COURSE INFORMATION 学科案内
  1. HOME
  2. 薬学科
  3. 村橋 毅

村橋 毅

薬学部は環境部門のエキスパートも養成します。

薬学で環境?意外かもしれませんが、衛生管理は薬剤師の仕事のひとつ。例えば小・中・高等学校の学校薬剤師さんは学校で調剤をすることはありません。空気、光騒音などの環境状態が適切か、水道水は衛生的かなどを調べます。薬剤師はこの他、自治体の保健・環境部門や保健所・衛生研究所など幅広い活躍の場があるのです。



略歴
  • 岐阜薬科大学卒、金沢大学大学院博士課程修了、九州大学、(財)日本自動車研究所、京都薬科大学を経て現職。

総説
  • 松村久男, 飯田美奈子, 加来鉄平, 齋藤博, 村橋毅, 内用固形製剤の経管投与法の比較検討, 日本薬科大学教育紀要, 3, 17-20 (2017).

学術論文
  • 村橋毅, 加藤亜由美, 紀戸綾香, 立花研, 樋口敏幸, 北村繁幸, 埼玉県における微小粒子状物質(PM2.5)と多環芳香族炭化水素の大気中濃度, 日本薬科大学教育紀要, 2, 77-81 (2016).

  • Higuchi T., Morita R., Arai M., Iwase H., Maruyama T., Satoh M., Hoshino Y., Murahashi T., Shiraishi T., Shimada H., Imamura Y., Catechins with a galloyl moiety decrease superoxide formation through redox cycling of 9,10-phenanthrenequinone in pig heart, The annual report of Nihon Pharmaceutical University, 1, 77-87 (2015).

  • Shimada H., Tanigawa T., Matayoshi K., Katakura K., Babazono K., Takayama H., Murahashi T., Akita H., Higuchi T., Eto M., Imamura Y., Comparative inhibition of tetrameric carbonyl reductase activity in pig heart cytosol by alkyl 4-pyridyl ketones, J. Enzyme Inhib. Med. Chem., 29, 397-400 (2014).

  • Kamikyouden, N., Sugihara, K., Watanabe, Y., Uramaru, N.,Murahashi, T.,Kuroyanagi, M.,; Sanoh, S., Ohta, S.,Kitamura, S., 2,5-Dihydroxy-4-methoxybenzophenone: a novel major in vitro metabolite of benzophenone-3 formed by rat and human liver microsomes, Xenobiotica, 43, 514-519 (2013).

  • Murahashi, T., Watanabe, T., Kanayama, M., Kubo, T., and Hirayama, T.: Human Aryl Hydrocarbon Receptor Ligand Activity of 31 Non-substituted Polycyclic Aromatic Hydrocarbons as Soil Contaminants. J. Health Sci., 53, 715 – 721 (2007).

  • Watanabe, T., Kusamran, W. R., Asanoma, M., Tepsuwan, A., Tantasri, N., Meesiripan, N., Hasei, T., Murahashi, T., Hirayama, T., Wakabayashi, K.: Mutagenicity of surface soils in urban areas of Aichi prefecture, Japan, and Bangkok, Thailand. J. Health Sci., 51, 645 – 657 (2005).

  • Watanabe, T., Tomiyama, T., Nishijima, S., Kanda, Y., Murahashi, T., Hirayama, T.: Evaluation of genotoxicity of 3-amino-, 3-acetylamino-, and 3-nitrobenzanthrone using the Ames/Salmonella assay and the comet assay. J. Health Sci., 51, 569 – 575 (2005).

  • Watanabe, T., Hasei, T., Takahashi, T., Asanoma, M., Murahashi, T., Hirayama, T., Wakabayashi, K.: Detection of a novel mutagen, 3,6-dinitrobenzo[e]pyrene, as a major contaminant in surface soil in Osaka and Aichi prefectures, Japan. Chem. Res. Toxicol., 18, 283 – 289 (2005).

