仲間づくりや絆づくりを通して学生生活を充実させ、良識ある医療人を育成するためのフレッシュマンセミナーを通年で実施しています。

担当教員 佐藤 卓美 教授木村 道夫 准教授齋藤 博 准教授和田 重雄 教授足立 哲也 講師新井 利次 講師山﨑 敏彦 講師大野 元彦 講師福嶋 仁一 講師田端 健治 講師西尾 信一 講師秋谷 和宏 講師田島 昭彦 講師中村 有貴 助手