COURSE INFORMATION 学科案内
  1. HOME
  2. 薬学科
  3. 多根井 重晴

多根井 重晴

“思い”を“カタチ”に!

皆さんもご存じのとおり、医療の現場で求められる薬剤師業務は千差万別で、答えがひとつとは限りません。ですから、皆さんを取りまく学習環境には、とても大切なキーワードが秘められており、薬学部教育では感性を育むことも求められています。さて、医薬分業の歴史を紐解くと、13世紀のフリードリヒ2世まで遡ることができ、わが国では明治時代に近代的な医療制度が導入され、メイド イン ジャパンの薬剤師が誕生しました。日本では、「厚生労働大臣から薬剤師の免許を与える」と薬剤師法に明記されていますが、免許とは「禁止されている業務等について、法定要件を満たす場合にのみ、禁止事項を解除する」ことを意味します。したがいまして、薬剤師免許の取得を目指す薬学部では学ばなければならない事が数多く、皆さんには苦しくとも楽しく、長いようで短く、とても充実した学生生活が待っています。「何故、薬学部に入学するのか?」「どのような薬剤師になるのか?」など、揺るぎない原点をいつも心に温めながら、チャンスを逃すことなく、ゴールを見据え、目標に向かって、何事にも「誠実に・前向きに・真剣に」トライしてみましょう。そして、指折り数え、首を長くしつつ、1日でも早い薬剤師としての誕生を待ち望んでいる患者さんや地域の方々に貢献するためにも、本学で“思い”を“カタチ”にしてみませんか?


略歴
  • 博士(薬学)。岐阜薬科大学、奥羽大学薬学部、青森大学薬学部を経て現職。

学術論文
  • Yamashiro K., Tanei S., Burapadaja S., Ogata F., Kawasaki N., Survey on physical or mental health status of university students in Japan and Thailand, Journal of Allied Health Sciences, 10(2), 69-78(2019)

  • Nagakura Y., Miwa M., Yoshida M., Miura R., Tanei S., Tsuji M., Takeda H., Spontaneous pain-associated facial expression and efficacy of clinically used drugs in the reserpine-induced rat model of fibromyalgia, European Journal of Pharmacology, 864, 172716(2019)

  • Tanei S., Miwa M., Yoshida M., Miura R., Nagakura Y., The method simulating spontaneous pain in patients with nociplastic pain using rats with fibromyalgia-like condition, MethodsX, 100826(2020)

  • Shigeharu Tanei, Wen-Tseng Chu, Toshimitsu Okamura, Fu-Shih Chen, Yukinori Nagakura,  Country and gender differences in the color association with energy drinks: A survey in Taiwanese and Japanese students, Foods, 9(11), 1670(2020)

  • Tetsuya Ohgami, Tetsuya Yamagami, Takahiro Nakano, Shigeharu Tanei, A study on the relationship between subjective cognitive impairment and driving behavior of elderly drivers, Japanese Society of Geriatric Pharmacy(2021)in press

  • Kaito Yamashiro, Fumihiko Ogata, Takehiro Nakamura, Shigeharu Tanei, Naohito Kawasaki, Relationship between self-reports osteoporosis and mineral concentrations in female hair, The Journal of Allied Health Sciences(2021)in press

  • Yukinori Nagakura , Hideaki Kato, Satoshi Asano, Yasuhiro Jinno, Shigeharu Tanei, The significant association between health examination results and population health: A cross-sectional ecological study using a nation-wide health checkup database in Japan, International Journal of Environmental Research and Public Health, 18(2), 1-14(2021)

その他
  • Tanei S., Toyota H., Practical research on learning by repetition in undergraduates, 奈良教育大学教育実践開発研究センター研究紀要, 5, 19-25(2019)

  • Okamura T., Tanei S., Masuda Y., A study of color image in packaging for health drinks: Examining anxiety of health and physical condition, 人間教育, 2(2), 45-50(2019)

  • Toyota H., Tanei S., Relationships among seating position, Emotional intelligence and self-reference tendency, 奈良教育大学教育実践開発研究センター研究紀要, 6, 9-14(2020)

  • Okamura T., Tanei S., Relationship between amount of SNS accounts and self-concealment in late adolescents,人間教育, 12, 23-28(2020)