  • Murahashi, T., Kawabata, M., Sugiyama, H., Hasei, T., Watanabe, T. and Hirayama, T.: Detection of mutagenic 1-chloro-3-, -6-, and-8-nitropyrenes in surface soil collected in Kyoto, Japan. J. Health Sci., 50, 625 – 633 (2004).

  • Kawanishi, M., Takamura-Enya, T., Ermawati, R., Shimohara, C., Sakamoto, M., Matsukawa, K., Matsuda, T., Murahashi, T., Matsui, S., Wakabayashi, K., Watanabe, T., Tashiro, Y. and Yagi, T.: Detection of genistein as an estrogenic contaminant of river water in Osaka. Environ. Sci. Technol., 38, 6424 – 6429 (2004).

  • Sugiyama, H., Watanabe, T., Murahashi, T. and Hirayama, T.: Formation of 1,3-, 2,4-, 1,2-, 1,6-, 1,8- and 1,7-dinitropyrenes in metallic oxides as soil components in the presence of indoor air with 1-nitropyrene and sodium chloride under xenon lamp irradiation. J. Health Sci., 50, 66 – 74 (2004).

  • Okamura, K., Kizu, R., Toriba, A., Murahashi, T., Mizokami, A., Burnstein, K. L., Klinge, C. M., Hayakawa, K.: Antiandrogenic activity of extracts of diesel exhaust particles emitted from diesel-engine truck under different engine loads and speeds. Toxicology, 195, 243 254 (2004).

海外および国際学会発表
  • Kubota Y., Murahashi T., Arai K.,DoiT., Anzai K., Humanism education utilizing Active Learning~Problems of Life and death in medical care~, The 77th World Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences,International Pharmaceutical Federation FIP, September, Soul (2017).

国内学会発表
  • 村橋毅, 郭錦堂, 樋口敏幸, 立花研, 浦丸直人, 小西瑞紀, 上野華子, 佐々木翔子, 小山彰子, 埼玉県と東京都における大気中のPM2.5 濃度、多環芳香族炭化水素濃度と粉塵の変異原性の比較, 日本薬学会第138年会, 3月, 金沢(2018).

  • 高橋 悠, 松村 久男, 飯田 美奈子, 田中 真燈, 加来 鉄平, 村橋 毅, 河村 剛至. 超音波懸濁法によるベンザリン®錠の崩壊懸濁性と薬剤安定性に関する研究, 日本薬学会第138年会, 3月, 金沢(2018)

  • 髙木翔太, 松村久男, 酒井駿太朗, 飯田美奈子, 加来鉄平, 村橋毅, 河村剛至, 中島孝則, 自転公転懸濁法による内用固形製剤の崩壊懸濁性および経管栄養チューブ通過性に関する研究, 日本薬学会第138年会, 3月, 金沢(2018)

  • 久保田洋子, 村橋毅, 土井良孝, 荒井健介, 樋口敏幸, 安西和紀, ヒューマニズム教育プログラムの構築と課題~アクティブラーニングの導入, 日本薬学会第138年会, 3月, 金沢(2018).

  • 村橋毅, 鈴木彩夏, 荒井美帆, 木下成美, 樋口敏幸, 錠剤粉砕器SafeCrushTMを使用した時の室内医薬品汚染の低減効果について, フォーラム2017衛生薬学・環境トキシコロジー, 9月, 仙台(2017).

  • 酒井駿太朗, 松村久男, 髙木翔太, 飯田美奈子, 加来鉄平, 村橋毅, 河村剛至, 中島孝則, 軟膏ミキサー懸濁法による内用固形製剤の崩壊懸濁性および経管栄養チューブ通過性に関する研究, 埼玉医療薬学懇話会第37回学術研究講演会, 7月, さいたま(2017)

  • 村橋毅,井原茜,冨澤万里奈,佐藤太一,栗原裕香, 埼玉県内の農業用水と生活排水が主な水源である河川水中の医薬品分析, フォーラム2016衛生薬学・環境トキシコロジー, 9月, 東京(2016).

