COURSE INFORMATION 学科案内
  1. HOME
  2. 薬学科
  3. 多根井 重晴

多根井 重晴

“思い”を“カタチ”に!

皆さんもご存じのとおり、臨床現場で求められる医療提供サービスは千差万別で、答えがひとつとは限りません。このことより、皆さんを取りまく学習環境は、とても大切なキーワードを秘めており、薬学部教育では感性を育むことが求められているものと考えます。さて、医薬分業の歴史を紐解くと、13世紀のフリードリヒ2世まで遡ることができます。わが国では、明治時代に近代的な医療制度が導入され、メイド イン ジャパンの薬剤師が誕生することとなりました。日本では、厚生労働大臣から薬剤師のライセンスを与えると薬剤師法に明記されていますが、免許とは「禁止されている業務等について、法定要件を満たす場合にのみ、禁止事項を解除する」ことを意味します。従いまして、薬学部では学ばなければならない事が数多いことからも、皆さんには長いようで短く、とても充実した学生生活となります。「何故、薬学部に入学するのか?」「どのような薬剤師になるのか?」など、揺るぎない原点をいつも心に温めながら、チャンスを逃すことなく、ゴールを見据え、目標に向かって、何事にも「誠実に・前向きに・真剣に」トライしてみましょう。そして、指折り数え、首を長くしつつ、皆さんの1日でも早い誕生を待ち望んでいる地域や患者に貢献するためにも、本学で“思い”を“カタチ”にしてみませんか?


略歴
  • 博士(薬学)。岐阜薬科大学、奥羽大学薬学部、青森大学薬学部を経て現職。

総説
  • Tanei S., Toyota H., Practical research on learning by repetition in undergraduates, 奈良教育大学教育実践開発研究センター研究紀要, 5, 19-25(2019)

  • Okamura T., Tanei S., Masuda Y., A Study of color image in packaging for health drinks:Examining anxiety of health and physical condition, 人間教育, 2(2), 45-50(2019)

学術論文
  • Yamashiro K., Tanei S., Burapadaja S., Ogata F., Kawasaki N., Survey on physical or mental health status of university students in Japan and Thailand, Journal of Allied Health Sciences (2019) in press

海外および国際学会発表
  • Tanei S., Chen F., Nagakura F., Kawasaki N., Okamura T., Zenitani T., Zenitani R., Zenitani T., Kobayashi M., Anzai K., Current situation and issues of education for staffs working in household drugs distribution business in Japan, 2019International conference of sport, leisure and hospitality management, May, Taiwan(2019)

国内学会発表
  • 三浦玲奈,三輪真知子,吉田未来,多根井重晴,永倉透記,レセルピン誘発線維筋痛症モデルラットにおける自発痛の苦痛表情スコアによる評価,第92回日本薬理学会年会,3月,大阪(2019)

著書
  • 多根井重晴(分担),薬学と社会 2020,評言社(2019)