海外および国際学会発表
  • Tanei S., Chen F., Nagakura F., Kawasaki N., Okamura T., Zenitani T., Zenitani R., Zenitani T., Kobayashi M., Anzai K., Current situation and issues of education for staffs working in household drugs distribution business in Japan, 2019 International conference of sport, leisure and hospitality management, May, Taiwan(2019)

  • Shigeharu Tanei, Wen-Tseng Chu, Fu-Shih Chen, Takeo Nakamura, Effects of image color of energy drink on consumers’ psychology: A survey in Taiwanese and Japanese university, 2020  International conference of sport, leisure and hospitality management, May, Taiwan(2020)

国内学会発表
  • 三浦玲奈,三輪真知子,吉田未来,多根井重晴,永倉透記,レセルピン誘発線維筋痛症モデルラットにおける自発痛の苦痛表情スコアによる評価,第92回日本薬理学会年会,3月,大阪(2019)

  • 岡村季光,多根井重晴,青年期後期のSNSアカウント保有数と自己隠蔽傾向の関連,日本心理学会第83回大会,9月,大阪(2019)

  • 多根井重晴,岡村季光,豊田弘司,陳福士,安西和紀,座席位置とエゴグラム及び情動知能の関係,日本教育心理学会第61回総会,9月,東京(2019)

  • 陳福士,多根井重晴,鍾慧于,林煒哲,藍旺蒼,孫一心,松永修司,縣右門, ニャンガピルエキス配合製品を併用した運動療法における有用性の検討について,第74回日本体力医学会大会,9月,茨城(2019)

  • 大上哲也,中野高広,山上徹也,多根井重晴,認知症、MCIのスクリーニング:脳活バランサーの活用,第38回日本認知症学会,11月,東京(2019)

  • 岡村季光,多根井重晴,居場所(安心できる人)と貢献感,特性的自己効力感及び生活満足感の関係,日本発達心理学会第31回大会,3月,大阪(2020)

  • 永倉透記,多根井重晴,健康寿命および寿命の都道府県間差異に関連する健康状態指標や嗜好・生活習慣の解析,日本薬学会第140年会,3月,京都(2020)

  • 岡村季光, 多根井重晴, 薬学生におけるキャリア基礎力支援のあり方に関する基礎的研究, 日本心理学会第84回大会,9月,東京(2020)

  • 多根井重晴,岡村季光,豊田弘司, 薬学生の学習習得度と自己評価式モラルシンキング尺度の関係, 日本教育心理学会第62回総会,9月,静岡(2020)

  • 陳福士,仲間紘大,縣右門,松永修司,多根井重晴,芍薬甘草湯エキス服用後における運動負荷下での心臓機能と持続力に関する検討, 第75回日本体力医学会大会,9月,鹿児島(2020)

  • 永倉透記,朱文増,岡村季光,陳福士,多根井重晴,エナジードリンク機能とラベル色の結びつきに関する国間および性別間比較:日本および台湾の大学生における調査研究,日本薬学会第141年会,3月,広島(2021)

  • 神野康弘,加藤英明,浅野哲,多根井重晴,永倉透記,特定健康診査結果および生活習慣改善は平均寿命・平均健康寿命と相関する:NDBオープンデータ解析,日本薬学会第141年会,3月,広島(2021)

  • 陳福士,及川雄大,縣右門,松永修司,林伯修,朱文増,中村武夫,多根井重晴,中国産植物由来の桃花茶が排便などに及ぼす影響,日本薬学会第141年会,3月,広島(2021)

  • 岡村季光,林伯修,朱文増,陳福士,多根井重晴,大学生における居場所(安心できる人)の日台比較,日本発達心理学会第32回大会,3月,東京(2021)

著書
  • 多根井重晴(分担),薬学と社会 2020,評言社(2019)

  • 多根井重晴(分担),薬学と社会 2021,評言社(2020)

  • 多根井重晴(分担),薬学と社会 2022,評言社(2021)

  • 多根井重晴(分担),わかりやすい薬事関係法規制度・倫理第5版,廣川書店(2021)

  • 多根井重晴(分担),薬事法規・制度・倫理マニュアル改訂15版,南山堂(2021)

受賞歴
  • 2020 運動休閒與餐旅管理國際學術研討會, 優秀論文獎, 臺灣(2020)

    「營養飲料產品的圖像之顏色對消費者購買的心理影響 = 臺灣及日本大學生的調査 = 」