  • 渡辺航平, 松村久男, 飯田美奈子, 笠原華子, 加来鉄平, 齋藤博, 村橋毅, 久保田洋子, 藤原邦彦, 松田佳和, 超音波懸濁法によるバクタ®配合顆粒の崩壊懸濁性と薬剤安定性に関する研究, 日本病院薬剤師会関東ブロック第46回学術大会,8月,千葉(2016).

  • 加瀬裕也, 松村久男, 岩崎光, 飯田美奈子, 加来鉄平, 斉藤博, 村橋毅, 久保田洋子, 藤原邦彦, 松田佳和, ボルテックス懸濁法による錠剤・カプセル剤の短時間崩壊懸濁性および経管栄養チューブ通過性に関する研究, 日本病院薬剤師会関東ブロック第46回学術大会,8月,千葉(2016).

  • 岩崎光, 松村久男, 加瀬裕也, 飯田美奈子, 加来鉄平, 斉藤博, 村橋毅, 久保田洋子, 藤原邦彦, 松田佳和, ボルテックス懸濁法による固形薬剤の短時間崩壊懸濁性および経管栄養チューブ通過性に関する研究, 埼玉医療薬学懇話会第36回学術研究発表会, 7月, 埼玉(2016).

  • 村橋毅,加藤亜由美,紀戸綾香,立花研,樋口敏幸,北村繁幸, 埼玉県における大気中の微小粒子状物質と多環芳香族炭化水素濃度, 日本薬学会, 3月, 横浜(2016).

  • 村橋毅,久米井祥子,立花研,樋口敏幸,北村繁幸, 調剤室内における空気中医薬品の分析, フォーラム2015衛生薬学・環境トキシコロジー, 9月, 神戸(2015).

  • 村橋毅, 伊藤貴信, 大津亜紀子, 小宮山拓実, 橋沼亨, 樋口敏幸, 北村繁幸, 調剤薬局調剤室における医薬品による室内環境汚染, 日本薬学会, 3月, 横浜(2013).

  • 北村繁幸, 永井理絵, 浦丸直人, 村橋 毅, 上京田 渚, 杉原数美, 太田 茂, 柏木啓子, 柏木昭彦:紫外線吸収剤ベンゾフェノン-3の活性化に至る代謝的変換.第11回環境ホルモン学会研究発表会, 12月,東京 (2008).

  • 村橋 毅,北村繁幸:包括的二次元HPLCによる四環芳香族炭化水素の高精度分析. 第128回日本薬学会, 3月, 横浜 (2008).

  • 村橋 毅,北村繁幸:包括的二次元HPLCによるディーゼル排出粒子中の多環芳香族炭化水素の高精度分析. フォーラム2007:衛生薬学・環境トキシコロジー,11月,大阪 (2007).

  • 村橋 毅,北村繁幸:包括的二次元HPLCによるディーゼル排出粒子中の多環芳香族炭化水素の高精度分析.第127回日本薬学会, 3月, 富山 (2007).

  • 村橋 毅,藤本隆志,北村繁幸,杉原数美,太田 茂:2-ニトロフルオレンのエストロゲン活性発現における二段階活性化. フォーラム2006:衛生薬学・環境トキシコロジー,10月,徳島 (2006).

研究費の受入状況
  • 村橋 毅(代表)文部科学省科学研究費補助金若手研究B,包括的二次元高速液体クロマトグラフィーによる環境汚染物質分析法の開発.村橋毅(代表)3,300千円 (2007-2010).

  • 村橋 毅(代表)文部科学省科学研究費補助金若手研究B,環境汚染物質分析のための二次元高速液体クロマトグラフィーの開発.村橋毅(代表)1,600千円 (2005-2006).

著書
  • 村橋毅(分担),衛生薬学 基礎・予防・臨床,南江堂,502-526,617-624(2016)